ややこしいToSのダメージ計算式を可能な限り分かりやすく解説

ToS-damage-Formula

Tree of Saviorのダメージ計算式は正直に言うとものすご~く分かりづらい。と、数学が嫌いなやっちは思いました。とにかくややこしくて分かりづらい。そんなToSのダメージ計算式を可能な限り分かりやすく解説してみようと思った。

ダメージの中身を知ることは、ステ振りでSTRとDEXどっちにするかを考える上でも大事だからね。

Sponsored Link

Tree of Saviorのダメージ計算式

(
(
( ( (スキル威力+攻撃力)+(ランダム0%~100%×魔法増幅) )×(100%+T0))

( ( (防御力-防御力デバフ)×(100%+レベル補正)+(0or50%)+(属性抵抗) )
)
×
(100%+0% or 50%(クリティカル時))

(クリティカル攻撃力(クリティカル時))+(追加属性攻撃)+(追加種族ダメージ)
)
×
(100%+T1)×(100%+属性相性)×(100%+タイプ相性)×(100%+スキル強化特性)

固定追加ダメージ

by 日本Wiki

これを初めて見た時、正直に言ってとても頭が困惑した。分かりづらい・・と数学オンチのやっちは思ったので、分かりやすく解説していく。

5

ものすごく簡単にダメージ計算式を示すとこのとおりだ。

6

クリティカル発生時はこうなる。つまり・・。

基本ダメージから、敵の防御力などを引いて、その他いろいろとあるダメージ倍率を掛け算して、クリティカルが発生した場合はクリティカル倍率を掛け算する。これがToSのダメージです。

さて、次は基本ダメージの「中身」など、更に詳しくToSのダメージ計算式を深掘りしていく。

基本ダメージ

1

簡単に言うと「攻撃力+スキルの威力」が基本ダメージになる。魔法攻撃の場合は、装備などで追加できる「魔法増幅」の分も加算される。最後に「基本ダメージ追加」(※1)というパラメータを掛け算する。

攻撃力

1

ステータス「力」による上昇分や、武器の攻撃力を合計したステータス。

スキル威力

3

スキルのダメージ量のこと。通常攻撃(Z)はゼロ。

魔力増幅

2

魔力増幅とは、主に装備のパラメータ値のこと。例えば魔力増幅が10あると、魔法攻撃力+(魔力増幅 * 0~100%)とダメージが加算される。まぁ、魔力増幅の50%が追加されると思っておけばいいかと。

※1 スプリットアローのバウンド攻撃、スカイライナー出血対象への攻撃、カーターストロークの追加攻撃

相手のダメージ抵抗

2

次は基本ダメージから、敵の防御力などを差し引く必要がある。簡単にイメージすると、基本ダメージ1000だけど、敵の防御力が500だったら、与えられるダメージは500に減るよね。という話です。

防御力5

実際には見えませんが敵(Mob)にも自キャラと同様に、物理防御力が設定されています。基本ダメージが100で、相手の防御力が50なら、与えるダメージは50に減ってしまいます。

防御力デバフ

4

防御力を減らすバフ効果のこと。

属性抵抗

6

物理防御力と同様、これも見えませんが敵(Mob)に設定されています。

レベル補正について

相手が自分よりもレベルが5高い場合、( レベル差 - 4 ) × 10%の分だけダメージが減ります。

レベル差ダメージ減少
40%
510%
620%
730%
840%
950%
1060%
1170%
1280%
1390%
14100%

表にしてみるとよく分かる。計算上はレベル差が14になると敵にダメージを与えられないということに・・・。レベル差は侮れない。

その他のダメージ倍率

4

その他のダメージ倍率は少し複雑な中身になっています。

  1. 「クリティカル攻撃力 + 追加属性攻撃 + 追加種族ダメージ」
  2. 「100% + スキルダメージ追加」*「100% + 属性相性」*「100% + タイプ相性」*「100% + スキル強化特性」
  3. 「固定追加ダメージ」

この3つのセットがあって、1 * 2 + 3の合計が「その他のダメージ倍率」として計算される。中身を順番に詳しく解説していく。

クリティカル攻撃力

7

主に装備で増えるパラメータ。クリティカル発生時のダメージが増えます。

追加属性攻撃

8

これも装備などで大幅に追加できるパラメータ。

 

追加種族ダメージ

9

種族やサイズ(中型、大型)に対する追加ダメージのこと。

スキルダメージ追加

実は詳細がまだ分かっていません。知っている方がいれば教えて下さい。

職業スキル追加量
クォレルシューターストーンショット50%
ハンターラッシュドッグ50%
サッパークレイモア200%
エレメンタリストメテオ300%
サドゥーエクスプロージョン150%

現状はこの5つのスキルにスキルダメージ追加が入っています。

属性相性

防御側属性
攻撃側属性
50%ダウン50%アップ
50%アップ50%ダウン
100%アップ50%ダウン50%ダウン
50%ダウン50%アップ
50%アップ50%ダウン
100%アップ
100%アップ

例えば、アルデダガーで炎属性を150ほど増やしたとしよう。この時のダメージは同じ炎属性のモンスターに対しては50%半減して75になるが、氷属性のモンスターに使えば1.5倍になって225相当となる。

