貿易で金策するなら知ってたほうがいい9つの常識と2つの裏技【黒い砂漠】

0-41
黒い砂漠の貿易はそれ単体ではあまり金策としては使えないコンテンツですが、システム自体は割りと細かく作られているので、貿易するなら知ってたほうがお得な知識をまとめる。

何も知らないよりは知ってたほうがいい。ということで、貿易について断片的になってた記事を一箇所にまとめた。主に貿易において役に立つ事柄についてまとめる。既に知っている情報もあるだろうが、もちろん知らない人もいるからね。

 

長いので目次

1. 貿易NPCの親密度のメリット

2. サルでも儲かる仕組み、距離ボーナス

3. 輸送は意外とケチだった

4. 貿易レベルを上げる事によるメリット

5. 貿易相場の事前調査のやり方

6. 貿易品を使用すると「知識」が手に入ることのメリット

7. 1チャンネル限定の皇室貿易というコンテンツ

8. カルフェオンは貿易NPCが3人いるので注意

9. そもそも貿易って金策としてどうなん?

0. 貿易まとめ

X. 秘技・貿易バフの存在

X. 貿易NPCとの交渉

 

1. 貿易NPCの親密度のメリット

貿易をしていてシウタだけが価格交渉をするときの回数が4回ということに気づいた。

なんでシウタだけ交渉回数が多いのが謎に思ってて、最初はシウタの扱っている

貿易品をすべて扱える貿易レベルになったから。とか思ってたんだけど、他にも

条件を満たしている地域があるのにそちらはいつもどおり3回だった。

そこでよーく考えてみると、シウタだけ親密度が100ちょっとあることに気づいた。

貿易NPCの親密度には、交渉回数が増えるというボーナスがあるんだと。

彼はブレマン。親密度はたったの1です。何度もこうして会っているのに、未だに

初対面の扱いを受けています。

ブレマンはケチなのか、価格交渉では3回しかチャンスをくれません。

次はモレッティ巨大農場のトップ、モレッティ。

意外と美人だったんだね。貿易NPCの中ではかなり美人な方です。

親密度は334。価格交渉は5回もチャンスをくれます。2回増えただけでも

かなり違うんだよ。

グリッシー村の貿易NPC、ラーク。この方も美人なんだよ。

親密度は787とかなり上げています。貿易NPCは親密度が上げやすい傾向にあり、500程度ならすぐに上げられます。見ての通り、価格交渉は6回のチャンス。実用上は十分かな、6回もあれば。

それでも交渉に失敗するときはあっさりと失敗するんですけどね。

  • 貿易NPCの親密度が高いほど、価格交渉の回数が増える

 

2. サルでも儲かる仕組み、距離ボーナス

この仕組みはちょっと意外だった。黒い砂漠の貿易、運ぶだけで稼げるようになってるんだ。てっきり相場が99%に運んだ時は損していると思っていたが。実際に見ていく。始点はカルフェオンです。

ブレマンだと距離ボーナスが20%。特級ヒマワリの原価を考えてみたら、実際に乗算されているのが分かる。

原価は15240。15240*130%*120%で、23774くらいになる。

これはモレッティ。距離的にはブレマンと変わらないという扱いのようです。

グリッシー村は、モレッティやブレマンよりも近いため距離ボーナスが15%しかない。

これはタリフ村。ここまで来ると距離ボーナスは30%とかなり美味しいですが遠いので相場が美味しい時にしか来ないです。

  • 遠方に運べば運ぶほど、距離ボーナスが美味しい

 

3. 輸送は意外とケチだった

どっかのサイトで輸送を使えばインベントリの窮屈さから開放されると聞いた気がするが意外にもそれはまやかしだった。仕様変更かどうか、それは知らないがインベントリの呪縛から逃れるのは簡単ではないようです。

日給500万シルバーを狙うとなると、この量を4回分くらいは生産します。だいたい200~250箱です。倉庫には作物の種も保管してあるのでとにかくインベントリが崩壊的な金策なんだ。

ただ、それも輸送してしまえば困らない。輸送先で受け取らずに置いておけば、インベントリの問題は解決。

そう思って、輸送しまくっていたら途中で止まってしまいました。40個送ったつもりが、31個も余ってるのに止まった。

他の地域で受け取りが終わっていないアイテムを含む、101個以上の輸送はできません。101個以上の輸送は無理です。素直に受け取ってください。とのこと。ショックですね。

1000個くらい溜め込んで、一気にやってやろうと思ってたのに、100個ごとに貿易をしないと倉庫のインベ不足で生産すらできなくなります。黒い砂漠、放置推奨のシステムだが、ところどころに放置殺しの仕様があるから気になる。

  • 輸送で溜め込めるのは101個まで

 

