【ベンチマーク】まぁまぁな、AMDの新作GPU「Radeon RX 580」

AMD Radeonシリーズの最新作にあたる「RX 500」が2017年4月18日より発売が解禁された。RX 500は以前のRX 400と同様に「Polaris」世代のGPUで、残念ながら「Vega」ではない。そのため、今回のRX 500シリーズはあまり革新的な製品とはいえない。

とはいっても、その性能は気になるもの。この記事ではRX 500の最上位モデル「RX 580」のベンチマークなどを紹介する。

Sponsored Link

Radeon RX 580 仕様

製品名Nvidia GeForce GTX 1060 Founder’s EditionAMD Radeon RX 480 (Reference)Sapphire Nitro+ RX 580 LESapphire Nitro+ RX 580
GPUGP106 (Pascal)Ellesmere XT (Polaris 10)Ellesmere XT (Polaris 10)Ellesmere XT (Polaris 10)
シェーダーユニット数1280230423042304
ベースクロック1506 MHz1120 MHz1450 MHz1411 MHz
ブーストクロック1709 Mhz1266 Mhz1411 Mhz1340 Mhz
VRAM6GB GDDR58GB GDDR58GB GDDR58GB GDDR5
メモリクロック2027 MHz2000 MHz2000 MHz2000 MHz
メモリ帯域幅192.2 GB/s256 GB/s256 GB/s256 GB/s
対応出力Display Port x3Display Port x3Display Port x2Display Port x2
DVI-D x1HDMI x1DVI-D x1DVI-D x1
HDMI x1HDMI x2HDMI x2
電源ユニット6-pin x16-pin x18-pin x18-pin x1
6-pin x16-pin x1
ボードサイズ25.4 x 10.7 x 3.5cm24.2 x 10.5 x 3.5cm26.2 x 13.2 x 3.5cm26.2 x 13.2 x 3.5cm
重量845g685g974g974g

GTX 1060のリファレンスモデルと、RX480のリファレンスモデル。そして、Sapphire製のRX 580と、そのリミテッドエディション(LE)の仕様を比較した。

GTX 1060と比較すると、クロック数はおおむね低くなっている。代わりにVRAMの容量は多めで、メモリ帯域幅も高い。さて、実際のパフォーマンスがどのようになっているのか。

Radeon RX 580 ベンチマーク

ベンチマークは米国の大手レビューサイト「Tom’s Hardware」が詳細に行っていた。

参照元:AMD Radeon RX 580 8GB Review(Tom’s Hardware)
製品名Sapphire Nitro+ RX 580 LE
GPUEllesmere XT (Polaris 10)
シェーダーユニット数2304
ベースクロック1450 MHz
ブーストクロック1411 Mhz
VRAM8GB GDDR5
メモリクロック2000 MHz
メモリ帯域幅256 GB/s
対応出力Display Port x2
DVI-D x1
HDMI x2
電源ユニット8-pin x1
6-pin x1
ボードサイズ26.2 x 13.2 x 3.5cm
重量974g
参考価格$ 230

ベンチマークに使われたモデルは「Sapphire Nitro RX 580 Limited Edition」です。現在、発売される予定のRX 580で最上位の性能を持つモデル。参考価格は230ドルほどだが、日本では為替だけでなく様々なものが上積みされるため、30000~34000円程度で始まると思われる※。

※2017年5月時点、Amazonでは最安35000円ほど。価格コムでは最安28000円ほどで推移している。

テスト環境

テスト環境
CPUIntel Core i7 7700K
M/BMSI Z270 Gaming M7
メモリCorsair Vengeance DDR4-3200 @ 2400 MT/s
SSD1TB Toshiba OCZ RD400 (M.2, System SSD)
960GB Toshiba OCZ TR150 (Storage, Images)
960GB Toshiba OCZ TR150 (Storage, Images)
電源ユニットBe Quiet Dark Power Pro 11, 850W PSU
OSWindows 10 Pro (All Updates)
冷却Alphacool Eispumpe VPP755
Alphacool NexXxoS UT60 Full Copper 360mm
Alphacool Cape Corp Coolplex Pro 10 LT
5x Be Quiet! Silent Wings 3 PWM
Thermal Grizzly Kryonaut (Used when Switching Coolers)

