スキル特化で戦闘を楽にする方法まとめ【黒い砂漠】

Top

2016年7月20日に「スキル特化」というシステムが実装されました。もともと闇の精霊の「スキル覚醒」というシステムだったのが、スキル教官のシステムへと移り変わり、仕様もいろいろと変わってしまった。この記事ではスキル特化のやり方についてまとめます。

Sponsored Link

 

スキル特化とは?

スキル特化とは、その名の通り特定のスキルに追加効果を付与して特化し、戦闘を楽に進めるためのシステム。それなりに強力な効果なので、やっておいて損はない。

 

スキル特化のやり方

1

まずはスキル教官に会う。

11

NPC検索に「スキル教官」と入力すれば、大量のスキル教官が出てくる。近場の教官にあえばいい。

2

その中に「スキル特化」とあるので開きます。

スキル特化の設定

3

スキル特化はこんな感じになっている。一般スキル3個、覚醒武器スキル3個と、合計6個のスキルにしか設定できない。枠はレベルが上がるごとに解除されていき、一番最初がLV50です。

LV解除
50一般スキル1
52一般スキル2
54一般スキル3
56覚醒武器スキル1
58覚醒武器スキル2
60覚醒武器スキル3
4

一つのスキルに付き、2つのスキル特化を設定できる。注意したい点は、一度設定してしまうと再設定には「記憶の欠片」が一つ必要になること。結構お高いアイテムなので。

5

選べるスキルは結構多いので悩むところ。しかし、3個までしか設定できないので慎重に選ぶ。基本的にはよく使うスキルに設定すればいいが、スキル特化はそのスキルが発動すると同時にバフ効果として発動するため、発動させるためのスキルとして選んでも良いのかもしれない。

6

スキルを選んだら、次は効果を選択していく。以前は完全にランダムでしか選べなかったものが、今はこうして選べるようになっている。しかも1つのスキルに2つも。ただね、この特化内容が実質的に決まりきってるんですよね。

 スキル特化の重複について

あくまでもこれは「バフ効果」なので、既に発動しているバフ効果に後から同じバフを載せても重複しません。例えば、シールドスローに「自キャラ8秒間、モンスター攻撃力20増加」を設定して、断罪の剣に同じく「自キャラ8秒間、モンスター攻撃力20増加」を設定したとしても、この2つは重複しないということです。

7

例えばシールドスローだとダメージ重視なんだから、

  1. 自キャラ8秒間、モンスター攻撃力20増加
  2. 自キャラ9秒間、全てのクリティカル確率20%増加

このように、選ぶオプションは確定してるんですよね。多様性はかなり失われてしまった感がある。

8

無事、スキル特化が完了した。この調子で残っている枠にもスキルを設定していくだけ。

9

なお、スキル特化を付与するとスキルの説明欄に「スキル特化能力」と表示が追加されます。

スキル特化はバフ効果

10

未だにちょっと謎なんだけど、このスキル特化って別にスキルを特化しているわけでも無いんですよ。単に設定したスキルがバフ効果発動のトリガーになるだけなんだよな。

発動のためのスキル・・でもいいかなと思いつつ、再設定のコストが高いのでやっちはとりあえず、よく使うスキルに特化を設定しておきました。

クリフのスキル特化教本(30日)

12

この課金アイテムを使うとスキル特化の再設定が自由になるんですが、1000円を出す価値はあるのかな・・。

 

スキル特化のまとめ

つまり、スキル特化ってバフ効果を発動させるスキルを選ぶって感じのシステムなんですよね。「自キャラ8秒間、モンスター攻撃力20増加」というバフ効果をどのスキルで発動させようか。そんな雰囲気です。

正直に言うと前の仕様のほうが良かったです。色々と効果もあったし、設定できるスキルも多かったし。まぁ今の仕様も「楽」という点では評価できるか。何かと腑に落ちないのが、スキル特化といいつつ単なるバフ効果ってところが気に入らないこと。

以上、スキル特化でした。

Sponsored Link