【ToS】敵とのレベル差による経験値の減少ペナルティ

penalty

2016年9月13日に国内版Tree of Saviorにとある調整が入りました。それは「レベル差」に関する仕様変更でした。この仕様変更の告知でToSのレベル差による経験値の減少ペナルティの存在がハッキリしたのでちょっとまとめます。

Sponsored Link
 追記

敵Mobとのレベル差ですが、公式の告知では「自分よりレベルが高い場合」となっており、自分より低い場合にどのようなペナルティがかかっているか不明なので、その点を考慮して文面をやや修正しました。

従来のレベル差の仕様

レベル差(自分より上)入手経験値
20100%
2195%
2290%
2385%
2480%
2575%
2670%
2765%
2860%
2955%
3050%
3145%
3240%
3335%
3430%
3525%
36
37
38
39
40

レベル差に関しては色々な情報がありましたが、レベル差がかなりあっても経験値は入ることが多かった。それもそのはず、従来の仕様は「敵Mobとのレベル差がどれだけ広がっても経験値の25%が入る」というものだったのです。

実を言うと、この仕様に関しては特に問題を感じない。ToSは「オンライン」ゲームですからね。複数人で遊んだら経験値がまずくなる今の主流となっている仕様は正直疑問です・・・。ですが、論理的な理由も一応は理解できるから悲しい。

新しいレベル差の仕様

レベル差(自分より上)入手経験値
20100%
2195%
2290%
2385%
2480%
2575%
2670%
2765%
2860%
2955%
3050%
3145%
3240%
3335%
3430%
3525%
3620%
3715%
3810%
395%
400%

今日の仕様変更でこうなる。敵Mobのレベルが自分よりも40以上高い時、経験値は一切入らなくなる。これは高レベルプレイヤーによる、効率の良い養殖を完全にオワコン化させる仕様ですね。

今回の仕様変更の目的

やっちは実際にやったことが無いので分からないのですが、実はToSに登場するモンスターはLvが高ければ高いほど、経験値も累乗式に美味しくなる・・ということが無いんです。データベース上はLv70台のモンスターの経験値と、Lv160台のモンスターの経験値には、圧倒的な大きな開きが存在しない・・・。

しかし、これを逆手に取ったのが従来の仕様です。レベル差が40以上あっても経験値は25%も手に入る。ということは、1匹あたりの経験値にそこまで大きな差がないのなら、レベルの低い狩場で狩りをすれば効率が良い。ということになるはずだ。計算上は。

この問題点はレベルの高いプレイヤーによる下位狩場の荒し行為に繋がるということ。まぁ、今のこの時代に狭苦しいマップを作る方もどうかと思いますが、ToSのマップは狭いですから圧倒的な力を持ったプレイヤーが1人来ただけで圧制です。

※追記 公式の告知は「自分よりもレベルが高い場合」なので、このように自分よりも低い場合はどうなるのか不明です。そのため一旦横線を引いておきます。

で、Lv差が40あっても25%入る仕様だと、もう一つ問題がある。RMT業者のレベル上げ代行です。黒い砂漠にも同じようなことがあって、最初は養殖でサブキャラ育成がものすごく捗ったんですが、その後Lv差が6で経験値がゼロになりました。

純粋にサブキャラ育成の効率化を行っていた善良なプレイヤーからすれば非常に迷惑な話です。MMO業界では、ユーザーが便利だと思っていた仕様や機能が消えることがよくある。犯人は間違いなくRMT業者。

まとめると・・。

  1. ハイレベルプレイヤーによる下位狩場の荒らしを予防するため
  2. RMT業者によるレベル上げ代行を防ぐため

だと思いますね。7~8年前はRMTがクローズアップ現代に取り上げられるような時代でしたが、こうして何年も繁栄する産業になるとは思ってもいなかったよ。

インスタンスダンジョンの回数制限だの、フィールドよりもIDの方が美味しい設定や、ユーザビリティの「ユ」の字もない使いづらい取引所、そして今回の経験値分配ルールの変更。RMTはMMOの病巣。ガンですね。

本来ならネクソンが24時間体制で、GMが手動で見張って手動で取り締まりをして欲しいところですが、ネクソンって知っての通り「ネクソンクオリティ」な企業なので、そういうのは期待できない。

だからゲームシステムの段階でRMTを排除しようとする動きが最近流行っているんですが、ToSの場合は中途半端なので結局ババを引かされているのは善良なプレイヤーだ。

ちなみにゲームシステムの段階でRMTをめちゃくちゃ排除しているのが「黒い砂漠」です。あれだけ徹底したシステムは珍しい。それでもなんとかRMTをしようと隙を突いてくるRMT業者は、もう、すごいとしか言えない・・。

Sponsored Link