GTX950に換装したら想像以上に黒い砂漠が快適な動作になった話

41CmiGtInAL._SL300_

GTX960の下方互換としてGTX950が登場。したものの、その売れ行きは他のハイエンドGPUと比較してイマイチパッとしない状況が続いている。いわゆる、あと何千円出せばあれが買える。というノリがあるせいで、微妙に売れづらい立ち位置なんだろう。

黒い砂漠の最高画質にいくら投入すべきか

そんなわけで、やっちは昔から微妙なラインのグラフィックボードを買う傾向にある。黒い砂漠を確実に快適な環境で楽しみたいなら、変なリスクを取らずに黒い砂漠の推奨スペックが書いてあるサイトの言うとおりに、GTX970などを積んだハイエンドBTOを買えばそれで済む話です。平気で10万円超えてるけどね。

が、やっちは人の言うとおりに買ってしまうのはなんだか怖いので、色々調べたりした結果、黒い砂漠にCore i7なんて必要ないことが分かったし、案外他の推奨スペック系のサイトが言うように、GTX970以上のハイエンドGPUを積まなくても、黒い砂漠程度のゲームなら普通に最高画質で動くのではないか・・と。

こう思ってしまうわけです。でも、もしもGTX950という2万円以下のミドルエンドGPUで黒い砂漠が最高画質で動いてしまうという事実が判明すれば、GTX970以上を求めることは単なる自己満足になる。ということで、GTX950を買ってみたんだよ。

Sponsored Link

 

ミドルエンドGPU、GTX950を買った

GTX950は約2万円くらいで購入可能で、選べば16000~17000円という低価格なモデルも見つかってしまう。

やっちが購入したのは、このPalit社製のモデル。そこは普通MSIでしょ、とか言われそうだけど、MSIのあの赤いドラゴンのモデルはまずハズレじゃないことを知ってるので、今回はちょっとマニアックな製品に手を出してみた。

Palitとか、自作をやっていないとほとんどの人は知らないメーカーだと思います。

お値段は18680円。GTX950の中では安い部類。GTX950と960で、何度か迷ったけれどGTX960を買う人はどうやらVRAMが4GBのモデルを購入する傾向があるようで、2GBモデルならGTX950に軍配が上がっているように見えたので、950で確定した。

やっちの用途だと、別にVRAMが4GBとか要らないんですよね・・。

そして、GTX950の中でも、このPalitのモデルを選んだ理由は、このファン部分の青い色調の板が気に入ったから。ケースのフタを閉めてしまえば、まぁどうでもいい部分ですけど実際に金を出すとなると色にこだわりたくなる不思議。

接続端子は、HDMI、Display Port、DVI-I、DVI-Dと、とりあえずはフル装備。あ、D-SUBが無いですね。今となってはマイナーな端子なのかな。

中身はこんなん。LORD of VERMILIONとかいう知らないMMOのシリアルコードと、このグラボの説明書(読まないけど)と、ドライブCD。

GTX950に換装することになったので、今まで使ってきたGTX460は退役。

購入した当時は、約14000円もするような、そこそこのミドルエンドだったんだが、今となっては探せば2000~3000円で買えるようなローエンドGPUという扱い。時代の流れは怖い。

しかも、このGALAXYのGTX460モデル、VRAMが768MBしか無いんだよね。カルフェオンを馬で走ると、メモリー不足でカクカクです・・。

端子がDVI-I2個とHDMIだけ。

 

GTX950の性能

まず、これが換装前のGTX460。

テクスチャとグラフィック品質の両方をMiddleにすると、そこそこに重たい。狩りをする時はどちらもLowくらいに落とさないと、正直しんどいという性能だった。FPSも30は出ないし。

で、これが換装後のGTX950。

さっきと同じ設定でも、FPSはほぼ30で安定している。30以上出ないのは仕様なのかな。

その後、テクスチャ品質をHighにして、グラフィック品質をVery Highにしてみた。

ここが驚いたところで、ミドルエンドだからせいぜい両方Highくらいで安定するのがオチなのかな・・と思ってたんだけど、VeryHighまで上げても普通にFPS30出すんだよね。

