召喚書巡りが一番ブラックストーンの入手が捗るんじゃないかと

0-46

日々、闇の精霊から貰えるデイリークエスト、その報酬がいわゆる召喚書なわけだが最近それらを効率良く使う機会ができたので行ってきた。

 追記:ブラックストーンの集め方について

→ ブラックストーンの集め方13個と効率の良い方法

こちらの記事にブラックストーンのほぼすべての入手方法をまとめておいたので、ブラストの集め方について知りたい方はどうぞ。

 

ギルドメンバーと週末の召喚書めぐり

初めての巨大マッドマンの参加後、召喚書を持っている人同士でパーティーを組んで召喚書巡りをすることになった。人によっては500万シルバーくらい儲かることもあるらしい。

そう、召喚書って誰かと一緒にやるとそれなりに美味しいんだった。しかも5人でやるとソロでやるより圧倒的に倒す速度が速い。

Sponsored Link

 

それに、普段はなかなかお目にかかれない愚鈍の木や古代、カルティアンの召喚書なども次から次へと出てくるので非常に美味しい。やっちは狩りをまったくしないタイプなので、古代・カルティアンは全然作れないんだ。

見ていてこちらが哀れになるほどのベグが死んでいった。もうやめて、ベグのHPはもうゼロよ!・・・なんて言ってる人がいた気がする。

ギアスのヘルムを持っていることで知られるギアス。今思ったけど、ボスモンスターシリーズの見た目が気になるなら、彼らに会いに行けばいいのか。

ギアスのヘルムって、そのままギアスがつけてるヘルムなんだよ。それにしてもギアスも長かった、みんな狙っているものがあるのか召喚書が偏ってるんだよね。レッドノーズのみ、ギアスのみ、ベグのみ・・みたいな感じで。

でもそのほうが効率は良さそうだから、この召喚書巡りに参加した後、モグリスのみにすることにしたが、モグリスにはレアがあるのか不透明ということがわかってきてメディア勢力討伐のレッドノーズに切り替えることとなった。

レッドノーズのアーマーが欲しいんだよ( ・´ω・`)

新種デイリーボスのモグリス。一部の人からは他のボスモンスターよりも強いと言われていますがそんなことはない。むしろ、周辺のゴーレムのほうが遥かに強いというパワーバランスを疑う状況になってしまっている。

モグリスの最大の特徴はトランスフォーマーみたく変形してローリングしたりと見ていて面白いことと、落とすものが単価高めで粗石を大量に落とす点。モグリス18枚くらいやってみると、粗石は299個集まりました。

古代→愚鈍→ベグ→ギアス→モグリス・・・と来たら残ってるのはカルティアンのみ。

カルティアンの召喚書は現状の召喚書の中ではトップクラスに報酬が美味しい。古代や愚鈍も劣ってはないが、集まりやすさという点でも優秀じゃない?最近の狩りってのは基本メディア地方が主流なわけで。

これだよこれ。

パーティーの参加者にも、記憶の破片を1枚ずつ振る舞ってくれる報酬。ハンターの印章も付いてくるし。なぜか11枚くらいカルティアンをやれた。11枚って・・どれだけ狩りをすれば、55個もの禁忌の書物が集まるんだろう。

レベル55以上の世界というのは、そういうものということ。

結果的にこんな感じに、多分合計で40枚くらいは召喚書をやったと思う。ブラックストーンが合計10個くらい出たし、そこそこの価格の魔力水晶もいくつか。

粗石はあんまり・・。というか、報酬束からさらに出るんだったね。何より嬉しいのが、記憶の破片13枚。最近値上がり気味だから・・

一枚約35万で売れる。合計で300万シルバーくらい儲かった。税金きついな。

よくわからないんですが、何故かギアスの報酬束からギアスのヘルムが出てしまった。もちろん、ガチを目指していないので売ってしまいます。税金こええな。

2回目の召喚書巡りでは、こんな感じ。

モグリスオンリーだったからレアは特に無いんだけど、ブラックストーンが美味しい。約50個くらいのブラストが手に入っている。

ギルドに入っていたら、ブラストはシルバーで買うものでは無いね。召喚書巡りが美味しいので、真面目に闇の精霊デイリークエをやるようになった。

ブラストに関する記事

→ 古代遺跡の結晶召喚書50連がめちゃくちゃ美味しい、金策的にも

< 著 : やかもち >
Sponsored Link