ニンテンドースイッチで発売予定のソフト35+4品まとめ

任天堂がついに新ハード「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」を2017年3月3日に発売することにしたようだ。Amazonなどでは既に予約分が売り切れ始めるなど、走り出しは順調な様子。

この記事では任天堂の最新ハード、ニンテンドースイッチで発売される予定になっているゲームソフトをまとめて全て紹介していきたい。国内で発売予定の35作だけでなく、海外で発売予定の4作もまとめてみました。

Sponsored Link

ニンテンドースイッチで発売予定のソフト

発売予定日と価格(値段)まとめ表

ソフト名発売日価格(税抜)
ゼルダの伝説・ブレスオブザワイルド2017年3月3日6980円
1-2-Switch2017年3月3日4980円
ドラゴンクエストヒーローズ1・22017年3月3日8800円
SUPER BOMBERMAN R2017年3月3日未定
いっしょにチョキッと スニッパーズ2017年3月3日1667円
マリオカート8デラックス2017年4月28日5980円
ARMS2017年春未定
Splatoon22017年夏未定
スーパーマリオオデッセイ2017年冬未定
ウルトラストリートファイターIIザ・ファイナルチャレンジャーズ未定未定
Project OCTOPATH TRAVELER未定未定
信長の野望・創造 with パワーアップキット2017年3月3日9800円
いけにえと雪のセツナ2017年3月3日4800円
ぷよぷよ™テトリス®S2017年3月3日4990円
魔界戦記ディスガイア52017年3月3日6980円
三國志13 with パワーアップキット2017年3月9800円
みんなでワイワイ!スペランカー2017年春未定
ゼノブレイド22017年未定
ドラゴンボール・ゼノバース2(仮称)未定未定
真・女神転生 シリーズ最新作未定未定
ファイアーエムブレム無双2017年秋未定
NBA2K18未定未定
ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて未定未定
ドラゴンクエスト10 オンライン未定未定
BLAZBLUE未定未定
FIFA未定未定
Sonic Mania未定未定
PROJECT SONIC 2017未定未定
太鼓の達人未定未定
ダービースタリオン未定未定
アーケードアーカイブス未定未定
牧場物語未定未定
テイルズオブシリーズ未定未定
The Elder Scrolls V Skyrim未定未定
マインクラフト未定未定
青字はニンテンドースイッチと同時に発売される「ロンチタイトル」です。

2017年現在、ニンテンドースイッチと同時発売が決まっているソフトは青字で示した9本のみ。意外と少ない気がしますが、ゼルダ新作がしっかりと入っているので問題ないでしょう。

それぞれのソフトについて、簡単に知りたい人はそのまま下へ見ていくか、見たいソフト名をクリックしてくれれば飛びます。

ゼルダの伝説・ブレスオブザワイルド

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:6980円

海外向けのトレーラーが約1000万回も再生されたことからも分かるが、世界中から圧倒的な注目と期待感を集めているRPG。6年ぶりの新作ゼルダであり、ゲームとして大幅な進化を遂げた。

圧倒的な広さを持つオープンワールドのフィールド。見た目が広いだけでなく、しっかりと冒険ができ、自由度に溢れたオープンワールドということでゲームとしての面白さはここ最近の最新RPGの中でも屈指のレベルに到達していると思われる。

グラフィックは最新のRPGと比較すれば見劣りするかもしれないが、トレーラーを見れば分かる通り。最新作のゼルダは「ゲームとしての面白さ」を追求したゲームになっている。例えば、トレーラーで確認できることといえば…

  • 敵の攻撃を実際に避けることで「回避」をしたり
  • 敵の攻撃を「盾で受け止めたり」
  • 大きな岩を落として敵を混乱させたり

自然にできそうなことが出来ないRPGが多い中、このゼルダは自然にできそうなことを実際に実現してみせる形になっている。「ゲームとは?」「RPGとは?」を再確認させる傑作になる可能性がとても高い。

ニンテンドースイッチ作品の中で、もっとも期待値の高いゲームです。

1-2-Switch

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:4980円

ニンテンドースイッチというゲーム機がどのようなコンセプトなのかを、分かりやすく示したゲーム。体験会でも非常に驚かれたタイトルで、Wii Uからニンテンドースイッチがどれほど進化したのかがよく分かる。

