よく分かる「AMD Ryzen」シリーズ【スペック/性能/ベンチマーク】

コスパがとても良いと評判のAMD製最新CPU「Ryzen」シリーズがだいたい出揃った。エントリークラスの「Ryzen 3」、i5キラー「Ryzen 5」、i7キラー「Ryzen 7」。そしてi9キラーの「Ryzen Threadripper」の全4ブランド。

すべてまとめてスペック(仕様)と、各種ベンチマークスコア(性能)を知りたいという人もいると思うし、ぼくも個人的にあったら便利なのでまとめてみました。

Sponsored Link

AMD Ryzenシリーズ【スペック表】

CPURyzen 1950XRyzen 1920XRyzen 1900XRyzen 7 1800XRyzen 7 1700XRyzen 7 1700Ryzen 5 1600XRyzen 5 1600Ryzen 5 1500XRyzen 5 1400Ryzen 3 1300XRyzen 3 1200
コア16

12

8

8

8

8

6

6

4

4

4

4

スレッド32

24

16

16

16

16

12

12

8

8

4

4

ベースクロック3.40 Ghz

3.50 Ghz

3.80 Ghz

3.60 Ghz

3.40 Ghz

3.00 Ghz

3.60 Ghz

3.20 Ghz

3.50 Ghz

3.20 Ghz

3.40 Ghz

3.10 Ghz

ブーストクロック4.00 Ghz

4.00 Ghz

4.00 Ghz

4.00 Ghz

3.80 Ghz

3.70 Ghz

4.00 Ghz

3.60 Ghz

3.70 Ghz

3.40 Ghz

3.70 Ghz

3.40 Ghz

XFR+0.20 Ghz

+0.20 Ghz

+0.20 Ghz

+0.10 Ghz

+0.10 Ghz

+0.05 Ghz

+0.10 Ghz

+0.10 Ghz

+0.20 Ghz

+0.05 Ghz

+0.20 Ghz

+0.05 Ghz

L1 Cache1536 KB

1152 KB

768 KB

768 KB

768 KB

768 KB

576 KB

576 KB

384 KB

384 KB

384 KB

384 KB

L2 Cache8 MB

6 MB

4 MB

4 MB

4 MB

4 MB

3 MB

3 MB

2 MB

2 MB

2 MB

2 MB

L3 Cache32 MB

32 MB

32 MB

16 MB

16 MB

16 MB

16 MB

16 MB

16 MB

8 MB

8 MB

8 MB

PCIe レーン64

64

64

24

24

24

24

24

24

24

24

24

対応メモリx4 DDR4-2666x2 DDR4-2666
対応ソケットAMD TR4(4094pin)AMD AM4(1331pin)
チップセットAMD X399AMD B350 / X370 / A320
OC可否可能(全モデルが倍率ロックフリー)
TDP180W

180W

180W

95 W

95 W

65 W

95 W

65 W

95 W

65 W

65 W

65 W

Offset27272720200000000
付属ファンWraith Spire (RGB LED)Wraith SpireWraith SpireWraith StealthWraith StealthWraith Stealth
拡張機能AES
AVX2
FMA3
AVX2
FMA3
MSRP$ 999

$ 799

$ 499

$ 419

$ 299

$ 279

$ 229

$ 209

$ 189

$ 159

$ 129

$ 109

インテルの「Core」シリーズと比較するとコア数・スレッド数が多めなのが特徴。その代わりクロック周波数はおとなしい。Core i3の位置づけである「Ryzen 3」のクロック周波数を見てみると、ブースト時でも最大3.90Ghz程度しかなく4.0Ghzにはならない。

その次に特徴的なのが「価格の安さ」です。例えばインテルの3.5~4万円くらいする「Core i7」だと、4コア8スレッドが基本です。それに対して「Ryzen 7」だと3万円台で8コア16スレッドという、化物クラスのスペックを備えている。

「Ryzen 7」が登場する前に8コアを備えていたのは「Core i7 6900K」というエンスー向けCPUでして、国内価格は驚きの10万円超え(平均13万円)だったんですよね。それを、3万円台で提供できるというのが「Ryzen」シリーズ最大の強み

