【BLESS】4種類の旅の友を解説/騎乗/飛行/愛玩/ミニオン

BLESSのペットは「旅の友」という。旅の友には「騎乗」「飛行」「愛玩」「ミニオン」の4種類が用意されていて、それぞれ性質がまったく違う。使い方も違うし、習得できるペットスキルにも大きな違いがあるんだよね。

というわけでこの記事では4種類あるBLESSのペットの「違い」について解説してみたい。

Sponsored Link

4種類の旅の友

最初にものすごく簡単にそれぞれの違いをまとめます。

種類主な特徴
騎乗陸上の移動に便利
飛行空中の移動に便利
愛玩戦闘中でも召喚できる
ミニオンミニオン任務に派遣できる

1. 騎乗

BLESSの世界ではもっともスタンダードなペット。乗って移動に使うことが出来る。しかし、どのペットでも個体差というものは無いに等しいため基本的に「見た目」で選べばいい。気に入った見た目のペットが手に入ったら育成していくのがオススメ。

  • 騎乗ペットは個体差が無い
  • レベルを上げると疾走速度が上昇する
  • レベルを上げて「昇級」させるとスキルを覚えるかも
  • 結果的に、見た目の気に入った騎乗ペットをしっかりと育て込むのが基本

馬、カバ、悪魔。どんな種類の騎乗ペットであっても、やはり初期性能の「搭乗時間:2.50秒」「疾走速度:8.19m/s」に違いは無かったです。結果的に、見た目で選んで育てこまないと満足の行くペットにはならない。LV1の状態では自分の足でダッシュしたほうが速いですから。

LV10まで育て「昇級」を行って希少等級になったところ、スキルを1つ覚えてくれた。

LVが上がることによって確実に搭乗時間と、疾走速度は性能アップしている。陸上の移動を高速化するなら「騎乗ペット」は育てておくべき。

騎乗ペットの性能

  • 6種類のスキルを習得可能
  • 搭乗時間は1.30~2.50秒の幅
  • 疾走速度はオプション含めて8.19~14.81m /sの幅

騎乗ペットの習得可能スキル

スキルタイプ効果
疾走アクティブしばらくの間、移動速度が速くなります。
保護しばらくの間、ダメージを受けた時の下車確率が減少します。
ハイドしばらくの間、モンスターから認識される距離が減少します。代わりに、移動速度も同時に減少します。
跳躍パッシブジャンプの高さ増加
クライミング登坂角度増加
逃走ダメージを受けた時の移動速度増加
夜行性夜間の移動速度増加
 最速の騎乗ペットについて

BLESSには大量のペットが存在するので、一概にどれが最速と決めつけることは出来ない。しかし、やっちが調べた範囲では最速はおそらく「オスター」の可能性が高い。

このオスターの伝説等級(かつLV45)は、敵から認識されづらくなる「潜伏(ハイド)」を備える上に、移動速度205%というオプションを持つ。搭乗時間は1.90秒で、疾走速度は14.81m/sを誇る。

まずダッシュでは追いつけないスピードです。

2. 飛行

騎乗とは格が違う。それが「飛行」ペットなんですが、残念ながら非常に入手は困難。調べた範囲では、自然に入手できるかどうかも不明瞭です。おそらくは課金か、運営からの配布物として入手するのが現実的かも。

韓国のCBT2にて配布された「手なづけた武装グリフォン」。

こちらも同様に、韓国のCBT2にて配布された「手なづけた武装ワイバーン」。

飛行ペットは自然界で入手可能なのか

いろいろと調べたところ、たしかに飛行ペットとしてテイム可能なモンスターがマップに生息していることは確認されている。しかし2016年2月時点では「飼いならすことができない対象です」と表示されるんだとか。

代表例ペット名
狂気のヒッポグリフ
王角ワイバーン
砂ワイバーン
雷歩ワイバーン
青尾ヒッポグリフ
黄金羽渓谷グリフォン
黄金羽渓谷グリフォン
双頭ワイバーン
傷を負ったワイバーン
非道な退役ワイバーン

少なくとも課金でも配布物でもない「自然界」にはこれくらいの飛行ペットがいるんですが、テイムが出来ないらしい。

飛行ペットの性能

  • 「跳躍」を除いた5種のスキルを習得可能
  • 搭乗時間は1.6~2.0秒ほど
  • 疾走速度は不明だが、200~260%くらいの個体が多い

騎乗ペットの習得可能スキル

スキルタイプ効果
疾走アクティブしばらくの間、移動速度が速くなります。
保護しばらくの間、ダメージを受けた時の下車確率が減少します。
ハイドしばらくの間、モンスターから認識される距離が減少します。代わりに、移動速度も同時に減少します。
逃走パッシブダメージを受けた時の移動速度増加
夜行性夜間の移動速度増加

