放棄された修道院の地下狩場の人の少ない穴場について

0

放棄された修道院といえば、カルフェオンシャドウナイトなどがいる狩場です。主に「影の証」が手に入ることから、地味な人気のある狩場になっている。ここで知ってる人は知っている、隠された道の奥にある穴場について書いておく。

放棄された修道院

放棄された修道院の地下には、普通は井戸のハシゴで降りて行きますが、今回も同じくハシゴでおります。

Sponsored Link

 

奥へ行くと、このように格子の扉があり鍾乳洞を降りていく。

このあたりでは普通に狩りをしている人がいます。この時は時間帯のせいか、3人位いました。3人もいたら、かなりの遭遇率なので、狩りの効率が著しく低下する。

最初に、右と左に分かれているはずです。右へ行きます。

奥へ行きます。左には行かないように。

まだ奥です。奥の方にデカイ柱があるのが分かる。その右側へ向かう。

画像の中心部分へ向かいます。

見えただろうか?

岩の隙間に何か段差があるように見える。そこへ入っていきます。

この通り、格子の扉が見えたら正解です。登って奥へ行きます。

非常に暗い洞窟が続くのでランタンがあったほうがいいかも。奥へ行く。

奥の方は少し明るくなっている。光をめがけて奥へ進んでいきます。ここにもカルフェオンシャドウナイトなどがいるが、大した数じゃないので無視。

洞窟を抜けるとこのような広い鍾乳洞が広がっています。

見ての通り、人はだれもおらず、カルフェオンシャドウナイトなどが湧いています。ここから先が、いわゆる隠された穴場というやつです。

もちろん、知っている人は知っているので、人がいる時はいます。でも今日はハシゴを降りてすぐの鍾乳洞には3人もいたのに、ここにはゼロです。穴場と言って間違いないです。

それなりに湧いている。人がいないので狩りの効率は悪く無い。奥へ行けば、この日は奥へ行くとネームドもいました。やはり知名度は低いのだろう。

ということで、放棄された修道院の地下洞窟の隠された穴場の紹介でした。

もう一度、穴場への入り口を

普通に走っていると本当に気づきづらいところに入り口があるので、未だに知名度が低い。岩と岩の間の隙間で、段差状になっているんだよね。

この光景を覚えておけば、そこを通った時「あっ」と思えるので知っていれば発見は難しくない。

普通にハシゴを降りただけの場所では人が多くてストレスだった人はこの穴場の方も行ってみたらどうだろう。少し手間だが人は少なめです。では、またね。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link