Joy-Conという最新のコントローラーを使って、現実世界の反射神経を完成度の高いゲームとして成立させている。

  • ガンマン
  • 居合い斬り
  • ピンポン
  • ボクシング
  • 乳搾り…などなど

手を使うアクションがゲームになり、互いの反射神経を競うスタイルのゲームだ。

ドラゴンクエストヒーローズ1・2

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:8800円

PS4ソフトとして既に発売されている「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」と「ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり」の2本を収録して、ニンテンドースイッチ版になっただけのゲーム。

→ 公式サイト

SUPER BOMBERMAN R

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:未定

「ボンバーマン」の最新作。据え置き型ゲーム機向けとしては、2008年のWii版。2009年のXbox360版以来なので、おおよそ8年ぶりのボンバーマン最新作ということに。2012年にボンバーマンを作っていたハドソンソフトはコナミに買収されている。

だから、スーパーボンバーマンRはコナミ作品としてロンチされているんだね。8年ぶりの新作というだけあって、グラフィックや映像も大幅に現代風に進化したものの、ボンバーマンにはスーファミからのファンも多く、以前の映像に戻して欲しい…という声もあるようだ。

いっしょにチョキッと スニッパーズ

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:1667円

「風船を割れ」「ゴールに入れ」などの課題を、お互いの体の形をチョキっと切り取って調整して、クリアしていくという変わったゲーム。風船を割るには体の形を尖ったものにしないと割れない。

相手に協力を求めて、ちょうどいいトゲみたいな形に調整してもらおう…。よく分からないけど、とにかくコミュニケーションが重視されそうな雰囲気なゲーム。

値段が1667円と安くて、ダウンロード専用になっています。

→ 公式サイト

マリオカート8デラックス

  • 発売日:2017年4月28日
  • 価格:5980円

Wii Uで発売され、全世界で800万本も売り上げた大ヒット作「マリオカート8」を、ニンテンドースイッチ向けにアップグレードさせたマリオカート最新作だ。

マリオカート8の頃のDLC(キャラクターなど)がすべて含まれており、そこに更に…

  1. イカリング(スプラトゥーン)
  2. キングテレサ
  3. クッパJr
  4. カロン

新キャラクターが追加された。初心者でも遊びやすいように「ハンドルアシスト機能」が導入されたり、バトルモード専用のコースや、バトルモードが2種類に増えたりと、最新マリオカートとしてしっかりと進化した。

→ マリオカート最新作について更に知りたい人はこちら

ARMS

  • 発売日:2017年春
  • 価格:未定

これ、トレーラー見た時にエヴァンゲリオン最強の使徒である「ゼルエル」を思い出しちゃったよ…。

まぁそれは良いとして、ARMSはニンテンドースイッチのJoy-Conで遊ぶためのゲーム。伸びる腕を使って格闘をするんだけど、腕の伸び方にクセがあるので先読み要素とかある。

格闘ゲームだから先読み要素があるのは当然だけど、このARMSはそのあたりの難易度が適度に設定されてる感があって、格ゲーはちょっと…という人でも楽しめるように作られているのが、なんとなく感じられる。

→ 公式サイト

Splatoon2

  • 発売日:2017年夏
  • 価格:未定

前作のスプラトゥーンは国内149万本、世界457万本という大ヒット。Wii Uは国内で321万台しか売れてないので、半分くらいがスプラトゥーンをするためにWii Uを買ったとも言える。

その続編であるスプラトゥーン2は、いつもながらのイカ子(イカリング)たちが、ペンキを使って塗りつぶした色の面積を競う「ナワバリバトル」を繰り広げる。日本ではゼルダ新作とならんで注目度の高い作品。

その理由として…

  1. キャラクターエディットで髪型が変更できる
  2. 新しいギアの追加
  3. 新しいステージの追加(高低差があり、戦略も新しくなりそうなマップが多い)
  4. 新しい武器(スプラマニューバー)
  5. 新しいサブウェポン(カーリングボムなど)
  6. スペシャルウェポンの全面的な刷新
  7. ローカル通信に対応(最大8台)

