【ToS】ソードマンR8新クラス「ムルミロ」についてスキル詳細などをまとめ

murmillo-master

ソードマン系のビルドで火力重視といえば、今はドラグーンC2あたりが有名…という印象がある。しかし、火力は劣るがビルド単体で「完結」している強さを得やすいクラスが、今後出てきそうだ。

それがR8新クラスの「ムルミロ」。既に海外ではムルミロはソードマンの中ではかなり人気のあるクラスになっている。この記事では、日本では未実装のR8クラス・ムルミロについて、やや詳細にまとめてみます。

Sponsored Link

ムルミロとは

コンセプトは攻撃と防御の両方を限りなく追求したバランス型のソードマン。防御型だが、C3で攻撃にも強くなる「ロデレロ」を更に強化したようなクラスであり、ロデレロとの相性も良い。しかし、やや全体像を説明しづらいので箇条書きでムルミロがどういうクラスなのかをさらっとまとめる。

  1. スワッシュで大量に集敵したものの、そのまま自滅してしまうなんてことも無い(はず)
  2. ヒットアンドアウェイというコンボらしい「コンボ」を楽しめる可能性を秘めている
  3. ロデレロのスキルを強化するスキルがある(ロデレロと相性が良い理由)
  4. 鈍器(打撃属性)との相性が良さそう
  5. ムルミロ単体の攻撃スキルも非常に強力

攻防が完結しており、ソードマンR8クラスの中ではドラグーンC2と並んで優秀なクラスになると思う。もちろん、プレイスタイルに依る部分が多いので一概には言えないが、パーティプレイよりもソロプレイを重視するならムルミロのほうが、若干向いている印象がある。

さて、ムルミロの中身を見ていこう。

カシスクリスタ

1カシスクリスタ
スキルLv効果時間(秒)CD
12400

ムルミロの象徴的スキル。人形兜を身に着けてムルミロの戦闘準備を整える。兜を装備するとムルミロスキルが使用可能になり、敵Mobからのミサイル攻撃と魔法攻撃を回避する確率が増加する。兜を装備した状態で再使用すると、兜を外すようになっています。

ポイントは。

  1. ムルミロのスキルを使用するために使うスキル
  2. カシスクリスタの「特性」によって、一部のスキルが強化される
  3. カシスクリスタ発動中は、移動速度が低下する(数値は不明)
  4. カシスクリスタ発動中は、ミサイル攻撃と魔法攻撃を回避する(Miss)確率が増加する(数値は不明)

肝心の特性は以下の通り。

アイコン特性効果最大Lv
6ペルタスト盾攻撃強化特性Lv1ごとに攻撃力40%増加10
リムブロー
アンボブロー
シールドロブ
アンボスラスト
7ロデレロ盾攻撃強化特性Lv1ごとに攻撃力20%増加10
シールドチャージ
タージスマッシュ
シールドプッシュ
シールドジャビング
シールドバッシュ
8連打攻撃強化特性Lv1ごとに攻撃力15%増加10
バタフライ(ペルタスト)
シューティングスター(ロデレロ)
9ホプライト盾攻撃強化特性Lv1ごとに攻撃力28%増加10
シンクロスラスト

カシスクリスタの特性を最大まで振っておけば、ペルタストの盾攻撃スキルは100%+400%で、5倍の攻撃力に化ける。ロデレロの攻撃スキルであるシューティングスターも、100%+150%で2.5倍に跳ね上がる。

フレンジードスラッシュ

2フレンジードスラッシュ
スキルLvスキル攻撃力対象数消費SPCD
14980.444927
26195.9559
37411.4669
48626.9779
59842.4889
611057.9999
712273.410109
813488.911119
914704.412129
1015919.913139
1117135.414149
1218350.915159
1319566.416169
1420781.917179
1521997.418189

前方に大きく飛び出し、武器を地面に突きつけて周辺の敵Mobに大ダメージを与えるスキル。クールタイム27秒で、OHは無いが・・威力は強い。攻撃タイプは斬り型。なお、攻撃された敵は一時的にスタン状態に陥る。

アイコン特性効果最大Lv
16フレンジードスラッシュ:強化特性Lv1ごとにダメージが1%増加100

イヴェイドスラスト

3イヴェイドスラスト
スキルLvスキル攻撃力AoE消費SPOHCD
14415.7239218
25250.742
36085.745
46920.748
57755.751
68590.754
79425.757
810260.760
911095.763
1011930.766
1112765.769
1213600.772
1314435.775
1415270.778
1516105.781

盾で防御状態になりながら、敵に対して突き攻撃を行うスキル(突き属性)。OHが2回あるので、そこそこ強い。とは言ってもソードマンR1の「スラスト」に似たスキルでもあるため、補助火力的な位置づけになると思っている。余ったザコを処理するとか、そういう感じ。

アイコン特性効果最大Lv
14イヴェイドスラスト:強化特性Lv1ごとにダメージが1%増加100
15イヴェイドスラスト:出血特性Lv1ごとに2%「出血」を与える確率が上昇、効果時間は25秒(特性ON時、消費SP8増加)5

ヘッドバッド

4ヘッドバッド
スキルLvスキル攻撃力スタン時間消費SPOHCD
14276.1345221
25118.749
35961.353
46803.957
57646.561
68489.165
79331.769
810174.373
911016.977
1011859.581
1112702.185
1213544.789
1314387.393
1415229.997
1516072.5101

