【黒い砂漠】いずれ来るであろう新クラス「シャイ族」について調査

来る来ると言われつつも、なかなか来なくて結局先に来たのがダークナイトだったりするわけですが…。いずれはシャイ族も、冒険者が実際に扱える新クラスとして来る可能性は高いと思ってます。

で、黒い砂漠の世界において「シャイ族」とはどんな種族なのか気になったので調査してみます。意外と細かい部分まで作ってあるのがよく分かる。

Sponsored Link

知識から「シャイ族」の情報を探る

シャイ種族

小さくてかわいいシャイ族は、その年齢を予測する事は難しい。 主にシャイお嬢さんと呼ばれているが、これは女性のシャイ族に比べて 男性のシャイ族の数がかなり少ないからです。 シャイお嬢さんは礼儀がないのが特徴です。 いきなりため口を言われても驚かないでほしい。 種族の特性上、尊敬語が入る言葉の発音が難しいようだ。 それでも、教育を受けたシャイは違う。 しかし、そのストレートな言葉づかいはあまり変わらないらしい。

フローリン村にいる「ロリア」から親密度800で「シャイ種族」という知識を取得可能です。この知識から、シャイ種族に関するおおまかな情報が分かる。まずシャイ族についてここから分かることをまとめると。

  • 年齢の予測が困難(見た目が変化しない?)
  • 女性のシャイ族の方が多いため「シャイお嬢さん」と呼ばれている
  • 礼儀がないのが特徴
  • いきなりタメ口を言われることもある
  • 尊敬語の発音が難しいらしい

ということです。

シャイ族の年齢と寿命

イザーク

『あ……適当にもってけ……』彼がいつも口にする言葉だ。シャイ族の長い寿命は、まれに彼らの生きる意欲さえ奪う。いつごろか地形が変わったのか。海から流れて来る資材や補給品があふれ出して彼はこれらを整理して陳列する事に楽しさを感じた。しかし、この場所が有名になり始め、多くの人が集まってくると彼は面倒くさくなって適当に貿易を始めた。今はだらんと横になって、行き来する貿易品を見ている。 ルビアーノ島貿易管理人

「年齢の予測が困難」という情報から、シャイ族の寿命について考えてみる。見た目の割に、実はものすごい年寄りだったとか、そういう情報から推測できるかも。

まずはルビアーノ島にいる貿易管理人「イザーク」の知識を見てみる。すると「シャイ族の長い寿命」という内容が見て取れる。しかも、彼らの生きる意欲さえ奪ってしまうレベルの長生きのようだ。しかし、イザークの見た目は「子ども」と大差無い…。

確かに、見た目から年齢を予測するのは困難なようだ。そこで気になるのがシャイ族の割にはずいぶんと爺さんな見た目をしている、あの人です。

バレンタイン

フローリン村の村長バレンタイン。 シャイ族の特製上、特定の齢を重ねたあとは外見が変わらないため 年齢を予想する事ができないが、いつの間にか55歳の長寿である。 シャイ族の平均寿命が40歳であることを考えるとうなずける。 長寿の秘訣は、フローリン村で栽培する薬草だという。 薬草に対する知識が一番豊かでもある。

どうやらシャイ族は、特定の年齢を超えると見た目の変化が止まるみたい。そして、シャイ族の平均寿命は40歳であり、バレンタインは既に55歳なので相当の長寿ということになるらしい。

あれ、黒い砂漠の世界ってどれくらいの基準で長寿なんだっけ…にもよるけれど、人間の感覚で行くと平均寿命40歳は「短命?」と思ってしまう。もちろん、これは開発側が設定を統一出来ていないだけの可能性もあるが。

シャイ族の親子関係

ゲーム内の情報だけでは中々全体が見えてこないが、断片的には色々と分かるものだね。調査してると、こんな「親子」が見つかるんですよ。北部小麦農場の風車付近にいるこの2人。子どもは明らかにシャイ族だが話しかけてみると…。

ママ!リラックスした姿勢からいい絵が出来るんだよ!

