自分のキャラメイクデータを誰かに配布する方法を簡単に解説してみる【黒い砂漠】

「キャラメイクデータを配布してみたい。と思ったことってありますか?」

少なくとも、やっちはある。が、後々見なおしてみると出来が悪いキャラメイクと気づいて結局蔵入りすることが多いです。この記事では「キャラメイクデータを他の第三者に配布する方法」について、解説してみます。

Sponsored Link

Dropboxを使うと簡単

やっちがこのブログで使っている方法は、Dropboxの共有リンクを使うというやり方。この方法の何がいいのかと言うと、やはり簡単なんですね。

Dropboxとは、世界最大のクラウドストレージサービスで、無料会員登録をしてDropboxをパソコンにダウンロードすれば、インターネット上に自分のHDDを置くことが出来る。そんなイメージ。

例えば、ハードディスクの中身って基本的にパソコンに電源が入っていないと見ることは出来ないわけじゃないですか。でも、Dropboxは常に稼働していて、インターネットにオンライン状態であれば、どこからでもアクセスできる仕組み。

普通は自分にしかファイル公開していないから、他人から見られることはないんだけど、キャラメイクデータを配布したい時は、キャラメイクデータをDropboxにアップロードしてそのファイルだけを公開OKにすると、他人にキャラメイクデータをダウンロードさせることが可能になる。

仕組み自体の説明はこれくらいにして、実際のやり方を。

ドロップボックスをダウンロード

まずはドロップボックスをダウンロードします。

ちなみに、これは招待リンクです。この招待リンクを踏んで登録すると、公式サイトから登録するよりも最初から使えるHDD容量が500MB多くなります。という仕様らしいので、招待リンクを貼ってみました。

必要事項に名前やメールアドレスがありますが、テキトーで大丈夫です。例えば、やっちの場合は姓に「ちも」と入れて、名に「ろぐ」と入れて「ちもろぐ」にしていますが、特に問題なく使えています。

Dropboxのダウンロードが完了したら、実際に起動してみます。

すると、パソコン内にドロップボックスのフォルダが出来ているのが確認できます。その中に、キャラメイクデータを入れてみます。

すると、今度はブラウザでドロップボックスが開きます。その中に、さっき入れたキャラメイクデータが上がっているのが確認できます。とりあえず、これでアップロード自体は完了ですが、まだ他人に公開できていません。

キャラメイクデータを選択すると、右の方に「共有」ボタンが出てくるので、それをクリック。

登録したメールアドレスの認証をしたいって言われるので、メールを送信して、認証します。

登録したメールアドレスに行くと、ドロップボックスから確認メールが届いているはずなので、確認を押す。

これでキャラメイクデータの共有が可能になりました。あとはファイルへのリンクに表示されているURLを貼ることによって、キャラメイクデータの配布が可能になります。

例えば、上記のリンクを以下のようにするんですね。

こうすると、このリンクを押した人は、そのキャラメイクデータのダウンロードが可能になった。あと、特定の誰かだけに送りたい場合は、TwitterのDMやLINEなどでリンクを送ればその人にだけダウンロードリンクを教えることも出来ます。

以上、ドロップボックスを使ったキャラメイクデータの配布のやり方でした。

キャラメイク記事

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。