CPUにはIntel Core i7 7700Kが。メモリにはDDR4-3200。SSDにはM.2ストレージが採用されている。Windows 10はAll Updatesと書かれているが、最新の「Creators Update」がいくつかのゲームとベンチマークソフトウェアと互換性の問題が発生したため、あえなく一つ前の段階に戻したとのこと。

Ashes of the Singularity: Escalation (DX12)

Full-HD画質、最高設定でのベンチマーク。平均フレームレートはGTX 1060の6GBモデルと並び、最小フレームレートはRX 580の方が優秀という結果になっている。

次にWQHD画質でのベンチマーク。同様にRX 580はGTX 1060 6GBと僅差で並んでいる。

Battlefield 1 (DX12)

Battlefield 1では平均フレームレートにおいて、GTX 1060よりもRXシリーズのほうが優秀という結果が出た。GTX 1060の76.3に対して、RX 580は89.1と12%ほど高いパフォーマンスになっている。

この傾向はWQHD画質では変わらないどころか、GTX 1060は更にRX 570にすら負ける結果に。やはり画質が高くなればメモリの帯域幅が高いPolarisに分があるということだろう。

Doom (Vulkan)

Vulkan APIを適用してフレームレートを向上させたDoomでのベンチマーク。Full-HD画質では概ねRX 580やRX 480が良好な結果。GTX 1060 6GBはあまり振るわない結果になっている。

WQHD画質でもその傾向は変わらず、GTX 1060 6GBの80.6(平均)に対して、RX 580は97.1(平均)と約20%も高いパフォーマンスを叩き出す。

Grand Theft Auto V (DX11)

やはりDirectX11環境では、GTX 1060に対して10%ほど劣る結果に。

得意とするはずのWQHD環境であっても、やはりGTX 1060には及ばない。下位モデルは軒並みGTX系に押されているのが分かる。

Hitman (DX12)

再びDirectX12環境。やっぱりDX12となるとPolarisに軍配が上がる。RX 580は平均95FPSで、GTX 1060が平均90FPSだ。

WQHD画質でも傾向は同じで、似たようなスペックであればGTX系よりもRXの方が強い。

Metro: Last Light (DX11)

DirectX11環境。平均フレームレートはGTX 1060と並ぶが、最小フレームレートが微妙に負けている。とは言ってもほぼ同じスペックですね。

しかしWQHD画質になるとGTX 1060や970に負けてしまう。

Rise of the Tomb Raider (DX12)

DX12のRise of the Tomb Raiderでは、RX 580が優勢。平均フレームレートはほぼ同じだが、最小フレームレートは20%ほど優秀。間違いなくDX12の方がRX 580は安定する。

WQHD画質であっても傾向は変わらない。

The Division (DX12)

トム・クランシーの「Division」でのベンチマーク。DirectX12だと、とことん強いRX 580でした。

WQHD画質とDX12がそろうと、RX 580は非常に高いパフォーマンスを発揮できる。GTX 1060はRX 480にすら負ける。

The Witcher 3 (DX11)

DX11環境のWitcher 3では。意外なことに、RX 580が健闘。RX 480は負けてしまっているが、RX 580はGTX 1060にちゃんと勝っている。

WQHD画質も傾向は同じ。

Sponsored Link

温度

ファンの冷却機能やGPUの発熱具合を確認するために、Sapphireのグラフィックボードに搭載されている「サイレントモード」と「ブーストモード」で温度を計測した。室温は22度で、ベンチ・テーブルを完全に開けた状態とケースを完全に閉めた場合に分けての計測も行った。

