Fallout4を60fpsで遊ぶための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC

Fallout4は気づけば2015年11月発売という、2年くらい前の3Dゲーム。核戦争後の荒廃とした広大なオープンワールドを、自由に生き残っていくという展開。サバイバル要素は当然あるものの、クラフト機能や豊富なMODによってマイクラみたいな遊び方も可能。

だから2年経った今でもSteamのベストセラー常連で、長く遊ばれるゲームなんですね。この記事ではその人気ゲーム「Fallout4」の推奨スペックについてまとめてみたい。

Sponsored Link

Fallout4の公式スペック

公式最低動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 64bit
Windows 8 64bit
Windows 10 64bit
CPUIntel Core i5 2300Intel Core i7 4790
AMD Phenom II X4 945AMD FX 9590
メモリ8GB
GPUNVIDIA GTX 550 Ti 2GBGTX 780 3GB
AMD Radeon HD 7870 2GBRadeon R9 290X
ストレージ容量30GB

公式が発表している推奨スペックは予想外にハイスペックな要求だったため、ちょっと意外でした。最低動作に「Core i5」を要求していて、推奨は「Core i7」とは…公式スペックとしてはかなり強気です。

グラフィックボードに関しては、まぁまぁミドルクラス程度なら大丈夫な様子。確かにGTX 780やR9 290Xであれば「黒い砂漠」も普通に動くから、行けるんでしょう…。

とは言っても、実際に確かめないことには心配なので、どれくらいの「グラフィックボード」「CPU」が必要なのか順番に見ていく。

グラフィックボード別fps

1~2万円のミドルクラスGPUから、3万~10万円程度のハイエンドGPUまで。複数のグラフィックボードによるFallout4の動作検証については、PCGAMERのデータを参考にします。

テスト環境とグラフィック設定

テスト環境
CPUIntel Core i7 5930K @4.20Ghz
メモリ16GB DDR4-2666
M/BGigabyte X99
電源ユニットEVGA SuperNOVA 1300W
SSDSamsung 850 EVO 2TB
OSWindows 10 Pro 64bit
ドライバAMD Crimson 16.7.1
Nvidia GeForce 372.54

CPUにはグラボのボトルネックをなるべく発生させないために、6コア12スレッドの「Core i7 5930K」が使われた。4.2 Ghzにオーバークロック済みだから、ゲーミング性能は十分に事足りる。

検証に使われたグラフィック設定は以下の通り。

  • アンチエイリアス:TAA(最高品質)
  • 異方性フィルタリング:16サンプル

アドバンスドオプションは以下の通り。

  • 被写界深度:ボケ(最高品質)
  • アンビエントオクルージョン:SSAO(高)

それ以外の細かい設定も「ウルトラ」にして、下の5つのオプションもチェックを入れている。つまり、ほぼ最高設定で検証しています

フルHD(1920×1080)のグラボ別fps

約30分、実際にぼくが計測したフレームレートのチャート

Fallout4 Average FPS + Minimum FPS @ 1920×1080 Ultra
GTX 1080 :130
GTX 1080 :88
GTX 1070 :115.8
GTX 1070 :80.9
R9 Fury X :95.1
R9 Fury X :81.2
R9 Fury :88.6
R9 Fury :65.6
Titan X :96.1
Titan X :64.3
GTX 980 Ti :95.9
GTX 980 Ti :64.5
GTX 1060 :84.5
GTX 1060 :63.2
R9 390 :75.2
R9 390 :56.7
R9 Nano :86.7
R9 Nano :60.2
RX 480 :75.8
RX 480 :58.7
GTX 980 :78.5
GTX 980 :58
GTX 970 :66.2
GTX 970 :44
R9 380X :57.7
R9 380X :38.3
R9 380 :53.2
R9 380 :35
GTX 960 :47.6
GTX 960 :33.2
GTX 950 :40.2
GTX 950 :28.5

まずは基本のフルHD画質によるフレームレートを見ていく。画像を見ての通り、Fallout4は場所によってフレームレートの安定性が変化が激しいゲームです。だから「平均fps」だけでなく「最低fps」にも注目しておきたい。

今もっとも主流でコスパも良い「GTX 1060 6GB」だと平均84.5fpsで、最低63.2fpsを叩き出している。最低ですら60を割れていないので「GTX 1060」を使えば全く問題ないことが分かる。

もう少しコスパを重視して「RX 480 8GB」などを使ってみた場合はどうだろう。平均75.8fpsで、最低58.7fpsを記録しているので、これも実用上は全く問題の無い性能ですね。

