【ToS】ものすごく攻撃的なクレリック「インクイジター」についてまとめ

tos-inquisitor

クレリックの道を進む啓示者が少ないためか、アーチャー系などと比較して情報量が少なくてやや苦労しました。それでもなんとかクレリックのR8新クラス「インクイジター」について、ある程度まとめることが出来たので記事にします。

インクイジターの攻撃スキルの詳細(というか、攻撃スキルしか無い)や、実際に使われているコンボ、既にインクイジターが実装されている韓国にて使われているビルド構成案など。可能な範囲で、この攻撃的なクレリックについてまとめる。

Sponsored Link

インクイジターとは?

インクイジターは英語で「Inquisitor」と書き、その意味は宗教裁判官(Weblio辞書より)になるそうです(異端審問官とも言う)。つまり、魔女裁判が流行っていた中世ヨーロッパ時代に活躍した職業のことを指すんです。

魔女裁判は今の裁判制度と違って、ずいぶんと原始的というか、結構生々しいことをやっていた時代です。インクイジターも、それをコンセプトに作られているため、非常に攻撃的で、おぞましい一面を覗かせるクレリックに仕上がっている。

ここで開発のコンセプトと、インクイジターマスター本人のコメントを。

インクイジターは女神たちにとって疎ましく、好ましくない敵を審判するクレリックのクラスです。強力な戦闘技術を持っており、特に魔法使いとの対人戦において非常に強力である。

女神が不在の今日において、これまでは私達が決める必要のなかったことを、選択せざるを得ない状況になってしまった。結果として権力は拡大し、インクイジターたちに重い責任をもたらした。

しかし、重い責務を負う必要が出てきた世の中でも、責任を積極的に引き受ける必要があるのがインクイジターであり、聖職者として生きていくことが出来る。

by  インクイジターマスター

メルゲンマスターがずいぶんと自分たちのクラスを推す発言をするのに対して、インクイジターマスターは概念的な説明になっていて「インクイジターってどんなクラスなの?」という質問に対する答えになっていないのが面白い。

女神による統制が機能しなくなったので、聖職であり、異端審問官でもあるインクイジターが、女神の名に代わってしっかりと犯罪者に天罰を下そう…という感じですね。

今、分かっている範囲でインクイジターをまとめると。

  1. 魔女裁判が得意なので、魔法使いにめっぽう強い
  2. 物理攻撃の拡散が強い(簡単に言うと2倍になる)
  3. パラディンのコンビクションと相性が良い
  4. クレリック史上、最も攻撃的
  5. PvPにおいても「強い」という評価を得ている(弱体化済み…それでも…)

こうなります。以下からは、この5点にまとめられる根拠となる「スキル」の詳細や、隠し連携などを紹介していく。

ブレーキングホイール

ブレーキングホイール
5
スキルLvスキル攻撃力消費SP持続時間CD審判の車輪(消費)
114981012501
21707.51124
319171236
42126.51348
5233614510
62545.515612
7275516714
82964.517816
9317418918
103383.520020
11359321122
123802.522224
13401223326
144221.524428
15443125530

審判の車輪を1個(1000シルバー)消費して車輪を召喚し、周囲の敵にダメージを与える。車輪の近くで魔法攻撃を行うと、車輪の範囲を超えて攻撃が届く。とは言っても、このスキルは「定点火力」のために存在しているわけではない。

特性スキル効果最大Lvその他
6ブレーキングホイール:追加ダメージ車輪に物理攻撃を行うと攻撃範囲が一時的に広がって、範囲外の敵にもダメージを与える。1消費SP+17

「ブレーキングホイール:追加ダメージ」を取得する(コストは約85万)ことで、車輪に対して物理攻撃をすると、その物理攻撃が「拡散」されるのが肝です。例えば、パラディンのコンビクションを掛けて、ブレーキングホイールを出し、物理攻撃を行うことでダメージは4倍に膨れ上がります。

インクイジターには「ゴッドスマッシュ」というスマイトの強化版がありますが、コンビクションと車輪を経由することで非常に強力なダメージソースになる。なお、パーティーメンバーの攻撃も拡散可能だが、車輪を経由した後のダメージはインクイジター本人に入っていく。

ボス戦のランキングに、特にメリットやデメリットはありませんが、インクイジターは車輪を使うことで上位を取りやすくなるかと。…ただ、審判の車輪本体の耐久度はあまり高くないので、拡散可能なダメージ量に限りはあります。