 AMD Ryzenの設計者がすごい

設計者のジム・ケラーさんはいわゆる「天才」で、一般向けCPUとして世界で初めてクロック周波数1Ghzを超えた「Athlon(K7)」や、Apple iPhoneに採用された「Apple A4」「Apple A5」を設計した人でもある。色々な半導体系の企業をフラフラとしては、必ずぶっ飛んだ「置き土産」をしていくんですよね。

今回は「AMD Ryzen」という約4年ぶりにインテル製CPUとマトモにやりあえるプロセッサを置いていったわけ。ちなみに、Ryzenの設計を終えた後はTeslaにて自動車の自動運転技術の研究をしているそうです。

まぁ、カタログスペックとMSRP(希望小売価格)を見ただけで興奮してしまうのがRyzenなんだが、実際の性能を見ないことにはなんとも言えないよね。過去には「8コアの割にしょぼいな…」という製品が多かったので、今回のRyzenにも同じように思っている人はいるかもしれない。

だが断言できる。Ryzenに限っては「本物」

AMD Ryzenシリーズ【性能 / ベンチマーク表】

CPUPassmarkFuturemarkCinebenchCPU-Z7-Zip 圧縮7-Zip 解凍Frybench x64x264Pi (3.14…..)Rise of Tomb RaiderWatch Dogs 2
Ryzen 1950X24967

25570

166

3000

2337

35090

37

918

1.34

51.36

20.04

136

92

82

58

Ryzen 1920X0

0

168

2459

2328

28276

38

761

1.48

53.11

15.95

138

92

80

58

Ryzen 1900X0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

Ryzen 7 1800X15421

18610

161

1637

2229

19211

32

516

2.48

47.33

10.53

122

92

80

58

Ryzen 7 1700X14651

17840

145

1527

2181

18094

29

461

2.51

46.29

9.73

115

91

78

57

Ryzen 7 170013821

16290

137

1415

2048

16627

27

452

3.01

42.01

9.54

113

92

78

57

Ryzen 5 1600X13134

16390

161

1245

2228

14203

27

387

3.23

41.85

8.31

114

92

79

57

Ryzen 5 160012352

15200

145

1147

2091

12986

24

338

3.36

38.33

7.7

112

91

79

57

Ryzen 5 1500X10680

11490

152

799

2174

9314

19

254

5.04

30.07

5.79

111

92

78

57

Ryzen 5 14008471

10590

134

705

1909

8283

17

228

5.58

26.86

5.15

107

91

77

55

Ryzen 3 1300X8257

7650

141

557

2173

7902

15

160

7.22

24.04

4.96

128

92

78

56

Ryzen 3 12007064

6650

132

482

1928

6802

13

137

8.27

20.51

4.18

123

91

77

55

※Ryzen 1900Xはまだデータがありません。2017年9月には追加する予定。

スコア(数値)だけでなく、視覚的に分かりやすいようにグラフバーもつけてみた。CPUとしての処理性能を測るなら「Cinebench」「Frybench x64」を見ること。CPU本来の性能を極めて忠実にスコア化できるから参考になります。

Passmarkスコアは価格コムにも掲載されていることがある有名なスコア。単体でもそれなりに参考にはなるが、Futuremarkスコアとあわせて見たほうがより客観的。CPU-Zのスコアは分かりやすいけれど、シングルスコアがやや盛られ気味なので注意。

ゲーミング性能が気になる場合は一番右にあるスコアを見てください。GTX 1080を使った場合のフレームレートを載せているので、ボトルネック具合がひとめで分かる。クロック周波数と正の相関性があるのも分かると思います。

さて、AMD Ryzenのベンチマークスコアを全体的に見ると、「すごい」の一言。

  • Ryzen前:Cinebenchで1000点オーバーを出すなら、3.5~3.8万円の「i7 7700K」を買ってオーバークロックする必要あり
  • Ryzen後:1000点オーバーなら、24000円の「Ryzen 5 1600」を買って定格でOK

衝撃的。今までのCPUを考えると、Ryzenは「破壊的コストパフォーマンス」と言える。

さらに「AMD Ryzen」のことを知りたくなったら

知りたいCPU名(例:Ryzen 5 1600X)で検索するのもいいし、ちもろぐに投稿されているデータ系の記事もおすすめです。以下に、いくつかまとめておきますね。

