「Ryzen 9」と「Core i9」のスペック、仕様をまとめて比較してみる

2017年の夏は…。久しく見ていなかった大真面目な「Intel VS AMD」の戦いが始まる。まだ不確定情報が多いIntelからは「Core i9」が、ある程度情報が決まってきているAMDからは「Ryzen 9」が投入される。両者のラインナップについて、簡単にまとめておく。

 更に分かりやすいスペック表を作りました

→ 【スペック表】インテル焦る「Core i9」と「Ryzen 9」仕様まとめ

既に判明している「希望小売価格」などもまとめて、より両者の比較がしやすくなりました。結論、RyzenはThreadripperも同様にものすごく強いってことです。

Sponsored Link

「Core i9」VS「Ryzen 9」

Intelはもともと「一般向けのCore i7は4コア8スレッドで十分」と、うつつを抜かしていたし、2017年もゆるりと殿様商法を継続するつもりでした。しかし、2017年になってAMDがZenアーキテクチャによって作られた「Ryzen 5 / 7」を投入。

事前の謳い文句どおり、既存のCore プロセッサに対して圧倒的なコストパフォーマンスを見せつけた。同じ価格ならIntel CPUはAMD CPUに歯が立たない状況です。

Intelは予定を変更せざるを得なくなった。AMDが大真面目にIntelと戦える製品を市場に投入したことで、Intel側も現状の殿様前提ラインナップでは戦えないという判断です。

そこでIntelは現在出回っているRyzenを上回る性能を持った、Skylake-Xアーキテクチャによって作られる「Core i9」(仮称)を投入する予定とされている。

その後、すかさずAMDが投資家向けイベントで、それらCore i9を駆逐するプロセッサが既に用意できており、少なくとも2017年夏には投入できると発表。

2017年の夏は予定通りにIntelとAMDが製品を投入すれば、熾烈な戦いが展開されるだろう。特にハイエンドとミドルエンド市場は大激戦になると思う。

Intel「Core i9」のラインナップ / 仕様

Intel Core i9 / i7 / i5
アーキテクチャCPU名コア数スレッド数ベースクロックブーストクロックL2 CacheL3 CachePCIeレーン数TDP対応メモリCPUソケット
Skylake-XCore i9 7980XE1836LGA2066
Core i9 7960X1632
Core i9 7940X1428
Core i9 7920X122412 MB16.5 MB44レーン165WQuad-Channel DDR4-2666
Core i9 7900X10203.3 Ghz4.3 – 4.5 Ghz10 MB13.75 MB140W
Core i7 7820X8163.6 Ghz8 MB11 MB28レーン
Core i7 7800X6123.5 Ghz4.0 Ghz6 MB8.25 MBQuad-Channel DDR4-2400
Kabylake-XCore i7 7740X484.3 Ghz4.5 Ghz16レーン112WDual-Channel DDR4-2666
Core i5 7640X444.0 Ghz4.2 Ghz6 MB

Anandtech Forum経由の情報であり、Intel公式のラインナップでは無い。Intelの製品情報サイト「ARK」の掲載情報に合わせて表を修正しました。

現状のKabylake世代(Core i7 – 7XXXなど)と比較して、コア数とスレッド数が大幅に増え、クロック周波数も相当に改善されていることが分かる。

Intel CPUはシングルスレッド性能も高い傾向にあるため、このスペック表を見る限りは十分に「Ryzen 5 / 7」に対抗しうるプロセッサでしょう。しかし、それも価格次第。

wccftechの予想ではRyzenと対抗するためのモデルであるという前提に基づいて6コア12スレッドの「Core i9 7800X」は少なくとも400ドル台と見込んでいるようです。

それ以上のモデルについては具体的な価格予想がされていないが、過去の似たような製品から推測し、最大で1500ドル程度が見込まれている。

どちらにせよ8コア16スレッドの「Core i9 7820X」を400ドル程度、日本円で5万円くらいで販売できなければ相当に苦しそうではある。8コア16スレッドで最安価の「Ryzen 1700」は日本円ですら37000円程度ですからね。