ゴッドスマッシュ

ゴッドスマッシュ
1
スキルLvスキル攻撃力消費SPAoEOHCD
14592.7854330
25421.194
36249.5103
47077.9112
57906.3121
68734.7130
79563.1139
810391.5148
911219.9157
1012048.3166
1112876.7175
1213705.1184
1314533.5193
1415361.9202
1516190.3211

持ってる武器を大きく振り上げ、落下エネルギーを利用して敵に大ダメージを与える。インクイジターの主力ダメージスキルだが、これ単体では火力スキルとしては微妙。

そこでブレーキングホイールを併用する。コンビクション(2倍)に、ブレーキングホイール追加ダメージ(2倍)を併用して、インクイジターの主要な火力スキルとしての役割を果たす。

なお、鈍器系の武器を装備した使った場合は追加ダメージが有る(約30%くらい、スキルLVによって差があるかは不明)。

特性スキル効果最大Lv
2ゴッドスマッシュ:強化特性スキルLv1ごとにダメージ1%増加100

コストは50%時点で約550万。75%時点で約4300万。100%時点で約3億3000万に達する。

ジャッジメント

ジャッジメント
7
スキルLvスキル攻撃力消費SP持続時間CD適用人数
14249.910510287
24872.111513
35494.312516
46116.513519
56738.714522
67360.915525
77983.116528
88605.317531
99227.518534
109849.719537
1110471.920540
1211094.121543
1311716.322546
1412338.523549
1512960.724552

魔導書の力を開放し、敵にダメージを与える。命中した際に相手の知能(INT)と精神(SPR)を半減させ、更に魔法攻撃を使った時にSPを2倍消費するデバフまで付与する。(このデバフはボス敵にも通用する)

PvEにおいてはブレーキングホイールやゴッドスマッシュに劣るものの、非常に強力な攻撃スキルである。ジャッジメントは、発動すると7本のミサイルが出てくる。この7本のミサイルは狙った敵に必中するし、敵の数が7匹以下の場合は1匹に複数回ヒットする。

つまり、単体(1匹)相手に使った場合のダメージはLv5で6739*7=47173と、約5万に達する。このため、PvPにおいて人気のあるスキルであり、PvEでも一定の優位性を持っている。

魔法攻撃にかぎらず、こういった遠距離系のスキルは「発動した場所をベース」に相手に命中するかどうかが判定されている。つまり「目視で」ジャッジメントを確認した時、少なくとも致命的なダメージを覚悟しなければならない。

※韓国では実装当時、もっと強い設定だったらしいが次の週にあっさりと弱体化された。

あと、スキル説明文には一切書かれていないのですが、ジャッジメントは実はもうひとつ敵にデバフを掛けている。効果は「相手の持つ魔法攻撃力を追加ダメージとして付与」するものだ。とは言っても期待値は思っているより低い。

ToSのモンスターは強くなればなるほど、元の魔法攻撃力よりスキル倍率に依る攻撃力増加が大きいためだ。Lv300帯の狩場ですら、期待できる追加ダメージは1500~2200程度になる。

特性スキル効果最大Lvその他
8ジャッジメント:マナボン敵にジャッジメントがヒットした時、相手のSPをこちらのSPの一定割合ごとに消費させ、沈黙状態に陥れます。割合は特性Lv1ごとに5%4消費SP+15

SPの消費デバフは割りとどうでもいいが、それ以上に「沈黙状態」が重要です。この沈黙を目当てに取ればいい。なお、沈黙の持続時間は5秒固定であるため、特性Lvは1で十分。コストは64万。

ペアーオブアングイッシュ

ペアーオブアングイッシュ
3
スキルLvスキル攻撃力消費SP埋め込み数OHCD
13176.11151224
23712.21272
34248.31393
44784.41514
55320.51635
65856.61756
76392.71877
86928.81998
97464.92119
10800122310
118537.123511
129073.224712
139609.325913
1410145.427114
1510681.528315

地面にペアーオブアングイッシュ(拷問器具の一種)を埋め込んで、近づいた敵にダメージ(苦痛)を与えるスキル。しかし以下のような特徴がある。

  • 敵の動きをある程度は予測して配置する必要がある
  • ダメージが出る判定がとても狭い

このため…狩り(Grind)では少々使いづらく、どちらかと言うとボス戦やPvPでの使用が狙いになる。ただ、それだけでは味気ないのでもう少しペアーオブアングイッシュについて説明してみる。