  • どうせ買うなら:GTX 1060 6GBが確実に安定
  • コスパ重視派:RX 480 8GBでも構わない

という結論だ。

WQHD(2560×1440)のグラボ別fps

Fallout4 Average FPS + Minimum FPS @ 2560×1440 Ultra
GTX 1080 :92.8
GTX 1080 :66
GTX 1070 :78.1
GTX 1070 :59
R9 Fury X :69.2
R9 Fury X :52.4
R9 Fury :64.8
R9 Fury :48
Titan X :64.2
Titan X :40.8
GTX 980 Ti :64
GTX 980 Ti :40
GTX 1060 :55.8
GTX 1060 :41.6
R9 390 :52.9
R9 390 :40
R9 Nano :62
R9 Nano :38.8
RX 480 :50.8
RX 480 :38.9
GTX 980 :51.6
GTX 980 :44.5
GTX 970 :43.4
GTX 970 :28.9
R9 380X :40.2
R9 380X :26.8
R9 380 :36.9
R9 380 :24.5
GTX 960 :30.4
GTX 960 :22
GTX 950 :26.5
GTX 950 :18.7

次はフルHDの約1.77倍重たいWQHD画質のフレームレートを見ていく。「GTX 1060 6GB」だと平均55.8と60を割れている。最低も41.6と…かなり落ちてしまった。

やはりWQHD以上になるとGTX 1060ではキツイ。「GTX 1070 8GB」なら平均78.1fpsで、最低fpsは59とかなりの安定性を見せています。「GTX 1080 8GB」なら全く問題なくWQHD画質はクリアですね。

  • どうせ買うなら:GTX 1080 8GBが確実に安定
  • コスパ重視派:GTX 1070 8GBでも行ける

こんなところだ。もちろん、GTX 1070であってもグラフィック設定を少し下げることで余裕で安定するから個人的にはコスパ重視で「GTX 1070」で良いかと。

4K(3840×2160)のグラボ別fps

Fallout4 Average FPS + Minimum FPS @ 3840×2160 Ultra
GTX 1080 : 48.3
GTX 1080 : 35.1
GTX 1070 : 40.2
GTX 1070 : 29.9
R9 Fury X : 38.4
R9 Fury X : 28.5
R9 Fury : 36
R9 Fury : 27.5
Titan X : 32.9
Titan X : 21.4
GTX 980 Ti : 32.6
GTX 980 Ti : 21.1
GTX 1060 : 28.4
GTX 1060 : 20.9
R9 390 : 29.3
R9 390 : 21.8
R9 Nano : 32.1
R9 Nano : 8.5
RX 480 : 26.2
RX 480 : 19.6
GTX 980 : 26.2
GTX 980 : 18
GTX 970 : 21.9
GTX 970 : 15.6
R9 380X : 21.8
R9 380X : 16.4
R9 380 : 20.1
R9 380 : 14.5
GTX 960 : 14.4
GTX 960 : 9.8
GTX 950 : 13
GTX 950 : 8.6

最後はゲーミングで最も重たい4Kで検証。4K画質はフルHDと比べて4倍も処理量が多い。ミドルクラスのグラボではまったく太刀打ち出来ていないことが、データを見て一瞬で分かる。

WQHDでは安定していた「GTX 1080 8GB」ですら、平均fpsは48.3で最低fpsに至っては35程度しか出ていない。「GTX 1070 8GB」で平均fpsが40くらい…。

参照元:PC Perspective

Fallout4のウルトラ画質を「4K」で安定させるには、最低でも「GTX 1080 Ti 11GB」が必要。2017年現在、シングルボードで2番目の性能を持つグラボを使えば平均fps60台を十分に狙えます。

なお、GTX 1070を2枚使ってSLIにすることでも平均fps60は狙えるんですが、電気代が2倍になってしまいますし、専有スロットが4個なのでマザボもそれなりのモノが必要になってしまう。だから1枚で済むGTX 1080 Tiが良い

  • どうせ買うなら:GTX 1080 Ti のみ
  • コスパ重視派:(4Kでは遊ばない方がいい)

結論、今のところ4Kで遊ぶ場合は「GTX 1080 Ti」一択です。

 VRAM容量について

基本的に平均fpsが60以上出るグラボを使っていれば問題ないけれど、一応。Fallout4はそれなりにVRAMを消費します。フルHD画質の場合、2.5~3.8GB程度は使うので、VRAMは最低で4GB以上が推奨です。

CPU性能によるボトルネック

約30分ほど計測した、CPUの使用率チャート

Fallout4はグラフィックボードだけでなく、CPUもガッツリと使ってくる性質がある。そのため、Fallout4が要求してくる処理にCPUが追いつけなくなった時に、「ボトルネック」が発生してしまうのだ…。

