黒い砂漠の取引所の抽選システムが抱えている大きな欠陥

1-23

マクロ勢を駆除するために、今のシークレットコードを入力して購入する面倒な取引所のシステム。そして高額品に関しては、1分間の抽選タイムが設けられるというシステムに成ったわけだが、決してマクロ対策になったわけではないし、欠陥だらけということについてメモしておく。まぁピーマンは見ても見ぬふりだろう。

 追記

2016年11月時点、韓国サーバーで「改善」が行われ、だいぶマシになりました。

→ 取引所の入札システムの仕様変更で、マクロが駆逐されそう

観察した事象

キーボードやマウス連打といったマクロを対策するために、取引所には新しい仕様が導入された。それは、購入時にシークレットコードの入力が必要なことと、高額品に関しては1分間は抽選の時間を設けて、1分間の間に当選者がいなければ通常通りに戻るというもの。

一見するとマクロ対策にはなりそうだが、実際に取引をしてみた人はこれってマクロ対策にはなってないんじゃ・・と気づいた人も多いと思う。この記事では意味不明な取引所の仕様について非難することにする。まず、高額品の取引で確認された事象として。

  • 1分経っていないはずなのに売れた
  • 購入ボタンがグレーになっている間に売れた
  • 再度購入ボタンを押せるようになるとマクロ勢に勝てない

このくらいのことを体験している。

取引所の仕様がマクロ対策になっていないのでは。そう気づいたのは明らかに出品されたばかりなのに即売れしたことがあった。

これの意味することは「抽選は1分間の累計投票をまとめて抽選していない」ということ。次に、購入ボタンがグレーなのに売れてしまった。1分が経過してないのに、まだ購入ボタンを押していない誰かが抽選に当たってしまうと売れてしまうようだ。

運良く1分後に再度押せるようになったとしても、そこから先はいかに誰よりも速く1分後にボタンを押せるかに掛かっているので結局はマクロの勝ちだ。

 

考えられる欠陥

以上の事象から、今の取引所の仕様の欠陥をまとめてみる。

  • 抽選は1分間の累計投票に対して抽選していない

どういう意味かと言うと、購入をした人から順番に抽選にかけているのである。だから1番最初に購入を押して、もし抽選に当たれば勝ち取れる。そう、スピードに優位性が残った仕様なんだよ、これではまだマクロに意味があることになる。

  • 1分間で決着がつかない仕様

もし、累計投票に対して抽選をしていれば、必ず誰かが購入に成功することになるが、どうやら今の仕様は購入ボタンを押した人全員がハズレになることもあるらしい。これによって1分後に価値が生まれる。ここでもマクロの優位性が残されている。

  • 大多数の人にとって損でしか無いクソ仕様

最大の欠陥はこれだろう。マクロを取り締まるためとは言っても、あまりにも大多数の人に対して迷惑をかけすぎている。あのさ、確かに取引所のマクロに困っている人はいたかもしれない、それでも買える時は買えたのだ。

なのに今の仕様は逆に非常に買いづらくなったし、マクロにメリットは残ったままだし、何のための仕様なのか意味不明になっている。そして大多数の人のストレスをマッハにしている。

鉄鉱石や、エリクサーのためにマクロを使う人がいるとでも運営は思っているのだろうか。まったく見ているところがズレまくっている。

 

取引所の改善点

今の仕様は非常にできが悪く、マクロ対策になっているようななっていないような中途半端な仕様だし、マクロとは無縁の大多数の人に多大な不利益を与えているし、正直言って無いほうがマシの仕様です。この仕様が多少はマシになる改善点について考えてみる。

  • 1分間の累計投票に対して抽選する

取引所に登録されてから1分間は抽選タイム。1分間に集まった購入者の中から抽選する。これなら公平だし、マクロの入る余地もない。例えば、30人の購入者が集まったら30分の1で当たるということ。1分以内に決着がつけば、その先にマクロが入る余地はないでしょ?

誰もが考えているであろう、このごく普通の方法が最もマトモなのに何故か運営は回りくどい仕様にしてある。

  • 規制する商品は一部でいい

普段から売れ残っているようなアイテム、在庫が大量にあるアイテム、流動性の優れたアイテム・・。こういった手に入れるのに苦労しないアイテムにまでシークレットコードの入力を要求するのは酷だろう。

規制するべきは登録後1分~2分以内に売れてしまうような人気アイテムだけでいい。これなら即売れするアイテムに限ってシークレットコードを付与することが出来るはず。牛乳、ボス装備、粗石、レア家具、アバター衣装などなど。

こうすれば大多数の人が不利益を被ることはなくなる。

 

取引所のシステムまとめ

現状のクソな取引所の仕様をまとめます。

  • 購入を押した順に抽選している(速さに多少の意味はある)
  • 1分後は結局マクロで争える
  • 対象商品が全部ってのはあまりにも不利益が大きい

なので・・・

  • 1分間の累計投票に対して抽選すること
  • 1分間で決着をつけろ(マクロの介入余地なし)
  • 対象商品を登録後1~2分で売れる人気商品に限ること

こんな感じです。

あと、一番疑問なのはマクロ使用者をBANではなく、わざわざ仕様変更にしたあたり。これって運営にはマクロを取り締まる実力は無いってことを公にしてるんだよね。

マクロを取り締まれるのは基本的にユーザーです。が、取引所では誰がマクロをやっているのか目視では全く分かりません。ということで、人間の域を超えた速度で購入する人を取り締まるというのはどうでしょう。

登録後0.01~0.09秒で購入するような次元の超えた人を取り締まれば。運営さんは取引所の統計情報を持ってなかったりするのかな?

とは言っても取引所のマクロ使用者をBANするのは確かに困難なので、取引所は仕様を実力(マクロ)の入る余地のない仕様にするべきだと思う。なお、この取引所の仕様は本国でも猛烈に批判されています。本国は画像認識マクロが出始めたらしいので・・。

→ 取引所のシークレットコードの入力が上手になるよう練習する方法

< 著 : やかもち >
Sponsored Link