漁船の作り方と金策・効率の良い造船所、原材料ノード【黒い砂漠】

1-8

材料が組み換えとなったことで、非常に作りづらくなった一方で、価格が100万を簡単に超えるようになった「漁船」。材料を調達さえすれば、金策として行けそうな気もするので漁船について色々と。

Sponsored Link

 

漁船を作れる造船所はたったの2つ

エフェリア3-5番地2階の造船所。必要貢献度は11。

アルティノ7-1番地の造船所。必要貢献度は13。

アンカト内港1-2番地の造船所。必要貢献度はたったの4

以上の3箇所4箇所で、漁船を製作可能です。追記:コメントにもある通り、イリア島にも造船所がありました。イリア島の造船所の必要貢献度は7です。

ベリア村などにも造船所はありますが、漁船を作ることは出来ません。何隻作るかにもよりますが、ローペースの製作で副収入にするのが目的ならアンカト内港の造船所が優秀です。必要貢献度が4というのはエフェリアなどと比べて圧倒的に楽。

 

船舶登録証「漁船」の原材料

漁船の原材料はアップデートでかなり改悪されましたが、おかげで3倍を超える大幅な値上がりになっています。原材料は以下のとおり。

  • 使える角材 25個
  • シラカバ合板 50個
  • 青銅の塊 25個
  • マツの木樹液 30個
  • ブラックストーンの粉末 30個
  • 亜麻布 16個

合板50枚も中々にうっとうしいですが、それ以上に面倒なのが使える角材。この角材の原材料が丸太を加工することで手に入るのですが、この丸太が採集でしか入手できないという困った仕様。労働者による採集は今のところ不可能です。

素材原材料入手法貢献度
丸太採集(伐採)
シラカバの原木旧タンデリオン1
ギュントの丘1
ブリの木遺跡1
銅鉱石インプの洞窟1
インプの洞窟1
海岸の洞窟1
隠遁の森1
錫鉱石クルト洞窟1
ベア川水源地1
ルツム族駐屯地1
マツの木樹液マリーの洞窟1
粗石採集(採鉱)
ama
亜麻コスタ農場1
モレッティ巨大農場1
カーマスリブ寺院2

黒い砂漠の労働者が採集できる最新の収穫物まとめ(検索機能つき)より抜粋。

ブラックストーンの粉末に関しては、魔力水晶を砕けば2桁単位で出るので、粉砕したほうが効率が良い。粗石を集めてもいいんですが、丸太も集める必要があるので。

丸太はどんな木から採集しても、一定確率で入手できるので、密集した群生地を狙えば効率が良い。例えば、デーン渓谷やオークキャンプ(カエデ群生地)など。

→ 原木別の群生地まとめ

青銅の作り方は、銅鉱石と錫鉱石をそれぞれ加工で溶かして溶けた欠片にした後に、今度は溶けた欠片を加工でもう一度溶かすと青銅の塊が出来上がる。

シラカバの合板は、単にシラカバを薪割りをして、さらに薪割りすることで手に入る。

一応、原材料を購入費で計算する

使える角材25枚が、6~7万シルバー。

シラカバ合板50枚が、40~45万シルバー。

青銅の塊25個が、24~26万シルバー。

マツの木樹液30個が、5万~6万シルバー。

ブラックストーンの粉末30個が、7万~8万シルバー。

亜麻布16個が、13万~16万シルバー。

合計で、95万~108万シルバーです。

漁船は150万前後2016年7月時点では220万前後で取引されているようなので、意外と・・。でも税金でだいたいペイされてしまうので、やっぱり微妙な感じ。

手間のかかる角材と粉末だけ買えば良さそうだけど、手間が掛かるので市場にそんなに売ってないので、やはり自分で調達するのが良い感じです。

 

まとめ

漁船は値上がりしたし、原価からの売却価格の差も決して悪くない。けれど、労働者で手にした原材料をすべて加工しなければならない手間などがデメリット。

ただ、アンカト内港の造船所が破格の貢献度なのは良い発見だった。あと、漁船に原因があるかは分からないが、青銅の塊やシラカバ合板が30%ほど値上がりしていて原材料の売買でもそこそこ儲かりそうな雰囲気はある。

青銅で1万ほど、合板も7000以上と、かなり値上がりしている。最後に書き忘れていましたが、漁船がそもそも売れているのかという問題ですがそれは特にないです。

今、片方の画面で漁船を表示させていたのですが、登録時間が6日23時間の漁船が6件あって、この記事を書き終わる頃に完売していましたので、150万でも売れるみたいです。売れるなら、金策としては成立していそうです。

こうなる前の画像を記事の最初に入れていますので見てみて。

追記:漁船、値上がりすぎて売れ行きがやや微妙になってるっぽい

gy

でも、需要自体は普通に有るので出しておけば売れるとは思います。漁船の需要とは。

  1. カモメ釣り
  2. オオクジラ狩り
  3. 蜜ポイントの記録

主にこの3つが現在も残っているので、いずれは売れる。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link