「魔法付与スクロール」で付与されるオプションと詳細まとめ

tos-enchant-scroll

Tree of Saviorの正式サービス開始で、さっそくギャンブル要素満点の「魔法付与スクロール」というアイテムが実装されました。これ、マビノギには「細工道具」という形で実装されていた魔の課金アイテムなんです。

マビノギで「儲かる」ことが分かったので、今回のサービスでは最初から中毒性の高い課金アイテムの投入という形に。

 更新

2016/11/09 魔法付与オプションが上方修正されたので、それに合わせて内容を修正しました。

Sponsored Link

ギャンブル課金「魔法付与スクロール」

1

単品で買うと80円。10個入りを買うと640円と、かなりオトクな設定になっている。買うなら10個入りでオススメ。「なんか良いのつくかな~」という気持ちでやるとアッサリやられます。

魔法付与スクロールで出来ること

14

魔法付与スクロールはヘアコスチュームに「魔法」(正式にはエンチャントオプション)を付与できるんです。まぁ、ややこしいので「オプション効果」だと思っていいです。オプション効果は最大で3つ付与され、内容は様々なモノが用意されている。

内容 / 個数123
ゴミかんたんむずかしいおに
普通ふつうおにおに
使えるむずかしいおにおに
おにおにおに

ただ、色々なオプションがあると言っても現実はこうなっている。オプションが3つ付与されるだけでも相当な「運」を要する。優秀な性能を持ったオプションが1個付与される場合も「運」が相当にいる。

幸い、ヘアコスチュームは3つまで装備できるので、神オプションが1個付与されたらそこで終了して、他のヘアコスチュームにつける形で良いオプションを3つ装備することは可能だ。まぁ、ガチ勢の中ガチ勢は一つの装備に2つはつけようとするかもしれませんが。

 

付与されるエンチャントオプションまとめ

魔法付与スクロールというガチャを回す前に、一応その中身を知っておくべき。だと思っているので、どんなエンチャントオプションが付与されるのかを調べてみました。念のため、国際版ToSの仕様書と、韓国版ToSの2つのソースにあたってまとめた。

StatMinimumMaximum
HP383803
HP Recovery2856
SP76150
SP Recovery2142
PATK2145
PDEF611
MATK2142
MDEF611
Magic Amplification2142
Critical Attack3266
Critical Resistance714
Critical Rate714
Accuracy714
Evasion714
Elemental Attack1533
Elemental Resistance1528
AOE Attack Ratio11
AOE Defense Ratio11
MSPD11
ToS Mechanics.pdfより

国際版ToSでは、このような仕様になっている。ただ、英語だと少し分かりづらいので日本語訳に。

オプション効果最小最大
HP383803
HP回復力2856
SP76150
SP回復力2142
物理攻撃力2145
物理防御力611
魔法攻撃力2142
魔法防御力611
魔法増幅2142
クリティカル攻撃力3266
クリティカル発生714
クリティカル抵抗714
ブロック714
命中714
回避714
属性攻撃力1533
属性抵抗力1528
広域攻撃比率11
広域防御比率11
移動速度11

2016年11月9日、オプション効果が上方修正

「HP」「SP」「物理攻撃力」「魔法攻撃力」「魔法増幅」「クリティカル攻撃力」「属性攻撃力」「属性抵抗力」が3倍に。「物理防御力」「魔法防御力」が10倍。「広域防御比率」は1→4に。それ以外は特に変更なし。

オプション効果最小最大
HP11492409
HP回復力2856
SP228450
SP回復力2142
物理攻撃力63135
物理防御力60110
魔法攻撃力63126
魔法防御力60110
魔法増幅63126
クリティカル攻撃力96198
クリティカル発生714
クリティカル抵抗714
ブロック714
命中714
回避714
属性攻撃力4599
属性抵抗力4584
広域攻撃比率11
広域防御比率44
移動速度11
※炎、氷、雷、毒、地、聖、闇の7種類

