ボトルネックをデータで確認、「Fallout 4」の推奨CPU

速くて安定したフレームレートを出すには高性能なグラボが必要不可欠だが、その一方で「CPU」の性能も忘れてはいけない。グラボの性能のスピードにCPUが追いつけなくなると、しばしばボトルネックが発生し、本来出せたはずのフレームレートが出せなくなる。

この記事ではFallout4のCPU別フレームレートを確認し、そこから推奨CPUについてまとめます。

Sponsored Link

Fallout4のCPU別フレームレート

検証に使われたグラフィックボードは「GTX 980 Ti」というハイエンドGPU。性能としてはGTX 1070に近いので「ボトルネック」は十分に発生しやすいです。以下、GTX 980 Tiを使ったCPU別フレームレートです。

Fallout 4 – フルHD(1920×1080)ウルトラ設定/ GTX 980 Ti

  • Core i7 6700K
    113
  • 91
  • Core i7 4960X
    108
  • 86
  • Core i7 4770K
    106
  • 85
  • Core i7 5960X
    105
  • 84
  • Core i7 3770K
    103
  • 83
  • Core i5 3470
    98
  • 80
  • Core i5 4690K
    98
  • 77
  • Core i5 2500K
    93
  • 74
  • Core i3 6100
    88
  • 69
  • Core i3 4360
    80
  • 65
  • FX-9590
    79
  • 63
  • FX-8350
    67
  • 54
  • FX-8320E
    56
  • 46
  • FX-6350
    58
  • 44
  • FX-4320
    51
  • 34
  • Pentium G3258
    56
  • 24
  • Celeron G1820
    47
  • 20

平均フレームレート最低フレームレート(全体の1%)

「Core i7」や「Core i5」はやはり安定しています。逆に「Pentium」「FX」系は大幅にフレームレートを落としており、ボトルネックが激しく発生しているのがよく分かる。

そして、ゲーミング性能全体に言えることだが、やっぱり「1コアあたりの性能」が高いCPUほどゲーミング時のフレームレートは出やすく安定しやすい傾向ですね。

今回のデータにもそういう傾向が色濃く出ています。例えば8コア8スレッドの「FX-9590」だと、平均フレームレートは意外なことにCore i3と並んでしまっている。8コアもあって、4.70Ghzという高いクロック周波数で動作するにもかかわらず。

理由は単純で、8コア全体ではそこそこ良い性能だが、1コア単体の性能が低すぎるから。Cinebench R15でFX-9590は105~115cb程度。それに対してCore i3 6100は175~195cbと、シングル性能が1.8倍も強い。

CPUはコア数が多いほどマルチスレッド性能が上がりやすいが、残念ながらほとんどの3Dゲームは4コアまでの処理にしか対応していない現実がある。だから4コアという条件さえ揃えば、あとはシングルスレッド性能が重視される。

Fallout4に向いているCPU

まとめると…

  • (可能なら)4コア搭載しているCPU
  • シングルスレッド性能が高いCPU

この2つの条件を満たすCPUが、Fallout4の推奨CPUといえる。

CPUシングル性能マルチ性能
Core i7 7700K195989
Core i7 6700K182932
Core i5 7600K181696
Core i5 6600K168656
Core i5 6400141507
Core i3 7350K179457
FX-837099638
Fx-635099466
Ryzen 5 1600X1611245
Ryzen 5 16001451147
Ryzen 7 17001371415

フレームレートを可能な限り追求し、グラフィックボードに「GTX 1070」や「GTX 1080」といったハイエンドを使う予定ならシングル性能が180点前後、かつ4コア以上のCPUを使うのが良い。

逆に「GTX 1050 Ti」「RX 470」といったミドルクラスのグラフィックボードを使うなら、ボトルネックが発生しづらいためシングル性能が140点前後で、2コア~4コアのCPUでも大丈夫

Fallout4にオススメなCPUまとめ

使う予定のグラフィックボード推奨CPUコスパ重視なら
GTX 1050 TiCore i3 7100Pentium G4560
RX 570 4GBCore i3 7350KRyzen 5 1500X
GTX 1060 6GBCore i5 7600KCore i5 7500
RX 580 8GB
GTX 1070Core i7 7700Core i5 7600K
GTX 1080 TiCore i7 7700K

2017年時点で、おすすめの組み合わせはこの通り。グラボがハイエンドになればなるほど、CPUも妥協しづらくなってくる…。以上「ボトルネックをデータで確認、「Fallout 4」の推奨CPU」について書きました。

Fallout4のスペック系記事

なお、推奨グラフィックボードはこちらの記事でどうぞ。グラボ別に平均フレームレート(と最低フレームレート)をまとめてあるので、何が最適なグラボがひと目で分かる。

手っ取り早くFallout 4の推奨スペックを知りたい場合は、この記事がオススメ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。