  1. スキル攻撃力=ペアーオブアングイッシュそれぞれ1個に設定
  2. スキルLv1ごとに、ペアーオブアングイッシュの設置数が1増える
  3. OHが2なので、スキルLv5時点で10個の梨を設置可能
  4. 発動から実際に梨を設置するまでの反応速度が速い
  5. ジャッジメントと同様に、自分が発動した位置と狙った場所が判定のベースに使われている
  6. 更に、ペアーオブアングイッシュの近くで魔法攻撃を詠唱すると、自発的に梨が飛んでいってダメージを与える

以上の6点から、ペアーオブアングイッシュは非常に強力な攻撃スキルである…。梨1つ1つに設定されたスキル攻撃力が高い上に、魔法を詠唱しただけで飛んで来るのだ。魔法使いを相手にしたPvPでは非常に強力です。

いくつかの動画で確認したが、画面半分くらいの距離なら十分に魔法攻撃を探知していた。例えば、ウィズエレウォが「ダークサージ」を使ったとしよう。自分の周りに5つの悪霊がセットされる頃には死んでいる。

特性スキル効果最大Lv
4ペアーオブアングイッシュ:強化特性スキルLv1ごとにダメージ1%増加100

コストは50%時点で約550万。75%時点で約4300万。100%時点で約3億3000万に達する。

 

「インクイジター」まとめ

inquisitor_finquisitor_m

インクイジターはクレリック史上、もっとも攻撃的なクラスということが分かった。

  1. ブレーキングホイールによる、ダメージの倍加と拡散
  2. コンビクション、ブレーキングホイール、ゴッドスマッシュ、スマイトとの相性は良い
  3. 陽光手で壁を利用してまとめ上げた後にブレーキングホイールも悪くない
  4. ジャッジメントは7ヒットなので単体相手に使うと恐ろしい威力に
  5. ペアーオブアングイッシュもヒット数が多い上、魔法詠唱者を自動探知して致命傷を与えるオプション付き

文句なしに…恐ろしい…。クレリックで攻撃を極めたいなら、R8クラスは「インクイジター」が適任だ。

ビルド構成や、ステ振り

韓国ではだいたい形が決まっているようです。ちょっと紹介しますね。

インクイジターの基礎ビルド
R1クレリッククレリック
R2クレリッククレリック
R3お好きにお好きに
R4パラディン
R5モンクパラディン
R6モンクパラディン
R7モンクお好きに
R8インクイジターインクイジター

まぁ想像通りのビルド…。インクイジターとパラディンを組み合わせるか、あるいはモンクを組み合わせるかの2択が主流ビルドに。

ステータス振りについては「ゴッドスマッシュ」の威力を考慮して、クリティカルを重視するステ振りが多い。

力(STR) 1:2 敏捷(DEX)

体力(CON)は必要に応じて振る。だいたい50~60くらいで良いと思いますが、装備によっても振るべき数値は違ってくる。なお、このステ振りは育成がやや大変なので注意したい。少なくともToS初心者が1stに選ぶ育成ではないかと。

以上、とても攻撃的なクレリック「インクイジター」についてまとめ…でした。

 インクイジターマスター

inquisitormaster
※クリックで拡大

よく見れば気づくが、インクイジターマスターのネックレスは完全に「パラディン」のエンブレムそのものです。つまり、パラディンの最上位クラス=インクイジターという位置づけなのかもしれない。

参考にしたページ

인퀴 및 플닥 트리 정리

팔3 인퀴 기본트리 설명

인쿼 지터 인터뷰

他のR8クラスに関する記事

→ ウィザードR8の補助クラス「エンチャンター」についてまとめ

ジョイントペナルティ呪文書も良いですが、それ以上にエンチャントライトニングに凄まじく可能性を感じるクラス。

→ 評判が芳しくないアーチャー新R8「メルゲン」についてまとめ

PvEにおいては十分に選択肢になりえるアーチャーR8新クラス。AoEによるヒット数増大などに目を向けると、決して雑魚いクラスでは無いと思います。

→ ソードマンR8新クラス「ムルミロ」についてスキル詳細などをまとめ

ドラグーンC2の「デスローン」が注目されがちですが、ムルミロもよく調べると・・かなりえげつない火力を叩き出せる可能性を秘めている。

→ 次元を操るウィザードR8新クラス「セージ」の詳細まとめました

攻撃クラスと見せかけて、実は補助クラスな仕上がり。設置物や召喚物を2倍に増やしたり、任意のマップにワープしたりと、独創的なスキルが多い。

→ 騎兵クラスのアーチャー新R8「ハッカペル」の詳細まとめ

メルゲンと比べると存在感が薄いけど、調べてみるとそこそこ強そうな感じです。しかし、扱いはやや難しい…というクラス。

Sponsored Link