結果はこの通り。コアのクロック数が上昇するとGPUの温度も上昇している。ケースを開けた状態と閉めた状態では、あまり差はない。外気の環境を変えても、コアの温度などに差が無いのはファンの性能が安定していることを示す。

ブーストモードでもほとんど差はなく、コアの温度は最大で80度を超えることはなかった。

ノイズ / 騒音

Sapphire製のRX 580の騒音を確認する。サイレントモードでゲームループを実行させると、約36dBに落ち着く。これは非常に静かな水準と言える。周波数スペクトルを確認してみると、220~300Hzに線が見られる。これはファンのベアリングと振動が起因している。

ブーストモードに切り替えると、騒音は1.4dBほど上昇した。ブーストモード中にストレステストを実行させると、更に1.8dBほど騒音の水準が上昇。最終的に騒音は39dBほどに落ち着いた。Sapphireのグラフィックボードは非常にバランス良く設計されているのが分かる。

RX 580 まとめ

RX 580は革新的な製品ではないし、両手を上げて喜ぶほど評価できる部分もない。やはり、所詮はRX 480の焼き直し版といったところだ。

Radeon RX 580は既にRX 480やGTX 1060などを持っている人が、乗り換える相手にはならない。古いグラフィックボードを未だに使っていて、そろそろ買え変えようかな…と思っているゲーマー向けといえる。

例えばGTX 750 TIや、Radeon HD 7850など、そろそろ時代遅れというか、価格に対してパフォーマンスがあまり優れていないグラフィックボードを使っているなら、RX 580は乗り換え先として非常に魅力的だ。

RX 580の強み

ベンチマークの解説で十分に分かっているかもしれないが、一応RX 580の強みを。

それはDX11環境であっても、GTX 1060に並ぶパフォーマンスを持っていること。更にDX12環境となれば、GTX 1060よりも5~20%ほど高いパフォーマンスを叩き出せるし、WQHD環境(2560*1440)であれば更に効率よく安定したフレームレートが期待できる。

RX 580の欠点

消費電力がやや高いということだ。Polaris(Ellesmere GPU)は、高いクロック周波数を得るために、多くの電圧を必要とする。このため、高い性能と安定して動作を要求する場合、グラフィックボードのメーカー側の技術力が問われる。

しかし、今回ベンチマークに使用したSapphireのLimited Editionは、温度も安定しており、騒音も低い水準になっている。Sapphireの作るAMD製品はやはり信頼性が高い。

日本で購入可能なRX 580搭載ボード

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 580 4G GDDR5 OC

個人的に「AMD専業」というイメージが定着しているSapphire製のグラフィックボードが良い感じかと。これは3万円ほどで購入可能な「4GBモデル」です。日本だとどうしても高いな…。22000円くらいまで落ちてくれれば、ちょうどいいのだが。

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 580 8G GDDR5 OC

こちらは今回紹介したグラフィックボードのLimited Editionでは無いバージョン。VRAMは8GBで、価格は35000~37000円と妙に高い。盛り過ぎ。25000~27000円くらいにならないと、性能と割が合わないかと。

なお、Limited Edition(LE)はまだ日本では発売されていないようです。

Sapphireと同様に、Radeon搭載のいかついグラフィックボードで知られるPowerColorからも「RX 580」搭載ボードが出ていました。価格は35000円ほど…やはり微妙に高いな…。

AMDの新製品としてはやや物足りなさを感じますが、未だに性能に不満の残るグラフィックボードを使っていてそろそろ乗り換えたい…という人なら良い選択肢になるかもしれない(価格があと20~30%ほど下がってくれればね)。

以上、AMDの新作GPU「Radeon RX 580」のベンチマークとレビューでした。

ついでにどうぞ、AMD関係の記事

今回の「RX 580」は少し物足りないですが、CPU「Ryzen」は凄まじい出来栄えなのでVEGA世代のRadeonが出たら完全なAMDマシンを組みたいところ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。