素人目線で考える、PUBGで上位に食い込む生存戦略

ヘビーゲーマーというわけではなく、時間のある時にちょくちょくPUBGをやってるライト層です。基本的にソロしかやっていないのだが、なんとなく上位に生き残りやすい戦略があるように感じたので、簡単にまとめようと思う。自分の戦略を言語化して整理するという意味も込めて。

Sponsored Link

PUBGの目標

「勝利の定義」は人それぞれだと思いますが、一応勝利判定がもらえるのは参加者の中で唯一最後まで生き残った人だけです。もちろん、キル数を稼ぎまくってパイオニア箱を開けまくるのが目標…という人もいるかもしれないが。

大勢の参加者の中で、最後の一人になるまで生き残らなければ。

基本的には、100人いる(実際には80~90人だったりする)参加者と殺し合い、最後まで生き残らなければならない。バトルロワイヤル的なゲーム。デュオやスクワットも基本はまったく同じです(戦略は違うが)。

個人的に生存率が上がると感じた施策

輸送機のコースから離れた位置に降りる

輸送機(C-130)からパラシュートで降下する時に、輸送機が進んでいく直線コースから真横にそれた方向へ降下してみる。

例えば、輸送機が東から西へ横一直線に飛行中だとします(画像)。この場合は、パラシュートで降りたら北(または南)へ向かって1ブロック以上飛行して輸送機のコースから距離を取ってみる。ということです。

個人的な感覚ですが、これを意識するようになってから生存率が上がっている。降下する時に自分の周りに他のパラシュートを見かけることも減っている。ちなみにデュオの場合はあまり機能しなかったです。

デュオでは輸送機のコースから距離を取るだけでは不足で、飛行時間を伸ばして他のパラシュートの様子を伺いながら人気のないところに降りるなどしないとダメなようだ。

なお、これは戦闘に自信がない人向けで、近距離で銃撃戦になってもほぼ勝てるという自信がある人なら気にしなくて良いかも。少なくとも戦闘が苦手なぼくは…輸送機から離れた位置に降下するようにしてます。

とにかく注意深く周辺を確認する

生き残る上では銃の巧さだけでなく、周辺の状況をいかに把握しておくか。というのも重要。なぜなら、銃が巧そうに見えて周辺に注意を払わないプレイヤーは思ったよりも多いからです。

例えばこれ。サークルに向かって周りをグルングルンと見回しながら走っていたのだが、その時に激しい銃撃戦が聞こえた。ちょうど丘の上にいたのですぐにしゃがんで様子を伺ったらこの状態でした。

銃撃戦で生き残る力があっても、周りが見えていない…。アイテムの選別を行っている隙に、Shiftを押しながら息止め狙い撃ちで処理しました…。

高台が怖いので非常に警戒する

とにかく、こういう高台みたいな地形が怖くて仕方がない。割りと経験しているのだが、高台に向かって走っている途中に上のほうから撃たれるんですよ。

時間が経過するごとに狭まる「生存可能領域」を示すサークル(円)。

特にサークルが狭まっている時に、走って高台に入り込むと危ない。サークルの中に入ろうと焦っているプレイヤーがいることを見越して、こういう場所で狙撃してキル数を稼ぐ上手い狙撃手が存在するためです。

走って狙撃され、車でも狙撃され…。という経験しか無い「橋」。

同様の理由で「橋」も恐怖しか無い。サークルがまだ広いうちは問題ないが、サークルが狭まるシーンでは大抵狙っているやつらがいるので注意したい。だから最近は撃ち返せるように練習してます…。

撃ち返せない内は、撃たれたらすぐに全速力で走って、周辺の岩や樹の後ろにしゃがみ込んで隠れる。撃たれてから悠長に周辺を見回してると格好の的にしかならないから、とにかく場所を変えるようにしています。

「ファーストルック・ファーストショット・ファーストキル」

米国が保有する戦闘機に「F-22 ラプター」というのがあって、その戦闘スタイルの前提が「ファーストルック・ファーストショット・ファーストキル」になっている。さっきまで言っている「周辺に注意を払いまくる」のは、これを実現するためでもある。

ぼくは周辺をキョロりながら走っていて、最近はちょっと目が冴えてきたのか、遠方の敵がようやく見えるようになってきた。この時、自分も同じ状況になっていないか背後を確かめます(苦笑)。

はい。あとはShiftを押しながら息止め狙撃で終了です。相手に認知されていなければ殺すのは本当に容易い。気づかれずに先に気づき、圧倒的有利な段階で射殺すること。PUBGで生き残るために重要かも…と割りと真面目に思ってる。

…死んでしまいました。なお、この人が背中につけてるフライパンに要注意。フライパンを撃っても弾き返されることが多いので、ちゃんとそれ以外の部位を狙う。

イヤホンなどをつけて、周囲の「音」をよく聞く

足音で位置がバレバレ。入ってきた瞬間に射殺されるオチ。

室内でのこのこと歩いて捜索してるプレイヤーを、たまに見かけますが…。足音、ドアを開ける音で位置がバレバレなので本当に気をつけたい。

初めてPUBGをプレイした時、室内で後から来たプレイヤーに殺された経験がある。途中でぼくは「誰かいるかも」と気づいて、部屋でじっとしていたんですが…。ドア越しで撃ってきて殺られるという…。