ということで、CPU性能別のフレームレートも見ておきましょう。

CPU別フレームレート(GTX 980 Ti)

Fallout4 Average FPS + Minimum FPS @ 1920×1080 Ultra
Core i7 6700K :113
Core i7 6700K :91
Core i7 4960X :108
Core i7 4960X :86
Core i7 4770K :106
Core i7 4770K :85
Core i7 5960X :105
Core i7 5960X :84
Core i7 3770K :103
Core i7 3770K :83
Core i5 3470 :98
Core i5 3470 :80
Core i5 4690K :98
Core i5 4690K :77
Core i5 2500K :93
Core i5 2500K :74
Core i3 6100 :88
Core i3 6100 :69
Core i3 4360 :80
Core i3 4360 :65
AMD FX 9590 :79
AMD FX 9590 :63
AMD FX 8350 :67
AMD FX 8350 :54
AMD 8320E :56
AMD 8320E :46
AMD FX 6350 :58
AMD FX 6350 :44
Pentium G3258 :56
Pentium G3258 :24
Celeron G1820 :47
Celeron G1820 :29

使われたグラフィックボードは「GTX 980 Ti」です。さて、公式スペックは最低動作環境が「Core i5」で、推奨環境は「Core i7」でした。Core i5とi7の差は平均fpsで93~113で21%も違う

そして推奨環境には「AMD FX 9590」も入っていましたが、このデータを見る限り「Core i7」一択だ。FX 9590とi7の差は平均で79~113で43%と圧倒的な違いがある…。

  • どうせ買うなら:「Core i7 6700」または「Core i7 7700」
  • コスパ重視派:「Core i5 7500」または「Ryzen 5 1600」

ゲーミング性能をもっとも重視する場合は「Core i7 7700」あたりが一番良い。ただ、コスパを重視しつつもCPU自体の性能も欲しい..という人は「Ryzen 5 1600」も選択肢です。

Ryzen 5はゲーミング性能ではIntelに負けてしまいますが、CPU性能は本当にコスパが良いですから(ただし、自作派向け)。

Fallout4におすすめなゲーミングPC

ここまで、Fallout4の推奨スペックについて「グラフィックボード別fps」と「CPU性能によるボトルネック」を、詳しく見てきた。本当の推奨スペックも十分に分かったので、オススメなゲーミングBTOをまとめます。

1. コスパ重視だけど、ウルトラ画質で60FPSが欲しい人へ

GALLERIA DT
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i5 7500
3.40 Ghz ~ 3.80 Ghz
4コア / 4スレッド
メモリ8GB(4GB*2)
グラフィックGeForce GTX 1060 6GB DUAL
マザーボードIntel B250搭載 MicroATXマザーボード
SSD250GB無料プレゼント
HDD1TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x3
USB 2.0(背面)x2
出力DVI-D x1
HDMI x1
DisplayPort x3
電源ユニット500W 静音電源(80+ BRONZE)
キーボード付属 – GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス付属 – レーザーマウス(USB接続)
サイズ185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mm
重量約8.2kg
保証1年間 持ち込み修理保証

ウルトラ画質で平均fps60台が出て欲しい。だけれど、コストパフォーマンスもしっかり重視して選びたいという人には「GALLERIA DT」が一番いい。

搭載されているグラフィックボードはPalit社製のGTX 1060 6GB DUALという製品。2スロット占有と標準的な分厚さに、デュアルファン仕様。十分な静音性と冷却性を備えるボードで、安定した製品といえる。

ドスパラのゲーミングモデルは何かしら「無料キャンペーン」をやっていて、GALLERIA DTでは基本的に「SSD 250GB」の無料プレゼントをやっています。SSDが無いと動作がもっさりして仕方ないから、こういうサービスは嬉しい。

2. WQHD画質で「平均60FPS」が欲しい人へ

GALLERIA XF
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700
3.60 Ghz ~ 4.20 Ghz
4コア / 8スレッド
メモリ16GB(8GB*2) – 無料アップグレード
グラフィックGeForce GTX1070 8GB Super JetStream
マザーボードIntel H270搭載 ATXマザーボード
SSD500GB無料アップグレード
HDD2TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x4
USB 2.0(背面)x2
出力DVI-D x1
HDMI x1
DisplayPort x3
電源ユニット500W 静音電源(80+ BRONZE)
キーボード付属 – GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス付属 – レーザーマウス(USB接続)
サイズ207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量約13.9kg
保証1年間 持ち込み修理保証

