「Core i9」が使えるX299 / LGA2066対応のマザーボードまとめ

「Core i9」を含む、Skylake-XやKabylake-Xは全部、対応ソケットが「LGA2066」で、チップセットは「X299」です。ASUSが米Amazonに速くもX299マザボードを出品して予約受付中だったのでまとめてみた。

Sponsored Link

ASUS

ASUSからは現時点で7品ほど、X299マザボードが出る予定。そのうちの5品が米Amazonに出品済み。残りの2品はまだ不明ですね。

ROG RAMPAGE VI EXTREME

水冷 / 液冷向けに特化されたマザーボード。バックプレートが強化されていてリグを付けて重量が増えても行けるようになっている。

X299の新機能を活用したOLED表示も特徴的。CPUの温度やクロック周波数、ファン速度を表示可能。Gigabit LANは最大10Gbpsまで対応し、WiFiも802.11ad規格に対応してデュアルバンド化。

I/O部分(PCの背面にあたる部分)はシールドで保護されており、PCケースに取り付けしやすいようにしてあるんだとか。

PRIME X299-DELUXE

白と銀色のヒートシンクが美しいマザーボード。オーバークロックがしやすいようにフェーズ電源は8個搭載。DDR4メモリスロットを8つ搭載しており、2400~2666Mhzに対応。XMPを使えば更に上昇する。

M.2スロットを2個(1つはでかいヒートシンクの背後、もう1つはATX電源コネクタの直下)、SATA 3を7個、U.2ポートを2個、USB3.0ポートを2個備える。そして背面IOが非常に豊富なのも特徴。

  • BIOSフラッシュバックボタン
  • 802.11 AD WiFi
  • 802.11 AC WiFi Bluetooth 4.2
  • Dual Gigabit LAN
  • USB3.1 Gen1 x4
  • USB2.0 x4
  • USB3.1 Gen2 TypeA x2
  • USB3.1 Gen2 TypeA
  • USB3.1 Gen2 Type C
  • 8-Channel HD AUDIO

ものすごく豊富だ…。

WiFiコネクタがあるのも珍しい気がする。最大4.6 Mbpsの転送速度を実現可能。あと「ThunderboltEX 3 Card」が付属してて、更にIO機能が強化される。このカードには

  • USB3.1 TypeC (Thunderbolt 3)
  • USB3.1 TypeA
  • Mini DisplayPort

がついていて、40Gbpsという圧倒的な転送速度を出せるようになってる。

価格は約490ドル。

ROG STRIX X299-E GAMING

8つのDDR4メモリスロットを備えていて、4000Mhz以上の超高速メモリにも対応できるとのこと。3つのPCIe 3.0 x16は金属製シールドで保護されている他、ロック部分にLED照明がついてる(便利だな…)。

NVMe PCIe SSDやサウンドカードのために、PCIe x4は2つ、PCIe x1は1つ付いている。M.2スロット部分は金属製ヒートシンクで覆われていて、高い冷却性を提供してくれます。

価格は約350ドル。

PRIME X299-A

Z299-DELUXEと比べると薄いミントブルーが爽やかな印象。

  • PCIe 3.0 x16 3個
  • PCIe 3.0 x4 2個
  • PCIe 3.0 x1 1個
  • M.2スロット 2個(ヒートシンクの中)
  • SATA3ポート 8個
  • USB 3.0ポート 2個

拡張性は抜群。

価格は約310ドル。

ROG RAMPAGE VI APEX

鋭い切込みデザインがものすごく特徴的なマザーボード。ASUSのX299対応マザボの中でも、最も優れたオーバークロック性能と、耐冷却性能を持つ。液体窒素だけでなく、液体ヘリウムを使った冷却も可能だと。

メモリスロットは他と比べると少なめだが、左側の2スロットはIntel VROCを使うことで高速化が可能。なお、この製品はCore i7 7740Kの7.56 Ghzという、すさまじいOCを達成しています。

TUF X299 MARK 1

見るからに頑丈そうなマザーボード。フェーズ電源は8個。DDR4メモリスロットは8本で、Intel XMP搭載だからメモリOCもしやすい。

  • PCIe 3.0 x16 3個
  • PCIe 3.0 x4 2個
  • M.2スロット 2個(ヒートシンクの中)
  • SATA3ポート 8個
  • USB 3.0ポート 2個

ヒートシンク部分にはファンが搭載されているので、M.2 SSDの冷却性も期待できそう。

価格は約340ドル。

TUF X299 MARK 2

ASUSのX299対応マザーボードの中では、かなり安価なモデル。

  • DDR4メモリスロット 8本(XMP可)
  • PCIe 3.0 x16 3個
  • PCIe 3.0 x4 2個
  • PCIe 3.0 x1 1個
  • M.2スロット 2個(ヒートシンクの中)
  • SATA3ポート 6個
  • USB 3.0ポート 2個

価格は約260ドル。

他にも色々と

これはGigabyteのAORUS Gaming 9というマザボ。とにかく輝くマザボで、価格は約500ドル。

他にもAsrockやMSIからもX299対応マザーボードは出ているので気になる方は公式サイトで確認してください。

以上、「Core i9」が使えるX299 / LGA2066対応のマザーボードまとめでした。

Intelの「Core i9」や、Skylake-X / Kabylake-X全般についてはこの記事で確認を。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • 毎回本題とあまり関係ない部分にばかり興味が移ります

    今回のようなマザーボードのCPU電源は従来の8(4+4pin)に加えて+4pinなどが追加で挿せて強烈なOCでも安定します。しかし普段使いや軽いOC、単純に倍率を変更する程度なら8(4+4)pinだけ挿して使っても全く問題ありませんでした。

    やっとM.2も標準で冷却できるようになって一層扱いやすくなりそうです

    ちなみに802.11adが搭載されていますが、昔からこの手の上位マザーは一般に普及するずっと前に真っ先に新規格を搭載します。
    802.11adは日本でもまだ始まったばかりなのに加えて60GHz帯という更に壁を通り抜けにくい事や、本当にスマホなどで4.5Gbpsも必要なの?まだacも満足に普及してないよ?という状況です。

    3年後には答えが出ている気もしますけど、現状だとP2Pゲームなど一部の環境を除いてV6プラス単体またはバッファローのV6対応AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP3辺りを追加でMU-MIMO未対応でも普通の家庭なら充分過ぎるのではないかと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。