ベゼル幅わずか4.4mm、Huaweiの最新ノートPC「MateBook X」

2017年5月23日「Huawei Matebook 2017 Launch Live」にて、HuaweiはMatebookの最新モデル「Matebook X」を発表。AppleのMacBook Pro 13.3に対して敵対心を見せるプレゼン内容です。

Sponsored Link

Huawei MateBook X13

Matebook X13の大きな特徴がわずか4.4mmと1cmを割る極狭のベゼル幅。ディスプレイのフレームレス化が着実に進んでいるようで何より。

MateBook X13は、MacBook Proと比べるとパッと見た感じでは小さいように感じるものの、アスペクト比が3:2になっていて、ディスプレイサイズはMacBook Proより大きい(75に対して78)。

他にも様々な特徴がアピールされていた

  • A4用紙とほぼ同じ大きさ
  • 筐体(ボディ)対してディスプレイが占める割合は88%で、MacBook Proは76%でしかない
  • ディスプレイ解像度は2160 x 1440 (3:2)
  • 色解像度は100%のsRGB
  • コントラスト比は1000:1
  • 筐体の分厚さ(閉じた状態)はわずか12.5mmで、MacBook Proは14.9mm
  • 重量はたったの1.05kgで、MacBook Proは1.37kgです
  • CPUには7th Intel Coreプロセッサを採用、クロックは2.7 Ghzですが型番は不明
  • Core i5 / 8GB RAM / 256GB SSDモデルが1399ユーロ
  • Core i5 / 8GB RAM / 512GB SSDモデルが1599ユーロ
  • Core i7 / 8GB RAM / 512GB SSDモデルが1699ユーロ

型番は不明ですがクロックから推測すると、Core i5モデルは「7300U」(2.60 Ghz)、Core i7 モデルは「7500U」(2.70 Ghz)あたりが妥当かな。かなり価格が強気なので「Core m プロセッサ」では無いだろう。(Core m だったら微妙)

更に詳細情報やMatebook Xの画像を見たい方は以下の参照元でどうぞ。

個人的な感想

ベゼル幅が4.4mmだったり、重量が1.05kgだったりと、軽くて洗練されたモバイルマシンという感じは良い。良いんだけれど、価格がCore i5 モデルで1399ユーロ(日本円で16~17万円くらい)ってのが意外。

ハイスペックだがコストパフォーマンスが抜群というイメージがあっただけに、このMateBook Xは立ち位置的にどうなのかな…と。MacBook Proのような製品を作れる、というのは分かるんだけど、Huaweiに求めているのはどちらかと言うとコスパなんだが…。

価格帯が似ていると別にMacBook Proでも良い気がするし、今はMicroSoftが作っている「Surface Laptop」の方が絶対に良い。デザインが洗練されすぎていて、それだけ買う価値を感じるモバイルマシンなので。

以上、Huaweiの最新ハイエンドノートPC「Matebook X」でした。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。