Kabylake-XとSkylake-Xは共に、対応ソケットがLGA2066と大型化し、現状のLGA1151と互換性はないので注意。対応チップセットはX299。

※その後、Intel公式発表などで更に詳しいスペックが明らかになったので上記の記事にまとめました。Core i9について更に知りたい方はどうぞ。

AMD「Ryzen 9」のラインナップ / 仕様

AMD Ryzen 9 ( Threadripper )
アーキテクチャCPU名コア数スレッド数PCIeレーン数TDP対応メモリベースクロックブーストクロック拡張機能
ZenRyzen 9 1998X163244レーン155WQuad-Channel DDR4-32003.50 Ghz3.80 Ghz – 3.90 GhzAVX-2
Ryzen 9 19983.20 Ghz3.60 Ghz
Ryzen 9 1977X14283.50 Ghz3.90 Ghz – 4.00 Ghz
Ryzen 9 1977140W3.20 Ghz3.70 Ghz
Ryzen 9 1976X12243.60 Ghz4.00 Ghz – 4.10 Ghz
Ryzen 9 1956X125W3.20 Ghz3.70 Ghz – 3.80 Ghz
Ryzen 9 19563.00 Ghz3.70 Ghz
Ryzen 9 1955X10203.60 Ghz3.90 Ghz – 4.00 Ghz
Ryzen 9 19553.10 Ghz3.70 Ghz

以前は「Ryzen 9」と呼ばれていましたが、2017年5月時点ではAMDが正式に「Threadripper」というブランド名で発表したので正しくは「Ryzen Threadripper」です。

見ての通り、Intelが後手に回っている印象が拭えない、すさまじいラインナップです。もちろん、このラインナップは正式発表ではないので確定とはいえない。

Skylake-Xの最上位モデルが12コア24スレッドですが、こちらのRyzen Threadripperは最大で16コア32スレッドと驚異的。ブーストクロック時は3.8~3.9Ghzと4.0Ghzに迫るため、マルチスレッド性能は圧倒的なものになるはず。

最下位モデルですら10コア20スレッドで、ブースト時は最大3.7Ghzのクロック周波数。現行のRyzen 7を余裕で飛び越える性能を誇る。

価格などは一切不明だが、基本的にZenアーキテクチャはKabylakeなどと同価格の場合は性能で勝ってしまうため、おそらくは…相当な安価になると思われる。

仮に10コア20スレッドの「Core i9 7900X」が11万円くらいで来るなら、同じ10コア20スレッドの「Ryzen 9 1955X」は7万円くらいというイメージ。

とはいってもIntelがどこまで値下げ出来るかは想像しづらい部分はある。現行のIntel 10コアCPUは「Core i7 6950X」ですが、日本では未だに18万円もする。

それよりも性能が高い「Core i9 7900X」を、半額に近い10~11万円程度で投入できるのか…。極端な変化は想像しづらいですね(Intelのマイペースなテンポに慣れてしまって)。

なお、Threadripperの対応ソケットはAM4ではなく、新しいソケットになる予定。Ryzen 7と比較して4倍近い、4094ピンになったのでソケットの変更は確定です。チップセットはX370より更に高ランクのX399。

まとめ

正式にどんなラインナップと価格が発表されるかで、今後の流れは変わってくる。現時点で分かっている情報に基づけば、ラインナップでは完全にAMDが勝っており、価格面で少なくとも互角で戦えなければIntelが厳しい。

価格コムでは「Ryzen 7 1700」と「Core i7 7700K」が同じ価格で熾烈な争いを繰り広げているが、Cinebench R15のスコアでは前者の方が40%もスコアが高いんですよ。

とにかく価格に対する性能が恐ろしく良いから、AMD Ryzenは評価されている。Intelが互角に戦うにはやっぱり価格をどうにかできない限りは苦戦する…と思っている。2017年夏の戦いも同じような争点になるだろう。

※念のため注釈。この画像はブラウザに付属しているデベロッパーツールで作成したものです。本当の画像では無いので真に受けないように。

画像のようにIntelの12コアが15万円くらいで、AMDの16コアが約12万円くらい…。なんていう価格で勝負になったら、Intelに勝ち目は無い。まだ分からないけどね。期待値は低いが、Intelが意外と頑張って12コアを10万割れで出してきたら戦況は変わるかも。

【追記】価格が判明

  • Ryzen 9 1998(16コア):849ドル
  • Core i9 7960X(16コア):1699ドル

圧倒的な価格差です。同じコア数なのに、価格はほぼ半額。

IntelはもともとXeon向けに「取っておいた貴重なダイ」を、AMDに対抗するべく仕方なく「Core i9にお下がりさせた」という状況です。

対するAMD Ryzenは、たった1種類のダイによって構成されている。8コアの「Summit Ridge」というダイを組み合わせるだけで簡単にXeonクラスのCPUを作れるんですよ。

製造工程で不良が生じた場合は、不良部分を完全に無効化し、コア数を落とした下位バージョンとして発売ができる。非常に低いコストで作れるように設計されているから、RyzenはIntelの半額で同じコア数のCPUを提供可能なんだ。

以上、「Ryzen 9」と「Core i9」のスペック、仕様をまとめて比較してみる…でした。

頑張るAMDの記事

Sponsored Link

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。