染色剤を使ったマニアックな金策【黒い砂漠】

1-4

あまり実用的ではないが可能といえば可能な、染色剤を使った金策です。やること自体は簡単ですが、難易度は高め。

 

染色剤市場を眺める

まずは適当に染色剤の市場価格を見ていきます。どれも非常に値段が高くてやばい。まぁ滅多に出ないんですけどね。で、この染色剤の市場価格は直近の売上に猛烈に影響を受けやすい仕様なのか値段がヒュンヒュン上下しているんです。

例えばリアルイエローを見てみるとよく分かるのですが、190万~700万となっている。これは700万で登録可能な時期もあったが売れ残り、設定可能な価格が急落した結果、後から売りたい人が190万程度しか売れなくなってしまったことを示す。じゃあ、そういう190万なんて安値がついている時はどうするか?

もうちょっと相場を見てみる。正直言うとちょっとイエローは魅力がないかな。例えばレッドのほうが。

あ、トゥルーレッドが196万から流れてるね。これを買います。しかも最高値は2000万。まぁ2000万で売れるわけないんですけどね。買った時は登録可能な価格がかなり低いと思うので、可能価格が上がるまで倉庫で寝かせておきます。

600万~800万くらいになったら市場に流します。やっちの経験では800万では売れなかったので・・650万くらいにしてみました。

すると・・1日くらいで売れてくれました。650万という値段で税金を引き抜いて428万シルバー。購入額が196万なので利益は232万です。

 

まとめ

染色剤がとても安い時に買っておく。登録可能な値段が2~3倍くらいになってきたら、市場に流す。たまに2000万など、超高額な値段をつけられる時はあるが大抵売れ残る。

染色剤を使った金策でした。価格の差が激しいアイテムなら染色剤に限らず使えそうですが、税金も考慮して利益を残せるほどの価格差があるアイテムは染色剤くらいしか知らない。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link