などなど、続編として、ゲームとしてさらなる進化を遂げているからだ。特にインターネットに接続しなくても、ローカル通信でチームを作って遊べるようになったのは大きなポイントだと思う。

スプラトゥーン2のナワバリバトルの動画はこちら。前作を楽しめた人なら、今作も普通に面白いゲームに仕上がっているだろう。

スーパーマリオオデッセイ

  • 発売日:2017年冬
  • 価格:未定

最新のスーパーマリオは、なんと15年ぶりの「箱庭マリオ」として登場。普通のスーパーマリオでは横スクロールが定番だが、今作では完全な3Dとなり没入感は過去最高のマリオになると思われる。

ちなみに、箱庭マリオが制作されるのは「スーパーマリオサンシャイン」以来15年ぶりとなる。任天堂は横スクロールの方が万人受けしやすいことから、完全な3Dマリオは今まで作ってこなかったが、最新作のオデッセイでついに、完全箱庭マリオとも言うべきマリオを作り上げた。

マリオの世界に入り込み、自由に歩き回れる…。マリオ好きにとってはたまらないゲームかもしれない。

→ 公式サイト

ウルトラストリートファイターIIザ・ファイナルチャレンジャーズ

  • 発売日:未定
  • 価格:未定

ストリートファイターIIを、ニンテンドースイッチ版に焼き直ししたバージョン。このゲーム、いろんなハードで移植されてて人気作だね、ホント。僕もPS2版持ってたりする。

このスイッチ版のストリートファイター2では、グラフィックを当時のものと、現代に合わせてリファインしたバージョンに切替可能というこだわりっぷり。

→ 公式サイト

Project OCTOPATH TRAVELER

  • 発売日:未定
  • 価格:未定

個人的に妙にそそられる新作RPG。昔ながらの2DRPGを、最新の技術を使って制作するという具合のゲーム。今のところはほとんどの情報が不明のまま….。絵が可愛いのでPixivで流行りそう。

→ Project OCTOPATH TRAVELERについて詳しくまとめた記事

信長の野望・創造 with パワーアップキット

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:9800円

既にPS3やVITA向けに販売されている「信長の野望・創造」を、ニンテンドースイッチ版にパワーアップしたバージョン。しかし、ただ単にニンテンドースイッチ向けに移植しただけでなく、最新コントローラーのJoy-Conを使って、自分独自の武将を作れるという新機能が追加されている。

それだけでなく、今までのアップデートで追加されたストーリーや、新規シナリオはふんだんに盛り込まれ、文字通り大幅なパワーアップ版ということになる。

いけにえと雪のセツナ

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:4800円

スクウェア・エニックスがPS4(VITA)向けに制作した、昔ながらのRPG要素を持ち込んだ懐かしのRPG…というコンセプトのゲーム。それを、ニンテンドースイッチに移植した。

アクティブタイムバトル(ATB)や、連携などといったゲームシステムが盛り込まれており、精神的にはクロノトリガーの続編とも言われているタイトルです。

FF4とか、FF9など。そのあたりのRPGが好きって人がやると、なんだかんだでハマってしまう危険性を秘めているゲームというやつ。

ぷよぷよ™テトリス®S

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:4990円

「ぷよぷよ」と「テトリス」を合体させたゲームだよ。どちらも有名すぎるので特に説明することはない。あえていうと、これどうやって合体させるんだろう…っていう。

単にぷよぷよとテトリスの2つのゲームモードで対戦して点数を競うというなら、大したことはないんだけど、画像を見てると2つのゲームがちゃんと融合してるモードもあるみたいで、そのへんが気になってしまうのでした…。

→ 公式サイト

魔界戦記ディスガイア5

  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:6980円

PS4で販売されている「魔界戦記ディスガイア5」の移植版。いわゆるぶっ飛んだRPGで、LVの上限が9999だったりする。ジャンルにも「史上最凶のシミュレーションRPG」って書いてあるし…。