なぜか習得可能スキルが「騎乗」のまま。「跳躍」は取り除かれているが。

【追記】飛行ペットの現実的な入手方法は「課金」でほぼ確定

英雄等級(LV45)の飛行ペットは課金で入手可能。30日間使えて、性能は搭乗時間が1.80秒で、疾走速度は254%。2016年2月時点ではテイム不可能になっているが、やはり課金のためなんだろうか…。

3. 愛玩

騎乗は降りると姿を消してしまうが、愛玩は戦闘中でも召喚したままに出来るという特徴がある。乗物よりも、更にペットらしい。とはいうものの、中には人間の姿をしているものも多いため、ソロプレイ時の寂しさを紛らわす連れ添い人としても使えると思う。

 サキュバスもテイム可能

BLESSにはテイム可能なサキュバスが2種類いる。

  • 空虚の夢魔(LV37)
  • アカシャの娘(LV41)

画像は「アカシャの娘」の方です。

愛玩ペットの性能

これもびっくりするほど個体差がないので、完全に見た目で選ぶか…いくつか育てて一番都合のいいスキルを覚えた愛玩ペットを常備させる。というのが現実的かな。

現時点では愛玩ペットの個体ごとに、固有のスキルが用意されているわけではないし、疲労度も個体差が無いみたい。完全に「どういうスキルを覚えてくれたか」が判断基準になる。

愛玩ペットの習得可能スキル

スキル効果
成長狩りで入手する経験値が増加
金持ち狩りで入手できる貨幣が増加
戦争対人プレイ時の獲得経験値が増加
冒険を始めよう戦闘での冒険ポイント獲得量が増加
戦闘での発見ポイント獲得量が増加
敵対ユーザー※おそらく未実装
詠唱力※おそらく未実装

※※すみません。全部習得したわけじゃないので日本語訳はテキトーです。

4. ミニオン

正直な話。みんな初めてミニオンを捕まえた時って「うわー。乗ることでも出来ないし召喚も出来ない。なんて使えない。」って思ったと思う。やっちもそう思ったからね…。

ミニオン任務に使う

ミニオンは「ミニオン任務」というコンテンツを実行するために必須です。要するに「労働者」に近いシステムで、任務の受注してミニオンを派遣するという感じ。

ミニオン任務の準備

ミニオン任務に参加するには、所有しているミニオンの「疲労力」が一定の水準を超えている必要がある。

ということで「強化」を行っていきます。ミニオンは召喚できないので、強化でしかレベルを上げられない。

強化には材料として他のミニオンを使う。約10体ほどのミニオンを捕獲しておきましょう。必要な疲労力にたどり着けない。

LV5くらいでなんとかミニオン任務に参加可能になった。

ミニオン任務へ派遣

条件を満たしたミニオンだと、登録可能になっている。ミニオンを入れて実行するだけ。今回の任務は110分も待った。

なお、任務を受けた時にミニオンに経験値が入ってレベルが上がる。地味に嬉しい。

110分後、任務に無事成功して「発見ポイント」を125ほど入手。

ミニオンの習得可能スキル

スキル効果
早く早くミッション遂行時間が減少します。
獣人族の友獣人族と共にミッション遂行時、成功確率が増加します。
野蛮族の友野蛮族と共にミッション遂行時、成功確率が増加します。
人間の友人間と共にミッション遂行時、成功確率が増加します。
情報収集の達人情報収集ミッション遂行時、成功確率が増加します。
保守の達人保守ミッション遂行時、成功確率が増加します。
暗殺の達人暗殺ミッション遂行時、成功確率が増加します。
開拓地探査の達人開拓地探査ミッション遂行時、成功確率が増加します。
破壊の達人破壊工作遂行時、成功確率が増加します。

基本的にミッションが楽になるスキルです。なお、ミニオンによって習得できるスキルが違ってくるので注意したい。オーガだったら「破壊の達人」が習得可能に入っていることが多いし、人間だったら「暗殺の達人」を覚えやすい、という具合に。

1人のミニオンが覚えられるスキルの上限数については、断定は出来ないものの、おそらく多くても3つまでしか習得できない。

まとめ

だいたい、まとめられたかな。

  1. 騎乗:陸上の移動に
  2. 飛行:空の移動に(ただし入手が難しい)
  3. 愛玩:旅や戦闘のお供に
  4. ミニオン:任務の遂行のために

こんな感じですね。おおざっぱにまとめると。以上、4種類あるBLESSのペットについて解説でした。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • BLESSのペットスキル愛玩、詠唱力確認できました。フェアリードラゴンに1段階目の昇給に、下級でつきました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。