敵に頭突きをしてダメージを与えるスキル(打撃属性)。一定確率で敵はスタン状態に陥ることもある。ちなみに、カシスクリスタを使っていない状態で使うと自分もスタン状態になってしまうので注意。

なお、頭突きというモーションからは想像できないが、攻撃範囲それ自体は割りと広いようで、ヘッドバッドのスタン効果を上手く使っているムルミロマンはよく見かけます。

アイコン特性効果最大Lv
12ヘッドバッド:強化特性Lv1ごとにダメージが1%増加100
13ヘッドバッド:追加ダメージヘッドバッドで攻撃された敵は10秒間、打撃属性に対して脆弱になる。この時、追加ダメージを特性Lv1ごとに10%追加する。ON時、消費SP9増加。5

思ったより、ほんのちょっとだけ広い攻撃範囲と、3秒間のスタン効果以外に、ムルミロがヘッドバッドを使う理由が特性にある。「ヘッドバッド:追加ダメージ」だ。性能は見ての通り。

スキュータムヒット

5スキュータムヒット
スキルLvスキル攻撃力AoE消費SPOHCD
14823.4345330
2563849
36452.653
47267.257
58081.861
68896.465
7971169
810525.673
911340.277
1012154.881
1112969.485
121378489
1314598.693
1415413.297
1516227.8101

ムルミロの持つ、範囲攻撃スキル。盾の端を掴み、大きく振り回して前方の敵にダメージを与える(打撃属性)。CD30秒で、OH3と、使いやすい。スキュータムヒットは打撃属性であるため、ヘッドバッドの追加ダメージ特性と非常に相性が良い点も優秀。

アイコン特性効果最大Lv
10スキュータムヒット:強化特性Lv1ごとにダメージが1%増加100
11スキュータムヒット:スタン特性Lv1ごとに敵に対して3%の確率で、2秒間スタン状態(ON時、消費SP11増加)3

「スキュータムヒット:スタン」で、おまけ程度にスタン効果も出せるようになる。

クラス特性「腕甲冑強化」

アイコン特性効果最大Lv
17ムルミロ:腕甲冑強化25%の確率で、特性Lv1ごとに敵から受けるダメージが10減少10

 

「ムルミロ」まとめ

murmillo_mmurmillo_f

スキル内容をこうしてまとめて分かったこと。それは「攻防に優れている」というよりは、攻撃スキルが多めのクラスで、防御の部分を活かすためには当然ながらビルド構成が非常に重要になってくるということ。

  1. カシスクリスタによって、ただでさえ頑丈なロデレロが更に堅牢に
  2. カシスクリスタによる、ロデレロ系のスキルの大幅なダメージ強化
  3. ヘッドバッドのスタン状態に対する追加ダメージ50%
  4. 全体的に強い攻撃スキル(フレンジードスラッシュは癖が強いが)

これで一通り、ムルミロの中身は分かってきた。ムルミロの内容で他のクラスに触れるのはどうかと思うが、やっち個人としてはやっぱりカシスクリスタによるスキル強化が気になるところ。何が気になっているかというと・・・。

カシスクリスタの「連打攻撃強化」によって、ロデレロのシューティングスターは2.5倍に化けます。「スリザリング:追加ダメージ」と「ハイキック」のデバフで打撃属性のダメージが7.5倍。更に「ヘッドバッド:追加ダメージ」で11.25倍。極めつけに隠しクラス「シノビ」の分身術を組み込むと、56.25倍に化ける。ボスに対して瞬発的なダメージを出すのに優秀と考えている。

※日本版ToSでは、シューティングスターが分身に対応していないらしいので、この爆発コンボを使えない可能性があります。

他にも、ウィザードのレサジーによる打撃属性追加ダメージなども組み込めば威力は更に半端ないことになると思われる。(もちろん、計算上の話なので実際はどうなのか分からない)

以上、ムルミロのスキル詳細と、やっちなりのムルミロに対する考え方でした。

 追伸

ムルミロマスターは、おっさん系になると勝手に思っていたのですが・・・美女でした。

murmillo-master
※クリックで拡大

他のR8クラスに関する記事

→ ウィザードR8の補助クラス「エンチャンター」についてまとめ

ジョイントペナルティ呪文書も良いですが、それ以上にエンチャントライトニングに凄まじく可能性を感じるクラス。

→ 評判が芳しくないアーチャー新R8「メルゲン」についてまとめ

PvEにおいては十分に選択肢になりえるアーチャーR8新クラス。AoEによるヒット数増大などに目を向けると、決して雑魚いクラスでは無いと思います。

→ ものすごく攻撃的なクレリック「インクイジター」についてまとめ

「異端審問官」の名を持つ、とても攻撃的なクレリックです。PvP、PvE、PTプレイ共に活躍できるバランスの取れたクラスに仕上がっている。

→ 次元を操るウィザードR8新クラス「セージ」の詳細まとめました

攻撃クラスと見せかけて、実は補助クラスな仕上がり。設置物や召喚物を2倍に増やしたり、任意のマップにワープしたりと、独創的なスキルが多い。

→ 騎兵クラスのアーチャー新R8「ハッカペル」の詳細まとめ

メルゲンと比べると存在感が薄いけど、調べてみるとそこそこ強そうな感じです。しかし、扱いはやや難しい…というクラス。

Sponsored Link