三國志13 with パワーアップキット

  • 発売日:2017年3月
  • 価格:9800円

既にPS3やVITA向けに販売されている「三國志13」を、ニンテンドースイッチ版にパワーアップしたバージョン。つまり焼き直しゲーム。既に持っている人なら別に買わなくてもいい感じ(ラインナップを少しでも増やす作戦)。

→ 公式サイト

みんなでワイワイ!スペランカー

  • 発売日:2017年春
  • 価格:未定

「みんなでスペランカーZ」をニンテンドースイッチ向けにアップグレードしたバージョン。スペランカーとは、いわゆる横スクロールの洞窟探検ゲーム。

→ 公式サイト

ゼノブレイド2

  • 発売日:2017年
  • 価格:未定

神RPGと呼ばれたゼノブレイド(Xenoblade)の最新ナンバリングタイトル。前作はゼノブレイドクロス(Xenoblade X)で、今作は正統なナンバリングという違いがある。

詳細はまだ不明なところが多いけれど、音楽には初代Xenobladeのメンバーが採用されているなど、真面目な続編になるのはほぼ確定。ちなみにクロスで音楽を担当したのはアニメで有名な澤野弘之。

→ 公式サイト

ドラゴンボール・ゼノバース2(仮称)

  • 発売日:未定
  • 価格:未定

PS4「ドラゴンボール・ゼノバース2」の移植版。

→ 公式サイト

真・女神転生 シリーズ最新作

  • 発売日:未定
  • 価格:未定

ほぼ、詳細不明。

→ 公式サイト

ファイアーエムブレム無双

  • 発売日:2017年秋
  • 価格:未定

ニンテンドースイッチ版だけでなく、3DS向けにも開発が進められているファイアーエムブレム最新作。制作をするのは「デッド・オア・アライブ」「アトリエシリーズ」「信長の野望」などで知られるコーエーテクモゲームス。

発売時期は2017年の秋頃ということだけ分かっている。

その他に予定されているソフト14個

NBA2K18 
ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて
ドラゴンクエスト10 オンライン
BLAZBLUE
FIFA
Sonic Mania
PROJECT SONIC 2017
太鼓の達人
ダービースタリオン
アーケードアーカイブス
牧場物語
テイルズオブシリーズ
The Elder Scrolls V Skyrim
マインクラフト

個人的に楽しみなのは、マインクラフト、太鼓の達人、Skyrimですかね。太鼓の達人はいよいよ物理的な太鼓が無くなってバーチャル太鼓をJoyConで叩くようなイメージで来てくれると面白そう。

日本で未発表の4作品

LEGO CITY Undercover

LEGOの世界をオープンワールドで堪能しようというコンセプトのゲーム。

RIME

ちょっとゼルダ新作にた雰囲気のある、カートゥーンレンダリング調のRPG。トレーラーの解説文には「長い間待望されてきた、ゼルダの特に面白い部分と、人喰いの大鷲トリコの…」と書かれており、ゼルダと大鷲トリコをリスペクトして作られるゲームのようだ。

Steep

Ubi Softが開発する雪山でのアクロバティックを楽しむ体感型のゲーム。どのようにしてプレイするかは不明だが、おそらくJoy-Conのジャイロ機能を上手く使った任天堂ならではの巧みなゲーム作りになるかと。

Fast RMX

Fast RMXは圧倒的な高速感と、没入感を目を引くレーシングゲーム。非常に面白そうだが、日本に来るかはまだまったく分かっていない。

まとめ

ニンテンドースイッチは、ハイエンド志向ではなく新しいゲーム機という位置づけを狙っているコンセプト。グラフィック性能などは明らかにPS4やXboxOneに劣っているから。

そして、ちょっと心配になったのが同時発売タイトルの少なさや、それを補うかのように出てくる「移植版」の多さ。個人的にはゼルダ新作と、スプラトゥーン2、ゼノブレイド2あたりをプレイするために買う価値はある…という評価だけど。

逆に言えば、魅力的なソフトがない場合はコケてしまいそうな雰囲気も漂っている危ないゲーム機ですね。Wii Uも国内50%(海外35%)がスプラトゥーンに支えられているわけでして…。

ということで、以上「ニンテンドースイッチ本体と、発売予定のソフト35品まとめ」でした。

Sponsored Link