魔法付与スクロールで与えられるエンチャントオプションはこれだけある。全部で31種類(属性を含めて)もあるため、狙ったオプションが付与される確率は約3%程度しかない。しかも、一部のオプションは極端につかない設定になっているらしい。

では、どのエンチャントオプションが付与されると良いのか。これは職業や主観によってある程度変わるけれど、詳細とともにまとめてみた。

評価オプション効果有用性
上書きしていいクリティカル抵抗敵Mobからクリティカルを受けることがあまり無いので微妙。
属性抵抗あまり役に立たないので微妙。
SPそもそも増加量少ない上、増加量はマシになったが、それでも職業を選ぶ。
広域防御比率非常に微妙・・・。大外れです。
命中付与される数値が小さすぎるので微妙。
回避こちらも命中と同じく、微妙。
悪くはない物理防御力増える数値が少なすぎるので微妙。100くらい付与されるようになったため、そこそこ使えるかと。
魔法防御力増える数値が少なすぎるので微妙。100くらい付与されるようになったため、そこそこ使えるかと。
HP回復力アニマスを装備するなら選択肢としては、まぁアリかな・・というレベル。
魔法増幅魔法増幅で増加する攻撃力は期待値ベースでは魔法増幅*50%なので、良い数値がつかないと微妙。上方修正で良い数値がつくようになったが、魔法攻撃力も上方修正されたため、やはり付与するなら「魔法攻撃力」を狙いたいところ。
クリティカル攻撃力クリティカルが出やすいキャラなら悪くない。(DEX極なら恩恵はある)
属性攻撃力単品ではイマイチな性能だが、複数付与されると美味しいオプション。
SP回復力職業によっては悪くないが、人それぞれ考え方によるところ。
優秀HP4桁単位でHPが伸びるためとても使い勝手が良い。サブキャラ育成にもいいと思います。
クリティカル発生使いやすい。STR型のキャラでも、期待ダメージの上昇が見込める。DEX型なら相当の当たりです。
物理攻撃力付いたら当たりです。これも今は3桁が付与されるので、本当に使いやすい。
魔法攻撃力付いたら当たりです。こちらも3桁が付与されるので、できれば魔法増幅よりもこっちを狙いたいです。
神OP移動速度(確率的に)神オプションの一つ。付けばスゴイが、自分で使ってみて「別にいらないかな・・」と思ったら、欲しい人に売るのがオススメ。
広域攻撃比率神オプション。攻撃のヒット対象数が1増える。スキルのAoEとも合算されることがあるので有用です。(特にメルゲンなどと相性は良いかと)

とりあえず、簡単に言ってしまえば万人におすすめのエンチャントオプションは「攻撃力増加(魔法)や、クリティカル発生、HP増加」あたりです。このあたりが2個付与されれば上等。3個も付与されたら「強運」と思っていいです。

そして神OP(神オプション)の部類ですが、やっちとしては付与されたら妥当な値段で売ってしまうと思います。その売った代金で、もっと良い武器や防具を買ったほうがコスパが良いですから。

もちろん、既に装備が十分に揃っている人なら売らずに自分で使ってしまってもいいと思う。

Sponsored Link

魔法付与スクロールの現実

ちょっと「おまけ」を。「攻撃力増加や、クリティカル発生、HP増加」あたりが付与されれば良いなんて書いたが、実際のところ・・想像以上に付与されないんですよね。

1回目

5

毒属性抵抗力22

2回目

6

SP113

3回目

7

回避11

4回目

8

地属性抵抗力20

5回目

9

HP回復力37

6回目

10

SP123

7回目

11

HP回復力48

8回目

11-1

SP145

9回目

12

命中13

10回目

13

HP599

640円使って、HP+600で決着。2オプションは1度も無し。ご利用は計画的に・・・。

 

Sponsored Link