PUBGでオシャレしよう。コミュニティマーケットで服を買う方法

PUBGにはBPを消費してリワード箱を開けることでファッションが手に入るのですが、中々良い服は出ないんですよね…。PUBGをプレイし続けていれば、いずれは入手できるとは思いますが。

手っ取り早くファッションを揃えたい人もいるはず。というわけで、コミュニティマーケットで服を買う方法についてまとめる。

Sponsored Link

PUBGの服装は買うことが出来る

PUBGはSteamのゲームですから「コミュニティマーケット」という仕組みを使うことで、PUBG内のファッション(服装)をリアルマネーで購入できる。欲しい服がリワードから出ない時は、現金で買ってしまったほうが速い。

実際に、コミュニティマーケットでPUBGの服を買ってみる

コミュニティマーケットで買いたい服を探していく。個人的にはグレー系で、できればリーズナブルな価格の服を…。とりあえずは「Shirt(Black)」を買ってみます。0.37ドル(40円くらい)だから十分安い。

商品ページに行くと「購入する…」というボタンがあるので、クリック。

コミュニティマーケットでモノを買うためにはサインインする必要がある。

サインインを済ませると、米ドル表示だった価格が日本円表示に切り替わった。この時のドル円は111円くらいなので、「0.37ドル * 111円 = 41.07円」になる。特に為替手数料などを取られている雰囲気はありません(ホッ…)。

購入ボタンを押すと、画面が切り替わる。今のSteamウォレット残高は0円ですから「クレジットを追加」を押して、ウォレットの残高を増やさなければ。

最低500円から追加可能。今回はシャツだけでなく、ズボンやジャケットも購入するつもりだから、少し多めの1000円を追加することに。

支払い方法はかなり色々ある。好きな方法を使えばいいけど、個人的にはPayPalが好きなので使ってます。

1000円分のクレジットをSteamウォレットに追加。

支払い完了。左下のコミュニティマーケットに戻るをクリックすれば、さっきいた商品ページに戻れます。

Steamウォレット残高が1000円になったので「注文」が可能になっていますね。さっそく、このシャツを買ってみようと思う。

注文をクリックした瞬間に、支払いが完了(本当に一瞬で注文が終わるので、一応注意したほうが良い)。この瞬間に自分のインベントリに購入したシャツが追加されている。

この通り。

ゲーム内のインベントリ(WARDROBE)にも、購入したシャツが入っています。この調子で他の服も揃えていく。

「Padded Jacket(Camo)」は前から欲しいと思っていたジャケット。カモフラージュ柄の方が、気分だけですがステルス性が高まる気がするし…。

PUBGを起動したままでも、購入した服は追加されますが、すぐには反映されない。だから右上にある「更新ボタン」を押します。するとインベントリに購入した服がすぐに反映されるはずだ。

はい、この通り。雰囲気だけ中級者っぽくなった(気がするだけ)。

検索して欲しい服を絞り込む

コミュニティマーケットの右上に「アイテムを検索」という欄があります。ここに例えば「Pants」と入力すると、ズボンだけが表示される。どれを買うか悩んだが、一番下は既に持っていたので、一番上を買ってみることに。

「Twitch Prime Combat Pants」、ズボン系の中では一番高価なようです。Twitchで限定入手出来る服装なのかな…。

あー…。ちょっと野暮ったいですね。これなら無難に「Combat Pants (Gray Camo)」で良かったかもしれない。233円損した気分。まぁ仕方ないですね。

ちなみに、1万円超えの服もあるみたい

「価格」をクリックすると昇順・降順を切り替えられる。これを使うと、値段が高い順に並べ替えが可能。見ての通り、トレンチコートが31449円と、ものすごく高い。一番上の94000円の箱はなんだろう。以下にまとめました。

持っている服を売ることも可能

コミュニティマーケットで買うことが出来るなら、逆に「売る」ことだって可能。全ての服を売れるわけではないが、リワード箱から入手できた服は基本的に販売可能です。

相場の推移を確認して、値段を決める。テキトーに「11円」にしておいた。

販売を完了させます。

すると「追加の確認作業が必要です」という表示が出てくる。おそらく、アカウントハックされた場合に持ち物が勝手に処分されるのを防ぐためのセキュリティ、といったところだろう。

登録しているメールアドレスで、Steamからのメールを確認します。「出品リスト作成」をクリックして出品の続きを。

「ホールド中の出品」に入りました。15日間、Steam側にホールドされた後に、コミュニティマーケットへ出品されるようです。15日…って長くないか。即日出品したいんですが。

ホールドを解除したい場合は「Steam ガードモバイル認証の詳細」から、スマートフォンと連携を行う必要がある。正直言って、11円のために手間をかける気になれなかったので、解説は割愛します。

まとめ

これだけですね。大抵の服はBPをためて、リワード箱を開ければ入手できるとは思います。さっさと欲しい場合はコミュニティマーケット経由で買ってしまおう。はるかに時間を節約できる。

以上、「PUBGでオシャレしよう。コミュニティマーケットで服を買う方法」の解説でした。

Sponsored Link

PUBGで60fpsを出すための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。