もう交配はオワコン化したなと、交配市場を見てて思う話【黒い砂漠】

1-2

やっちの交配の論だと、とにかく実績馬でひたすら数を打つという方法でして、この方法のおかげで7世代を5匹ほど出すことに成功してます。が、最近は交配は全然やっていない。

 

名馬を新たに2匹

前回の交配記事で出した、7世代。800万使って同種交配です。

適当に名前を付けて・・。

見事に7世代。

8世代を狙った交配なんだけど、やはり8世代の難易度は桁違いですね、難易度というよりは運の要素かな。組み合わせ()的には、7世代を含んでいれば8世代が出ることは多々あるんだけど、やはり組み合わせ説は依然としてナンセンス・・。

最近思うのは、やっちの方法でやっていると普通に7世代が出てる人と極端に7世代が出ない人がいるみたいで、実はみんな色々な論を考えているけれど結局のところ交配って「運」が9割で実力が介入する余地は殆ど無いんじゃないかと。

ましてや7世代を含まない交配で7世代以上を出すのは、かなり厳しいという印象。さっきの交配では7世代が出ているけれど、交配は両方7世代を使っているわけで・・。

ということで、いわゆる同系交配をしてみる。ちなみに8世代実績アリだからこれももちろん期待していた。レベルも両者30にしたので真面目です。7世代狙うなら、別に20と25とかで良いと思うけどね。

お、速度が結構速い馬だ。これは・・。

残念、7世代でした。

これで合計5匹の7世代を交配で得たことに。しかし、今後も交配をやっていく気力があるのかと言うと、ほとんどなくなってきた。

 

交配市場がオワコン

あの交配のやり方記事を書いた当時は、交配市場がかなり機能していて交配のペースがスムーズだったんだよね。だからこそ、数を打つ戦略こそがもっとも有意に機能するわけだが、今のこの腐った交配市場ではスムーズに交配出来ないよね。

メンタル強い人なら交配市場がなくても自分で馬を用意してしまうんだろうけどやっちには無理だな。

これが今の交配市場。(11時頃に撮影、昼なのにこれって・・)やばいよ・・。

こんな交配市場では、スムーズに交配が出来ないし、もし登録されても大抵の場合は買ってまで交配するような馬ではないことが多い。やっちがオススメするような実績馬に限って、ろくに流れない状況。

多分、流れてもすぐに売れてしまうんだろう。現状、馬を効率よく作るなら「馬レース」が主流になってきているらしいが、死亡回数が1回でもつくと参加できないという、ちょっと意味の分からない仕様になっている上、その死亡回数リセット券が1枚1500円という、これもまた意味の分からない仕様になっているので、やっぱり交配ってオワコンですね。

楽しくなくなった事は無理に続ける必要は無いので、もう交配は引退かな。最後の望みとして・・

この名馬が残っているが、実はレベル30になってからすでに3週間が経過しています。相手馬が見つからないという状況に陥っている。以前なら、すぐに交配市場で相手が見つかったんだが、今は非常に困難で張り付き必須。

いよいよ、7世代・8世代は自分で作るよりも買ったほうが合理的という時代が到来したと感じる。3週間も何も交配で成果を出せないなら、3週間金策したほうが絶対にいいからね。日給1000万シルバーなら、ものの1週間ちょっとで8世代が買える金額が揃うわけで・・。

※アバターの買い過ぎでお金が増えません

 

まとめ

  1. 交配はとても楽しくないコンテンツになった、ペースが悪すぎる
  2. 釣りなどがまた盛り上がっているので、金策したほうが絶対に名馬が手に入る
  3. 運要素が強すぎて色々とつらくなってきた(主に8世代、7世代はまだ易しい)
  4. 電気代が半端ないので寝てる間の馬放置をやめてシャットダウンすることに

こんな感じです。

フレンドも「もう完成している7世代買うことにした。交配クソすぎ!、白茶流れないし。」とか言っててすごくうんざりしてた。やっちのやり方は数を打つことが主軸だから今の状況では再現性が低いよね。買うことをオススメしました。

ちなみにやっちの書いた交配のやり方は以下の記事です。今は数を打つのが難しいのでイマイチですが、7世代出す上でだいたい合ってる論です。

→ 7世代(8世代)の馬の交配のやり方について解説するよ

< 著 : やかもち >
Sponsored Link