思いっきり「ママ」と呼んでいるのが確認できる…。しかし、そのママですが。

どう見ても人間ですよね。画家の父親らしき人物も確認したけれど、どう見ても父親も人間だった。ということは、貴族がシャイ族を養子に取ったと考えていいだろう。

イゼラ

フローリン村、オーク旅館の主であるイゼラの趣味は料理だ。 冒険者が訪問すると、頼んでも無いのに新鮮な料理を出してくれる。 特に、薬草を添えた新鮮な目玉焼きと 食べたらすぐ健康になりそうな有機農パセリエイドは一品だ。 その妙な味の影響で、再びオークの木旅館に来る冒険者もいるらしい。

フローリン村の「枯れ木の皮」を渡すデイリークエストで有名なイゼラさん。フローリン村に在住のシャイ族ですね。イゼラさんだけの情報では特に何もわからない。

ステラ

フローリン村の雑貨商人であり、イゼラの息子であるステラ。 彼は世の中のあらゆる物からよい材料が得られると信じている。 すべてのものには存在理由があると。 有害であると思われるモンスターも清らかに見つめる純粋で楽観的な少年だ。

そうなんですよ。イゼラには息子がいて、その息子が「ステラ」なんだよね。初めてシャイ族の親子を見た気がするので驚きです。見た目からは全く親子だと判断できない。さて、もう少し調査してみよう。

ポリーニ

ロリアの父であるポリーニはフローリン村でスキルを教えている。 常に人気の高い自分の娘に求愛する、物足りない男たちを嫌っている。 それでもよい夫を見つけてやりたくて、婿候補を探している。 特に、英明なアスカーシャと男らしさのあるアルダンを比較している。

あのロリアの父親が「ポリーニ」ということが判明。ロリアがとてもモテているのが悩みで、婿候補としてアスカーシャとアルダンを挙げているようだ。

アスカーシャ

子どものころから反射神経や運動神経が良くて、人々はアスカーシャに 軍に入る事を勧めたが、彼はフローリン村が好きで離れようとしない。 可愛いロリアがいては尚更だ。 ロリアも嫌ではなさそうだが、異性に対し鈍感で進展がない

その候補のアスカーシャはロリアが好き。なんですが….肝心のロリアは鈍いようだ。

ロリア

春が来たら春を感じ、秋が来たら秋を感じる。 娘盛りなロリアは、シャイ族の美の基準から見ると、かなりの美人だ。 しかし、彼女は近い年齢のシャイ族男子に興味がない。 ロリアが興味を持っている人は他にいるようだが……

ロリアはシャイ族の中では美人に入るということが、ここで分かる。人間から見ると可愛いという感じではある。で、ロリアは同い年には興味が無いらしい(アスカーシャと歳が近いのかは不明)。たしかロリアが気になっている人って…(思い出せない)。

特殊な能力

ヤーズ

国籍不明でエダンと共に行動する一行であること以外は知られていない。 普段は食べることと寝ること以外に前に出ることもない。 しかし、エダンとオーウェンが認めた特別な能力をもっている。 その能力についてはまだ明らかになっていない。

ちょっとフラグっぽい。このあたりから新クラスとしてのシャイ族に繋がるのかな~なんて妄想したり。

シャイ族のまとめ

今回の調査でわかったことをまとめると。

  1. シャイ族の寿命に関しては開発側の設定があいまい
  2. 見た目は一定の年齢から全く変化しなくなる
  3. シャイ族は女性の方がずっと多い
  4. フローリン村にはシャイ族しかいない、その上「親子」も多く見られた
  5. なんらかの特殊能力を持つが、詳細は不明

この5点ですね。今回の調査で判明した成果とも言える情報は。それにしても、フローリン村の知識を担当した人って多分楽しみながら設定を作っているのが伝わる。ロリア、アスカーシャ、ポリーニあたりの関係とか面白いと思ったよ。

ということで、以上「いずれ来るであろう新クラス「シャイ族」について調査」でした。

Sponsored Link

3 件のコメント

  • 黒い砂漠は知識ってシステムの割にチグハグに感じる事多い気がします。
    関わってる人数が多いでしょうから仕方ないのでしょうけど…。
    ローカライズやクエの順番的に、他よりストーリー等が把握し辛い気もしますしね。

  • 去年の6月くらいにDKの次に出すとは言ってましたがゲームデザインに合わない云々とも言ってたしどーなるんでしょうね。

    その後PC用ラッコ族の動作テストを麦さんがしてたとかの怪情報はありましたがシャイの続報は全く無し………

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。