なんで位置が分かったのかと言うと、途中まで鳴らしていた足音で推測したようだ。それ以来、BGMなどを掛けず、イヤホンをつけてプレイするようになりました。Unreal Tournamentに代表されるスポーツFPSとはまったく質の違うゲームだって、その時初めて知りました。

これも同様で、草むらで応急処置をしている時に後ろから誰かが走ってきたんですよね。足音が聞こえた時は心拍数が急上昇。とっさに手に持っていたS12K(自動ショットガン)で射殺しました。

「音」は本当に重要な攻略ポイントなので、イヤホンかヘッドホンをつけて敵の存在をいち早く察知しておきたい。この画像もまったく同じ例です。

「救援物資」はリスクが高いがリターンも大きい

輸送機(C-130)が定期的に落としていく「救援物資」(海外ではAir Drops)。中には「x15 スコープ」や「AWM」などの超強力な武器が入っているが…。

他のプレイヤーと奪い合いになって銃撃戦になるリスクが高いことや、救援物資を取りに行くであろうプレイヤーを遠距離から狙撃する輩が存在するなど。とにかくリスクが高い。

積極的に救援物資を狙うつもりは無いが、仮に狙うのなら救援物資に群がって来たプレイヤーを中遠距離から排除できる場合に限っては、取りに行ってもいいかなぁと考えてます。

…慣れない内は取りに行かないほうが、生存率は高まります。

オススメの武器やアタッチメント

PUBGの装備品は本当に「運の要素」が強いと感じる。敵から奪うことの方が多いと感じるくらい。

良い武器が拾えるかどうかは運の要素が強く、更にステルスプレイを貫く場合は敵から奪える機会も限られるため更に運の要素が強くなる。だから、一概にこれがオススメとは言えないが、自分なりの考えをメモっておく。

  • アサルトライフル

中長距離で活躍する。種類はなんでも良いが、個人的には「AKM」が好み。フィールドで拾えるアサルトライフルでは最強の威力だからね。先に見つけて狙撃することが多いので、一発の威力は高いに越したことはない。

  • ショットガン

室内など、近距離で活躍。S12Kを除いて、どのショットガンも近距離で全弾命中させれば、たとえ相手がミリタリーベストLv3を着けていても耐えられません。一丁持っておいて損はない。

  • フライパン

途中にも書いたが、銃弾を弾き返せるという特性があるので、もし見かけたら必ず身につけておきたい。保険として非常に優秀だから。

  • Karabiner 98 Kurz

スナイパーライフルの中で、比較的入手しやすい。威力も防具なしの相手に対し「72」ですから必要十分だ。見かけたら必ず拾っておきたい武器。

アタッチメントについては、正直なところ好みに合わせて付けておけばいいかと。個人的には…

  • スコープ
  • サプレッサー
  • 大容量クイックドローマガジン
  • ショットガンチョーク

このあたりは好きですね。持ってると本当に便利だし、有利。それぞれの詳細については別の記事にまとめてあるので、気になる人はどうぞ。

PUBGの生存戦略 / まとめ

書いてきたことをまとめます。

  • 輸送機のコースから離れた位置に降下する、敵との交戦を避ける
  • とにかく周辺を用心深く観察すること
  • 高台や橋、建物の屋根など、狙撃手が好みそうな位置は要注意
  • 先に敵を見つけて、気づかれる前に処理するようにしたい
  • イヤホンをつけて「音」に集中すること
  • 救援物資はリスクが高いので、生存重視なら狙わない方が良いかも
  • 武器は運の要素が強いが、可能な限り万全の体制に

PUBGを購入してばかりの頃は、本当に下手でトップ20にすら入らなかった。「銃が下手だからダメなんだ!!」※とも思いましたが、戦略を考えれば生き残る確率は大きく上がることに気づけました。

※でも、ぶっちゃけた話。銃は上手いに越したことはありません。生存率にかなり影響が大きい要因なので。

結果、TOP10がかなりラクに

せいぜい入ってもTOP20だったのが(大抵は30~50位をうろうろ)…。

初のTOP10入り

またTOP10入り。

リスクを恐れすぎてエリア外死亡…。4位。

存在は分かっていたが位置をつかめずやられ…3位。

デュオプレイにて「ドン勝」。

そして、TOP10に入るのと「ドン勝」を取るのとでは、当然難易度が違いすぎることも分かってきた。銃が下手すぎるので、終盤も相手に存在をさとられずに可能な限り隠密プレイで生き残ろうと画策中。

以上「素人目線で考える、PUBGで上位に食い込む生存戦略」でした。あくまでもライト層が今のところ上手く機能しているなーという戦略であって、ガチ勢から見ればごく普通のことを言っているだけかもしれないが、そのあたりはご了承ください…。

その他、ついでに読んでおくと良い記事

PUBGは決して最高画質が有利というわけではなく、自分の見えやすい環境に調整した方がいい。この記事ではフレームレートを改善する方法から、ReShadeを使って視認性を高める方法など。いろいろを解説しています。

内蔵GPUで頑張ってる。古いPCでなんとか頑張ってる。という人は、パーツを更新するか新しいゲーミングBTOを購入したほうが良いと思います。PCは安い買い物ではないが、1日あたり数百円の投資で大幅に環境が改善するので結果的にコスパは良いと思ってる。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。