4.貿易レベルを上げる事によるメリット

取り扱い可能な品目が増えるという当たり前のことは置いておいて、売買益をちゃんと見てないと気づかないメリットの話。

タリフ村で取り扱える貿易品です。

遠距離を運べば儲かるが、金策と言えるのかは微妙なレベル。さて、貿易品にはすべて「原価」が設定されている。そして気をつけたいのは原価は決して購入単価では無いということ。

結論から行くと、貿易レベルが高ければ高いほど、原価よりも購入単価の方が安くなります。しかし、貿易相場は購入単価ではなく原価に掛かります。

貿易レベルが高い人ほど、原価よりも安く購入できて貿易相場や距離ボーナスは原価に掛かるので相場の恩恵がより大きくなるということ。

もう結論は書いているが、一応実際にその恩恵を確認しておく。

運んでいるものは情のエリクサー8個、傷口ポーション12個です。原価で合計金額を計算すると、32816と44208シルバーで合計77024シルバー。

実際の購入に必要な必要量に表示されているのは、69340シルバーです。この時、貿易レベルは職人ですが、その購入単価の値下げ率は10%もあることになる。貿易レベルが高いほど、原価より安く買えるんだよ。

  • 貿易レベルが高いほど、原価より購入単価が安くなる

 

5. 貿易相場の事前調査のやり方

知ってる人は多いかもしれないが、一応載せておくことにした。作物箱にしろ、普通の貿易品にしろ、運ぶ前に相場の事前調査をした方がいい。

今からカルフェオンの貿易品を運ぶことにした。タリフ村は距離ボーナスが美味しいから、とりあえずそこに運べばいいや。

しかし、その手前のモレッティが120%相場だったら?

グリッシー村が130%相場だったら?

そして肝心のタリフ村が99%相場だったら?

いくら距離ボーナスが美味しいと言っても貿易相場は無視できない影響があります。

原価50000シルバー運んでいるなら・・

モレッティが72000シルバー。

グリッシー村が74750シルバー。

タリフ村が64350シルバー。

130%ってのはやっぱり美味しい。

ということで、運ぶ前に運ぶ先の相場を知る方法。

ワールドマップを開いて、運びたい先の街を表示させる。

貿易NPCの近くに、貿易マークがあるからそれをクリックする。

行動力1を払うことで、その都市の貿易相場を確認できる。

こんな風に。

どうやらトウガラシがまぁまぁ美味しいみたいだね。

貿易NPCのいる街ならどこでも確認できます。やっちはいつもハイデルの相場を見て、ハイデルが美味しくなかったら周辺のモレッティやグリッシー村をチェックするというふうにやってます。

  • 貿易相場が先にわかっていれば稼ぎやすい

 

6. 貿易品を使用すると「知識」が手に入ることのメリット

貿易NPCから購入した貿易品って直接使用することが出来るんだよ。すると貿易品に関する知識が得られる。そのメリットについて。

ハイデルで適当に貿易品を購入します。

インベントリの中の貿易品を、そのまま使用する。すると貿易品知識獲得が出てくる。知識があると、購入単価が下がると書いてある。どのくらいの割引率なのか・・。

得られた知識はランクCでした。

割引が入る前のほうが、安く買えたね。これ。ただ・・納得が行かないので。

品目を増やして合計金額で恩恵があるかチェックしてみる。

途中でランクAの知識も取れました。

結果はこんな感じ。

合計金額では、わずかに恩恵がありますがほんの1%程度。ハイデル騎士武道教本に至ってはランクA知識にもかかわらず、購入単価が926シルバーからまったく変化していません。謎です・・。

大きなメリットは無いが、割引率が低い貿易レベルが低い頃なら価値はあるかも?それでもこれを見ていると微々たる差なので、無理して知識を得る必要は無さそうです。

  • 貿易品の知識があると購入単価が割引される(知識ランクに応じて)

 

7. 1チャンネル限定の皇室貿易というコンテンツ

ここまでの知識があったからといって、やっぱり普通の貿易はそんなに美味しくない。それが貿易の現実です。でも、貿易には1チャンネル限定で皇室貿易というシステムが有る。

1チャンネル限定なのは、その皇室貿易を行っているNPC「皇室御用達」は1チャンネルにしかいないから。皇室納品は別に全チャンネルで出来るんだけどね。

皇室御用達は各都市に1人ずついます。アルティノ、ベリア村、ハイデル都市、カルフェオン。

運ぶ品目は毎日変化している。

知らない貿易品だらけだ・・。

メディア地方で受け付けている貿易品はグリッシー村のモノだね。グリッシー村で仕入れた貿易品を、アルティノのウドゥリ(皇室御用達)に販売すれば、皇室貿易が完了するんだ。