AMD Ryzen 1950X

さきほどの「AMD Ryzen【ベンチマーク表】」で、頂点に君臨している「Ryzen 1950X」についてはこの記事を。結論だけ言うと、1000ドル以下のCPUでは2017年8月時点で「史上最強」の性能です。

AMD Ryzen 7 1700

3万円から買える8コア16スレッドの超コスパCPU「Ryzen 7 1700」についてはこの記事を。ライバルは当然「Core i7 7700K」になるが、どちらを選ぶべきか悩んでいる人に参考になると思います。結論、そこまでフレームレートにこだわらないなら「Ryzen 7強すぎ」だ。

Ryzen 5 シリーズ

「Core i5 キラー」と評している「Ryzen 5」についてまとめた記事。ぼくはRyzen 5 1400を愛用していて、コストパフォーマンス神すぎなCPUだと思います。たしかにゲーミング性能はCore i5に劣りますが、それを除けば概ね「強い」し、「コスパ神」だ。

Ryzen 3 シリーズ

エントリークラス「Ryzen 3」について、包括的に評価した記事。たしかにRyzen 3は高性能だけれど、ライバルの「Pentium G4560」や「Core i3 7XXX」とくらべると魅力に欠ける部分が多い…という結論。

AMD Ryzenで「自作PC」

素直にRyzenすごいと思ってるので、しっかりとジムケラーさんに「お布施」してきました。159ドル(18000円)でCinebenchが700点オーバーできるCPUなんて、現時点ではRyzenだけだからな。

まとめ:AMD Ryzenは宇宙人の置き土産

ぼくは前世代の製品から一気に性能が上がった時に「宇宙人が訪問したらしい」とか「宇宙人の置き土産」だとか表現してます。去年(2016年)はNVIDIAのGeForce 10シリーズに「NVIDIAに宇宙人が社会見学に来たらしい。」と言いふらしていました。

AMDは4年ほどパッとしない時期が続きましたが、Ryzenの登場で一気に風向きが変わった。今まではインテルCPUの中でコスパ良好品を探していたが、Ryzenの登場で苦労せずとも簡単にコスパ良好品が見つかるようになったのだ。

同価格で比較すれば、ほとんどの場合でAMD Ryzenが勝てる今の状況。ゲーミング派はインテルのCore i5 / i7で良いと思いますが、それ以外の性能や、驚異のコストパフォーマンスと優れたマルチタスク性能を求めているならAMD一択だろう…。

2017年はAMDに訪問してきた宇宙人(ジムケラーさん)のおかげで、CPU界が一気に前進した年になった。Core i7を駆逐する「Ryzen 7」に、Core i5を駆逐する「Ryzen 5」。そしてCore i9やXeon E5を駆逐しようとしている「Ryzen Threadripper」。

インテルの収益に占める割合がとても大きいサーバー市場でも、「AMD EPYC」を投入することで「Xeon Gold / Xeon Platinum」を迎え撃つ用意だ。

今後のAMD、今後のインテル

AMD Ryzenはインテルにとっては「不意打ち」のようなものだったかもしれない。ハッタリをかましているだけだ、と思っていたら、本当に事前情報どおりのぶっ飛んだ性能だったんだから。

インテルは殿様商売でマイペースにCPUをちまちまと売っていく予定だったろうが、AMD Ryzenがすごすぎたので軌道修正に忙しい。「Core i9」も突然登場したが、同じ価格で勝負すればAMDに勝てないので虚しさが漂う。

さて、今後どうなっていくか。まずは2017年8月あたりに登場するらしい第8世代「Coffee Lake」で戦況がどう変化するかだと思う。4コア搭載「Core i3」や、6コア搭載の「Core i5 / i7」が登場する予定だから、それなりに競争力はあるだろう。

で、来年(2018年)はインテルより第9世代の「Cannonlake」(10nmプロセス)、AMDからはRyzenの続編「Zen 2」(7nmプロセス)が登場予定。まだまだ激戦は続きそうなので、ユーザー(消費者)としては嬉しい限り。

以上「よく分かる「AMD Ryzen」シリーズ【スペック/性能/ベンチマーク】」でした。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。