この設定でカルフェオンを全速力の馬で走ってみたけど、まったくカクカクせずに安定動作してみせるGTX950。VRAMが768MBから、約3倍の2048MB(2GB)に増えたのが効いていると実感した。もちろん、GPU本体の性能向上もあると思いますが。

 

結論、黒い砂漠はGTX950で十分に推奨スペックを満たす

すごいですね。時代の変化というべきか。GTX460を購入したのが4年前の2011年。当時のGTX750ti相当のモデルだったけれど、今では通用しない性能ということに。

そもそもVRAMが768MBというのが厳しい。そして、GTX950。やっちが最近自作を手伝った人に、R9 290(VRAM 4GB)を載せている人がいて、その人の黒い砂漠を見せてもらったけれど、まぁすごかった。

WQXGA(2560*1600)というHD画質よりも一回り大きいディスプレイサイズで、VeryHighをFPS40~50で安定動作させてしまう性能。最高仕様だと戦闘をすると、少し厳しそうだったけれど、やはり3万円を超えるハイエンドGPUはすごい。

でも、現実的に見て、VeryHigh画質で戦闘中もカクカクせずにプレイできれば十分なんじゃないかな・・と思ってる。そして、今回チョイスしたGTX950は、2万円を切るミドルエンドにも関わらず、VeryHigh画質で戦闘中もストレス無く狩りが出来ることを証明してみせた。

GTX970や、果てはGTX980tiなどをおすすめしている推奨スペックがあるけれど、ホントあれって謎だな・・。一般的なゲーマーが求める水準であれば、GTX950で十分に黒い砂漠を安定動作させる性能を満たしている。

もちろん、黒い砂漠を4K画質・最高仕様・60FPSで安定動作させたいという目的があるのなら、当然GTX950では性能不足で、980tiが必要になるかもしれない。

やっちは黒い砂漠を、HD画質・High+VeryHigh・20~30FPSで安定動作できれば満足なので、今回のGTX950は大変コスパの良い買い物だったと思ってる。

ASUS製のGTX950。VRAMは普通に2GBで、このモデルは補助電源を一切必要としないところが魅力かと。ボード長は22cmなので、普通。現状、これ以下のGPUを使っていて黒い砂漠の動作に不満があるなら、間違いなく良い買い物になるだろう。

接続端子が3つしか無いのが、やや不満かも・・。って、一般的なゲーマーなら、せいぜい2枚だよね、マルチディスプレイ。

パソコンのケースが小さくて入るか心配という人向けのモデル。ZOTAC社製なので、普通にいい製品。VRAMは2GB。ボード長が17cmと、かなり短い。接続端子は4つ。補助電源は6pinが必要だけれど、ほとんどのゲーミングパソコンは6pinの補助電源は問題にならない。

あと、さっきのASUS社製と比較して、若干GPUのベースクロックが高めです。コンパクトさと性能重視なら、このZOTAC社製になるだろうね。

テクスチャ品質Highと、グラフィック品質VeryHighが安定動作すると、黒い砂漠というゲームがまた違って見えるようになって新鮮。SS撮影が楽しいのは当然だけど、画質が高いと普段通り遊んでいても、楽しく感じる不思議・・。

以上、黒い砂漠とGTX950の話でした。グラボは高いものを積めば積むほど、すさまじい映像を出せるようになるけれど、自分の目的に合わせて買わないと、宝の持ち腐れになりかねない。

黒い砂漠をHD画質・VeryHigh画質・20~30FPSで安定動作させたい人は、とりあえずGTX950で特に問題ないかな、という結論です。ちょっと不安だな、という人は3000~5000円くらい足して、GTX960のVRAM4GBモデルに手を出すと良いかもしれない。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link