WQHD(ウルトラ画質)で圧倒的な安定性を求めたい。フルHDより大きな大画面でFallout4をプレイしたい、という人には「GALLERIA XF」がオススメです。

  • 「Core i7 7700K」搭載で、CPUのボトルネックの心配なし
  • 「GTX 1070 8GB」により、ウルトラ画質で「平均fps 78.1」「最低fps 59」と十分な安定性
  • SSDも無料で500GBにアップグレードされるのでコスパ良好

性能が抜群なのはもちろん、SSDが500GBもついてくるのが地味に嬉しい。ゲーミングの場合は、基本的にSSDにゲームをインストールしないと困るし、かと言って容量が少ないのも後からゲームを入れる時に面倒なんですよね。

中身についても少しだけ解説しておきます。

搭載されているグラフィックボードはPalit社製のSuper JetStreamという製品。3スロット占有という分厚いグラボだが、その分静音性と冷却性に極めて優れているのが特徴。

今のところGTX 1060に次いでコストパフォーマンスが高いと評されていて、大抵の3Dゲーミングはこれ1枚で解決してしまう。基本的にフルHDやWQHDで遊ぶ場合は、GTX 1070で問題なしと思っていい。

なお、このガレリアXTの良いところは無料で「SSD 500GB」と「16GBメモリ」のアップグレードが可能なこと。購入する時は必ず無料アップグレードを利用しておきたい。

 ユーザーレビューより

GALLERIA XFのレビュー より

PUBGの人気が伺えるレビューです。

3. 4K画質でFallout4を快適にプレイ

GALLERIA XZ
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700K – 無料アップグレード
3.60 Ghz ~ 4.20 Ghz
4コア / 8スレッド
メモリ16GB(8GB*2) – 無料アップグレード
グラフィックGeForce GTX 1080 Ti Founders Edition 11GB
マザーボードIntel H270搭載 ATXマザーボード
SSD500GB無料アップグレード
HDD3TB – 無料アップグレード
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
USB 3.0(前面)x2
USB 3.0(背面)x4
USB 2.0(背面)x2
出力
HDMI x1
DisplayPort x3
電源ユニット700W 静音電源(80+ BRONZE)
キーボード付属 – GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス付属 – レーザーマウス(USB接続)
サイズ207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量約13.9kg
保証1年間 持ち込み修理保証

4K画質(ウルトラ設定)でFallout4を遊びたい場合は「GALLERIA XZ」がオススメ。GTX 1080 Ti搭載モデルのPCでは、かなりコストパフォーマンスに優れている。

搭載されているグラフィックボードはPalit社製のGeForce GTX 1080 Founders Edition 11GBという製品。2スロット専有、シングルファン、という特に飾り気の無いボードだが、性能は確かなので気にしなくていい。

そして、コストパフォーマンスが良い理由がこれ。ガレリアXZは現在「特価モデル」を販売していて、見ての通り大幅な無料アップグレードが受けられる。

  • ボトルネックがほぼ心配ない「Core i7 7700K」
  • 大抵の場合は必要十分な16GBメモリ
  • 3TBの大容量HDD
  • 500GBの大容量SSD

これらのアップグレードは「GALLERIA XZ 特価モデル」に勝手に付いているので、購入する時は必ず特価モデルを選ぶこと。

 Palit社について

正式名称は「Palit Microsystems Ltd」で、パリットと読みます。ドスパラと非常に深い関係を持つベンダーで、実際にドスパラのBTOに使われているグラボは「ドスパラWeb限定モデル」という名称で単品販売もされている。

このパリットは2013年時点の情報では、ASUSを超えて世界最大級のシェアを誇る巨大VGAメーカーに登りつめている。1ヶ月に生産するグラボの枚数は約120万枚を超えるという。

国際的な評価にも関わらず、日本国内ではMSI、玄人志向、ASUSに知名度では負けている傾向。しかし、作っている「モノ」は確かだ。

以上、「Fallout4を60fpsで遊ぶための、推奨スペックとおすすめなゲーミングPC」について書きました。Fallout4のゲーミングPC探しの参考になれば幸いです。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 以前Palit製のグラボで右側のファンだけコイル鳴きしたり
    熱でファンのシールが剥げたりありましたけど今は大丈夫そうです

    ちなみに良い時期に米AmazonでEVGAのグラボを買うと(個人輸入)
    諸々上乗せ無しでお得な時があります。

    • 米泥のアカウントは持っているので、欲しいグラボが出たら挑戦してみようかな、と思ってます。(なかなか欲しいグラボが出てこないんですよね…)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。