即売れの大砲を作って稼ぐ金策を分かりやすく解説してみる【黒い砂漠】

3-13

金策まとめにもサラッと載っている「大砲金策」。以前に、大砲の弾を作って稼ぐ的な記事を書いたけれど、その本体を作る金策については深く考えていなかった。ということで、大砲金策について解説してみます。

なぜ、今になって「大砲」?

理由は単純。
去年の大砲の相場です。流通量が可愛い感じになってますが、このように価格は割りとリーズナブルで、大砲を作る金策をやっている人はそれなりにいた。やっちのフレンドでも大砲金策をやってる人はいた。
さて、この大砲の相場が今は・・
平日でも2倍に近い価格に高騰している。以前よりも稼ぎやすくなったのかもしれない。
ということで、大砲の相場が1個あたり普通に100万を超えるようになったので、実践すればそこそこ稼げる金策になると思われる。

大砲の作り方

ハイデル6-4番地2階の大砲製作工房で作れます。次に、実際にどの大砲を作るかなんですが。
過去の取引量を見ていると、トリーナよりもリンチの方が取引されているようです。
決してこれが売れ行きと完全に一致するわけではないですが、今回はリンチ大砲セットを作ってみることにする。

大砲の原材料

一応、2つの大砲の原材料を比較してみる。
・リンチ大砲組立セット
  • 鉄の塊 30個
  • 堅固なマツの木合板 10枚
  • 純鉄の結晶 3個
  • ブラックストーン粉末 30個
・トリーナ大砲組立セット
  • 鉄の塊 50個
  • 堅固なトネリコ合板 15枚
  • 純鉄の結晶 5個
  • 金の塊 5個
  • ブラックストーン粉末 43個
・・ということで、リンチ大砲のほうが流通量が多いのは、トリーナには原材料として金の塊というかなり厄介なアイテムがあるのが原因かも。
比較的、簡単に作れるリンチ大砲セットを作るのが金策としてはおすすめですね。では、原材料を購入した場合どうなるかチェック。
鉄の塊が約12~15万シルバー。
堅固なマツの木合板が約240~280万シルバー。
純鉄の結晶が約36~42万シルバー。
ブラックストーン粉末が約7~9万シルバー。
合計で295~346万シルバーです。
運営が何を考えているのか、いまいちよく分かりませんが原材料コストが市場価格を大幅に超える設定はいかがなものかと・・。
ただ、コストのほとんどが堅固なマツの木合板に偏っているので、堅固合板さえ自力で用意すれば、だいたい儲かる感じ。
・堅固なマツの木合板
  • マツの木合板 10枚
  • 木材強化剤 3個
木材強化剤は錬金で製作可能。

  • 純粋な粉の試薬 1個
  • 大地の痕跡 3個
  • 血色の木の節 3個
  • モミの木樹液 4個

 

原材料労働者
純粋な粉の試薬錬金で作る
大地の痕跡古代の石室古代遺跡発掘地
血色の木の節エントの森エルリック寺院石尻尾の荒地
モミの木樹液マンシャの森フォニエールの山荘

大地の痕跡、血色の木の節は、基本的に労働者採集を使わないと入手困難です。しかも副産物で拾ってくるので、のんびりと待つ。モミの木樹液は自分で採集したり、市場で買ったりして揃えても問題ないかも。

かなりややこしくなってきたので。図にすると、このような流れになる。

自分で用意するのは、堅固なマツの木合板だけ。錬金と加工を使って作ります。他の材料はコスト的には大したことないので、手間と感じるなら市場で購入してしまって良いと思います。

 

大砲金策のメリット・デメリット

言わなくても分かると思いますが、大砲を作る手順を説明するだけで割りと長くなるのでそもそも大砲を作るのがかなり面倒くさくなったということ。

以前は、黒い砂漠にやってきて1週間くらいの初心者フレンドでも実践できていた金策だったが、仕様変更で材料がかなりややこしくなり、高価になったため今はやっていないなど。

逆にメリットは圧倒的に供給不足なので、作って流せば中規模や大手ギルドなど、対人コンテンツをやりこんでいるギルドからすぐに買われるということですね。

記事の最初の方に貼ったSSと比較してみてください。1日ほどですが、着実に売れていることが分かる。

特にリンチ大砲組立セットは価格も安定しているようです。労働者の製作時間だけは、大砲の割にはずいぶんと速い(最速で20分位)ので原材料を集めたら、そこから実際に売るまでの時間は短い。

以上、大砲金策でした。

漁船金策や、メディア釣り竿金策と同様に、原材料が少々面倒くさいものの・・やれば稼げる金策です。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link