この皇室貿易の最大の特徴は、圧倒的な相場設定。無限買い取りなどの暴騰相場でも200%が限界だが、この皇室貿易は250%という破格の相場設定になっている。

普通の貿易よりも遥かに儲かるので、貿易を本業にしている人は基本的に皇室貿易をやっているんじゃないかな。時給は20万~50万シルバーくらいなので貿易にしては美味しい部類。

  • 皇室貿易は相場設定250%だが、1ch限定コンテンツ

 

8. カルフェオンは貿易NPCが3人いるので注意

気づいた時はビックリしたが、カルフェオンの貿易NPCって3人いるんだよね。まぁそれには別に驚いてないんだけど、品目が3人共バラバラってことにビックリしたんだよ。

この通り、北・東・南の3箇所に貿易NPCがいる。

品目は全員バラバラだけど、取り扱いの要求レベルは平均にして高めです。このことが利益になるかどうかは分からないけど、知らないよりは知ってたほうが良いよね。

  • カルフェオンの貿易NPCは3人いて、全員品目がバラバラ

 

9. そもそも貿易って金策としてどうなん?

貿易が好きな人はいいんだけど、金策を求めている人だったら貿易単体はやっぱり微妙なので・・。これ、書くと長いので気になる人は別記事を。

→ え、貿易って金策として使えるの。疑問なので貿易やってきた。

 

貿易まとめ

  1. 貿易NPCの親密度が高いほど、価格交渉の回数が増える
  2. 遠方に運べば運ぶほど、距離ボーナスが美味しい
  3. 輸送で溜め込めるのは101個まで
  4. 貿易レベルが高いほど、原価より購入単価が安くなる
  5. 貿易相場が先にわかっていれば稼ぎやすい
  6. 貿易品の知識があると購入単価が割引される(知識ランクに応じて)
  7. 皇室貿易は相場設定250%だが、1ch限定コンテンツ
  8. カルフェオンの貿易NPCは3人いて、全員品目がバラバラ

だいたいこんな感じ。

貿易がメインの人じゃない人でも、貿易を介した金策をやっている人にとってはそれなりに役に立つ感じ。やっちが便利だと思ったのはやはり貿易NPCの親密度。

あとは距離ボーナスや、貿易相場を事前に知る方法。輸送は101個までって・・ちょっと少ない気がするので倍にしてほしいところ。では、これで。

職人クラスの貿易人だったら特に目新しくはないかもしれないが、知らない人の役に立てたら幸いです。

※以下、貿易の裏技

X. 秘技・貿易バフの存在

いろいろと取り上げられるようになり、貿易バフも割りと有名になったようだ。一部の金策ガチ勢はこの手法にかなり速い時期から気づいており、ひっそりと実践していた。

ただ、今となっては比較的有名になってしまったので、やっちも貿易バフについてこっそりと書いておく。

首都バレンシアから南西の方向に、巡礼者の聖所-分配が存在している。ここの拠点管理人「サマヤ」から貰えるバフは、60分間首都バレンシアで貿易品を売却するときの価格が約2倍になるという驚異的な効果を持っている。

ちなみに、首都バレンシア以外の拠点でこのバフが機能したという話は今のところは噂レベルでしか無く、確証はない。が、一応検証して見る価値はあるかも。

この貿易バフの注意点は以下のとおり。

  • バフが貰えるのは貿易名匠LV2以上
  • バフをもらうのに行動力50消費する
  • NPCの貿易品には適用されない(現状は)
  • 首都バレンシア以外の拠点では効果なし(諸説あり)

だいたいこんな感じです。

あと、この貿易バフを受けに行くのが面倒だったりする方は、サブキャラを配置するといいかもしれません。このバフはログインしていなかったら時間経過しないので、メインキャラと売却用サブキャラに分けると時短になるかも。

釣りや栽培箱、木材箱などの既存の金策と組み合わせると非常に猛威を振るう裏技です。

 

X. 貿易NPCとの交渉ボーナス

貿易NPCに貿易品を売却するとき、行動力5を払うと交渉できる。さてと、この貿易交渉だが天秤の両方の皿が互いに水平にならないと成立しない。

しかし、時折天秤の皿が水平になっていないのに、交渉成功する時がときどきありますよね。何らかの必勝法があるのかと思って、色々と試してみたのですが、結局のところ皿がズレたのはラグが原因だったようです。

現状、貿易交渉を1回で成功させるには、貿易NPCの親密度を上げておいて交渉可能回数を増やすのが現実的です。

あと、貿易交渉をするときはなるべく貿易レベルの高いキャラでやりましょう。貿易レベルごとに、だいたい5%のボーナス効果があります。

貿易レベル交渉ボーナス
初心者5%
見習い10%
熟練15%
専門20%
職人25%
名匠30%
道人45%(?)

だいたいこんな感じ。なお、交渉ボーナスはレベルが1違うだけでも変化するらしい。もし、LV1ごとに変化があるならば・・と勝手に妄想して道人のボーナス値を出しています。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link