タイプ相性

防御の種類クロースレザーチェーンプレート
攻撃の種類
50%アップ25%ダウン25%ダウン
25%ダウン50%アップ25%ダウン
25%ダウン50%アップ25%ダウン
50%アップ

攻撃と防御にはタイプ属性が設定されている。

11

例えばクリーブには「斬属性」が設定されているので、クロースタイプの敵に使えばダメージが大きめに出るということだ。

スキル強化特性

10

スキルを特化することで追加されるダメージのこと。お金を積めば積むほど威力を高められるが破産に注意したい。

※スキルによって違うが、このスキル強化特性は最大でLv100まで用意されているスキルもある。つまり、最大2倍のダメージに出来る可能性がある。

固定追加ダメージ

12

ブレッシングやコンセントレイトなどのスキルで追加できる「追加ダメージ」のこと。

※ブレッシングは+15~170、コンセントレイトは+5~126です。(スキルランクによる)

クリティカルダメージ

3

クリティカル発生時にはダメージが1.5倍(プラス50%)される。クリティカルはプレイヤーのクリティカル発生や、敵側のクリティカル抵抗によって発生確率が変わってくる。なお、魔法攻撃にはクリティカルが発生しない。

Sponsored Link

ダメージ計算式をもう一度

6

ということで、中身を紹介すると非常に複雑でややこしいが、大雑把に言えばこのように簡単な計算式です。・・・まだ難しかったりするかな。

イメージしやすいように簡単な式を

7

とりあえず覚えておけば良いのは、こういうこと。

8

クリティカルだと、こうなる。この簡単な式を使って実際にダメージを計算してみよう。

「攻撃力100で、クリーヴLv5をケッピーに使った場合のダメージ」

攻撃力100 + クリーヴLv5で584 – ケッピーの防御力2 = 682

簡単だね。

「攻撃力100(クリティカル攻撃力100)で、クリーヴLv5をケッピーに使って、クリティカルヒットした時のダメージ」

攻撃力100 + クリーヴLv5で584 – ケッピーの防御力2 * 1.5 + 100 = 1123

と・・なる。

 

STR極振りとDEX極振りのどちらが強いのか?

これもダメージの計算式をよく見ればわかります。

8

クリティカルが計算に加わるのは一番最後の方です。ということは同じダメージ量でも、与え方によって期待ダメージの合計が変わってしまう可能性が高いですよね。実際に計算してみよう。

攻撃力スキル威力防御力クリティカルダメージ
02001501.575
02001501.575
02001501.575
02001501.575
02001501.575
5回合計375

攻撃力ゼロで、スキル威力が200*5ヒットのスキルを使うとしよう。敵の防御力は150。この場合、スキルがヒットするたびに防御力が差し引かれるため、合計ダメージが少なくなってしまう。

攻撃力スキル威力防御力クリティカルダメージ
010001501.51275

しかし、一度に1000のダメージを与えるスキルなら、防御力が差し引かれるのは1回だけで済む。そのため、期待できるダメージが一気に伸びるのだ。ここから分かる答えは簡単です。

威力の小さいダメージを何度も繰り返すスキルを使う職業なら「STR極振り」の方が、期待できるダメージが大きい。逆に一撃の威力が高いスキルを使う職業なら「DEX極振り」の方が期待できるダメージが大きい。

攻撃力スキル威力防御力クリティカルダメージ
3002001501350
3002001501350
3002001501350
3002001501350
3002001501350
5回合計1750

さっきダメージ合計量で負けてしまったが、クリティカルを捨ててSTRを振って攻撃力を高めた結果、合計ダメージが大幅に回復。

攻撃力スキル威力防御力クリティカルダメージ
30010001501.51725

今度は負けてしまったDEX型。一撃のダメージが小さい多段スキルを使うならSTRを重視したほうがダメージが高い。一撃の威力が大きいスキルを使うなら、やはりDEX型ということだ。

 魔法攻撃について

魔法攻撃はクリティカルしない仕様なので、DEXには割り当てずにINTに極振りです。あとは死なない程度に体力(CON)にも振っておくくらい。

 ちょっと釈然としない部分をメモ

Excelで色々と計算してて、STRとDEXどっちがベストなのかよく分からなくなって来たんだけど、要するに「効率の問題」何だと思います。

すごく極端に分かりやすく言うと、スキル威力5000(一撃)のスキルがあるとします。DEX型で100%クリティカル出るようにしたら、期待ダメージは7500になる。

じゃあ、その7500にSTR型で追いつこうと思ったら、めちゃくちゃSTR振らないと全然追いつけないということになる。一撃がでかいスキルで、同じパフォーマンスを出そうと思ったら、DEX型の方が効率が良い・・かもしれないって話です。

つまるところ、一撃の威力が大きいほどクリティカルの+50%の増加量が大きくなる。その差をSTRで埋めるのが難しくなるので、一撃が強いほどDEXの方が効率がいいということ。現時点ではこれで良しとしておきます。

まとめ

6

自分の攻撃力とスキル威力から敵の防御力を引いてその他(属性相性とか、種族追加ダメとか、なんか色々)を掛け算してクリティカルしたら1.5倍してクリティカル攻撃力を足す

以上、Tree of Saviorのダメージ計算の説明でした。

Sponsored Link