【黒い砂漠】世界各国のパール価格と購買力を調べてみたら…

黒い砂漠はついに台湾でもオープンベータテストを始めるなど、グローバル展開が順調に行っています。これで黒い砂漠は日本、北米、韓国、台湾と4つのバージョンが存在することに。

そこで気になったのが4つの黒い砂漠における「パールの購買力」ですよ。ここからある程度、パールアビスのその国に対する「期待感」みたいなものを計測できたり…。

Sponsored Link

パール価格の調べ方

Google翻訳を使える人なら問題ない。「黒い砂漠 パール」みたいな検索キーワードを、韓国語に訳したり、台湾語に訳したりしてGoogleで検索すればある程度の情報は出てくる。

公式サイトのパールショップであったり、親切な方がレートをまとめていたりする。そういった情報を調べて、4カ国のパール価格をまとめました。

世界のパール価格

USDパール効率JPYJPY単価
台湾320.001000031.25368003.680
160.00500031.25184003.680
96.00300031.25110403.680
64.00200031.2573603.680
32.00100031.2536803.680
16.0050031.2518403.680
10.0030030.0011503.833
5.0015030.005753.833
北米100.0011500115.00115001.000
60.006600110.0069001.045
30.003200106.6734501.078
20.002040102.0023001.127
10.001000100.0011501.150
日本86.96212024.38100004.717
43.48105024.1550004.762
26.0962023.7730004.839
17.3940023.0020005.000
8.7020023.0010005.000
4.3510023.005005.000
1.744023.002005.000
韓国85.11176020.6897875.561
68.09140020.5678305.593
42.5586020.2148945.690
17.0234019.9819575.757
8.5116519.399795.932
4.268018.804896.117
1.703218.801966.117
0.851618.80986.117
※USD/JPY=115 USD/KRW=1175 で計算しました

世界各国の通貨をそのまま載せても良かったんですが、レートが違いすぎてややこしかったので全部ドル換算しました。順番に項目を解説する。

  • 国:どの国のパール価格か
  • USD:ドル換算したパール価格
  • パール:販売されているパッケージごとの価格
  • 効率:パッケージごとの、1通貨あたりの購入可能パール数
  • JPY:米ドルから日本円に換算したパール価格
  • JPY単価:1パールあたりの価格

これでもけっこうややこしいね。なんか経済学の世界には「購買力平価説」なんていう概念があって、その国の通貨でどれだけのハンバーガー(別になんでも良いけど)を購入できるのか。その尺度によって、その国の通貨の価値を計測できるんだって(ものすごく話を簡単にしてます)。

今回は各国のパール価格の本当の価値を調べるために、単なる割合ではなく「購買力」にもとづいて評価することにした。で、どうやって購買力を出そうか悩んだのですが、同じ10000円でアバターフルセットを何着購入できるか。これで評価してみる。

アバターフルセット価格パール数購買力
台湾5902717.394.61
北米290010000.003.45
日本6002120.003.53
韓国8601798.262.09

例えば台湾だと、1万円で2717パールを購入可能。このパールでアバターフルセットを約4着ほど購入できる。日本だと1万円で2120パールを入手して、アバターフルセットを3着購入できる。

そして思ったんですが。意外と日本は良心的な価格設定だったんですね。北米版も一時プレパケが安くて非難轟々だったけど、それ以外は案外普通の設定ということがわかった。

ただ…むしろ韓国が意外とひどくて驚いた。韓国のパールは購買力低いな…なんでこんなにひどいんだろう。為替レートがおかしいのかなぁと思って、一応三角裁定もしたんですが、ほとんど歪んでない。

台湾だけが突出して「おかしい」のか、韓国だけが「ひどい」仕様なのか。とりあえず日本は思ったより悪くないパール購買力だったので良かったです。台湾は相当期待されているのでしょう。クローズドβテストでは8万人が集まったくらいなので。

※三角裁定について。両替の順番を入れ替えると、最終的に得られる時価がおかしくなっている裁定機会を見つけてアービトラージすること。金融インフラが発展した現代においては、滅多に見られない。

今回の計算についてですが。韓国のプレイヤーも台湾のパール価格を見て直感的に「なんで台湾は条件がいいの。韓国と比べて4割くらい安いじゃん。」と感じているようです。しかし、実際には2倍くらいも差があるという悲しい現実…。

まとめ

途中で購買力の話を出してしまったが、まぁものすごく簡単に結論を言うと。

  • 台湾が一番パールが安い国
  • 韓国が一番パールが高い国
  • 日本と北米はごく普通の価格設定

こういうことです。台湾の黒い砂漠が、一番良心的な価格で「パール」を販売している。日本と北米は以外にも差がなくて普通。韓国がもっとも割高な価格でパールを売っている。

やっちの予想では北米と韓国がもう少し頑張ると思っていたのですが、こうやってExcelで計算してみると実際に色々なことが判明する。以上「世界各国のパール価格と購買力を調べてみたら…」という話でした。

Sponsored Link

4 件のコメント

  • リリースした順で値段決まってる気がしなくもないですね。
    韓国で設定した値段で様子見て、日本と北米決めて・・・
    台湾が安いのは「もうちょい値下げしたら売り上げ増える?」みたいな
    実験的なモンじゃなかろうかと

    • なるほど、たしかにそんな感じの価格設定ですね。韓国は一番最初のサービス開始国なので、あまり安価で勝負できなかった。しかし、意外とヒットしたので日本や北米ではもう少し安めで行ってみた。こんな感じということか。

  • 台湾鯖で遊んでて課金もしてますが、
    記事中の台湾のパールの値はACoinだと思います。
    (日本鯖でいうJEWEL)
    Acoinとパールは1:1では無いので
    実際のところは96ドル(1万1470円)でパール2000個+120個なので
    台湾のパール換算はもっと複雑になってもう少し高い計算になると思います。

    https://www.youtube.com/watch?v=pRChikPBwiM

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。