【黒い砂漠】運営開始1年の北米版が発表した統計レポート「EU vs NA」

黒い砂漠の北米 / EU版は、2016年に運営が始まり、快進撃を遂げている。運営のカカオ・ゲームズは1年目を記念して、プレイヤー人口や、ビールの消費量など、各種統計をまとめたレポート「EU vs NA」を発表した。簡単にまとめてみます。

Sponsored Link

運営1年目の黒い砂漠の姿

「運営から1年、EUと北米版の違いが分かりやすいように、統計をまとめ見やすいレポートを作りました!」と張り切っているのは、EU / 北米版で黒い砂漠の運営(配給)を行っている「Cacao Games」(Daum Gamesとも)です。

簡単に和訳してみたので以下どうぞ。

プレイヤー人口

2017年1月時点で、北米版の人口は100万人を突破。という情報は知っていましたが、まさかここまで大ヒットしているとは思ってもいなかった。

EU版だけで157万人のプレイヤーがいて、北米版には184万人。合計で約341万人という莫大なプレイヤーを抱えていることに。カカオ・ゲームズによれば、2016年の上半期だけで50億円の売上だったそうですが、今はもっと増益になっていそうだ。

黒い砂漠の初期開発コストは12億円くらいですから、最初の投資額は十分に回収していることになる。今後も大きなアップデートコンテンツを作れそうだね。

LV56に達したプレイヤーは、EU版で92322人、北米版で90053人で、北米の方が長続きしない傾向にあるのかも。

職業の人気比率と男女比

EU版ではレンジャーが1位、ソーサレスが2位といったところ。男女比は女性キャラ64%、男性キャラ36%です。

NA版ではソーサレスが1位、レンジャーが2位と僅差だがソーサレスの方が人気。男女比は変わらず。

保有シルバー

EU版のプレイヤーは平均で4230万シルバー。NA版は3850万と、やや少ない傾向。総額ではEU版が11兆0593億で、NA版が10兆3522億と、どちらも10兆シルバー超え。EU版の方がやり込む傾向。

次は資産ランキング。EU版の1位は、179億シルバー。NA版の1位は93億シルバー。こういう資産額はべき分布になりやすいですが、黒い砂漠のようなオンラインゲームの世界であっても、この法則は機能しているようだ。

占領戦の統計

拠点戦で戦ったギルドは、EU版で131ギルド。北米版で158ギルド。

勝利を収めたギルドは、EU版で42ギルド。北米版で39ギルド。

拠点戦による死者の数は、EU版で7571人。北米版で8408人でした。

強豪ギルド

EU版では「Sovereign」が24回の占領に成功。ちなみにソブリンと読み、意味としては「王」「帝王」など。

NA版では「Iconic」が31回もの占領に成功。アイコニックは「アイコン的」という意味らしい。

拠点戦の統計

拠点戦に参加したギルドは、EU版で706ギルド。北米版で707ギルド。

勝利を収めたギルドは、EU版で384ギルド。北米版で414ギルド。

拠点戦による死者の数は、EU版で26549人。北米版で26798人。

どちらも似たような傾向ですが、占領戦・拠点戦ともに北米版の方がやり込む傾向にある…感じ。

装備の統計

PEN(+20)装備の存在数。

EUではマスカンのシューズが最多の16個で、北米版ではダンデリオンの大剣が最多の5個。強化のやり込み具合はEU版の方が進んでいるようだ。逆に北米版は武器ばかり…。

アクセサリーにおいても、EU版の方が強化が進んでいます。カドリー守護者のリングが最多の24個。一方、北米版ではバレスのネックレスが12個となっている。

馬の世代別分布

双方ともに、8世代の数が意外と少ない。1年目だから、仕方ないかな。

ついでに分布率を調べてみたところ、1世代が39%、2世代が21%、3世代も21%、4世代が7%、5世代が5%、6世代が4%です。7世代で一気に減って、0.5%。8世代はたったの0.005%しか存在していない。

馬の最多死亡数

1匹の馬を何度死亡させたか。EU版で209回も事故った人がいて、北米版では162回。やっちは一番死んでいる馬で52回くらいです。(これ、100回とか行く人いるけど、理解はできる。狩場に行く時、駐車するのが面倒くさくて敵に殺されるんですよね)

親密度が高いNPC

1家名で最も親密度を高めた人の統計です。EU版では…。納骨堂って何かありましたっけ…。なんで納骨堂の管理人の親密度を100000も貯めてしまったのか、完全に謎です。北米版ではフィラベルト・パラーシが50000の親密度を得ている。

ただ、納骨堂は例外としても、EU版と北米版の両方で、人気のあるNPCは似ていますね。例えばEU2位、北米3位のNPCは「ロナーチ」です。ロナーチさんは「バレス武器」を売っているから人気なんでしょう。

※納骨堂のハウトマンについて。おそらく「バレノス領お宝地図の欠片」が関係している可能性はあります。親密度を高めることで、盗める確率が上がるのかどうかは分かりませんが。

人気ペット

EUと北米ともに、人気のあるペットは似ている。1位は「カリスホーク」で2位は「迷子ペンギン」です。

消費されたビールの数

泥酔してぶっ倒れた。とも読めるが、単純にビールの消費量として見ます。EU版では1億7403万個のビールが消費された。北米版では1億9047万個と、EUよりも2000万個も多く消費されている。

釣られた魚の数

漁業(要するに釣り金策)は北米の方が活発です。EU版では3億3369万匹の漁獲量で、北米版では4億526万匹の漁獲量だ。

労働者の総数

労働市場はおおむねEUの方が活発。EU版では311万人の労働者がおり、北米版では301万になっている。

採掘量が多い素材

最もよく採掘された素材は、EUと北米の両方で1~4位は同じ傾向。

  • 1位:鉄鉱石
  • 2位:銅鉱石
  • 3位:石炭
  • 4位:鳥肉

5位だけ違っていて、EU版は「亜鉛鉱石」で、北米版は「シラカバの原木」です。興味深いな…。簡単に推測すると、EU版では「真鍮の塊箱」が人気で、北米版では「カルフェオン木材箱」が人気…かもしれない。

それとも互いに5位~6位で入れ替わっているだけとか。そんなところでしょう。

まとめ

北米版とEU版では、北米版の方が人口が多い。しかし、やり込みの進行度はEU版の方が高いということが分かった。

その一方で対人コンテンツにおいては北米版の方が、やり込む人が多いのか特定の人たちが勝つ傾向にある。参加ギルド数や死者数を見ても、北米の方が対人コンテンツは人気です。

以上、「運営開始1年の北米版が発表した統計レポート、EU vs NA」でした。

他にもある「統計」記事

→ 黒い砂漠の運営が公式に発表した各種ランキングなどの統計をまとめ

日本版では2015年12月に、運営の公式生放送にて「統計」が発表されている。海外ではRGとSRが人気なのに対して日本ではLSが1位というのが印象深い…。

→ 【ToS】韓国版の男女比や総プレイ時間など、啓示者の統計まとめ

→ 黒い砂漠の資産管理は金策として使えるのか?統計に基づいて調査

Sponsored Link