バレンシアの新「特産品」の価格や拠点についてまとめ【黒い砂漠】

0-39
バレンシア地方に新しく追加された「特産品」について、拠点やその原価などについてまとめます。金策に興味ある人は一応、価値ある内容かも・・。

 

バレンシアの特産品

パッと見たところ、確認できたのはこの辺り。名称も原価も同じものがあるけど、何故か表示されていたので載せました。

 

特産品拠点単価
ラクダ油絵バザル耕作地86970
よく乾かしたナツメヤシ箱エルダル農場38970
バレンシア大農場
虫が剥製された琥珀シャカトゥ耕作地106170
砂漠穀物箱フォハラム農場5370
アルタス耕作地

特に注目したいのはやはり、ラクダ油絵と虫が剥製された琥珀だろう。

その原価の高さが魅力で、約9万と11万は貿易品の中でもかなり高い部類だ。シャカトゥ耕作地で作られた虫が剥製された琥珀を、カルフェオンあたりまで運べば、距離ボーナスだけで17万~18万に達するだろう。

そこに相場も掛かっていくと、簡単に単価20万シルバーになる。

しかし、問題がある。

これはラクダ油絵を作ってみた画像だけど、見ての通り時間が異様に長い。この熟練ジャイアントは砂粒バザールで雇った労働者で距離はすぐそこなのに28時間もかかるのである。

職人レベルを使うと14時間ほどに短縮されていたので、砂粒バザールに専門か職人のゴブリン労働者を雇えば、12時間~10時間程度で生産出来るかな。それでも1日2~3箱程度の生産力なので、金策としては微妙と言える。

それに特産品は、その拠点でハウジングランキング1位にならないと利用できないのでコストが掛かる。とは言っても、今はまだバレンシア地方は過疎気味なので1位になるのは言うほど苦労しないが。

バレンシアも人口がやや増えたことや、メガーサーバー化の影響で、ハウジングの競争は熾烈化しています・・。

 

バレンシア特産品のまとめ

  • 高単価は魅力
  • 製作時間がちょっと長すぎる
  • ハウジングランキング1位が条件だが、今はゆるい
  • 拠点接続が面倒
  • 労働者のスキルによっては化けるかも

→ 特産品という独占拠点を知ってますか、特産品について徹底解説! 

バレンシア地域以外の特産品は、こちらの記事にまとめてあります。意外と美味しい特産品はあるので、狙ってみるといいかも。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link