ブログ「ちもろぐ」の今後の運営方針について

0-99

今までマビノギをメインの記事を更新してきたが、かねてより考えていた

次のジャンルが概ね着地点にたどり着いたので、そのことも含めて運営方針について

報告します。

この記事のタイトル画像(一番上の正方形の)には、今までのちもろぐで

使ってきた歴代のロゴを載せてみた。ロゴというほどのものでもないが。

ちもろぐとマビノギ、そしてその終焉

ちもろぐは2014年3月に開設されて、今までに削除した記事も含めて450記事を

更新してきました。

鰹武士(やかもち・秘奈・鍔迫)の3人で、毎日記事を書いては投稿するということを

積み重ねた結果が100記事を超える大量の記事です。

しかし、2015年に入ってからだんだんと更新のペースは衰えてきた。

ちもろぐは「マビノギ」をメインに扱うブログだが、肝心のマビノギの面白さが

ブログを開設した当時と比べると明らかに劣ってきたことが最大の原因だった。

ユーザー数もIDの数こそ増えているだろうが、実際にINしているユーザーは

目に見えて減っていっていると思う。マビノギはMMO史上稀に見る神ゲー

だったが運営のネクソンはゲームは人を楽しませるためにあるのではなく、


金を搾取するために存在する程度にしか考えていないため、神ゲーであるはずの

マビノギは10年という時を経て、ゴミとまでは言わないが人に勧められるゲームでは

無くなってしまった。

あれほど熱心にマビノギを楽しんでいた鰹武士も、長い長い5年というマビノギ歴の

間にすっかりと熱を冷ましてしまいました。

熱が完全に冷えきった時、本当に今のマビノギって何も無いなって。

過去のスクリーンショットを見れば、当時の楽しさや雰囲気を思い出せるのが

救いといえる。個人的なマビノギの最盛期は今から3~4年くらい前だろう。

そのような経緯があり、「ちもろぐ」もだんだんと記事を更新できなくなり

悪く言えば路頭に迷うというか・・ふらふらとし始めます。

やかもちだけではとても書ききれず、他の鰹武士にも聞いてみるが・・。

秘奈「マビノギ特に書くことねぇな。」

鍔迫「くろさばの金策なら書けるかも。」

と、こんな感じ。

そして訪れた機転

ちもろぐ終わりの危機がやってきていた、そんなある日。

2015年8月の中旬に、ある変化が訪れた。

それが、黒い砂漠だった。

ツイッターでは存在を知っていたし、マビノギのアカウントだった人が


気づけば黒い砂漠になっていたということも、結構あった。

なので、マビ民でもそれなりに面白いと思えるMMOなんだろうなぁと漠然と

思っていた。試しに鍔迫がプレイしてみたところ、想像以上に面白いと言うので

やかもちも黒い砂漠をプレイしてみた。

途中でクエストをこなすのに飽きて、マビノギほどの神ゲーではないと思うものの

農民生活を始めてから、間違いなくほぼ神ゲーだと思うようになった。

そしてそれは、記事の更新にも現れていた。

マビノギの記事はほとんど入れることができないでいるが、黒い砂漠の記事は

何かと入っており、秘奈さんや鍔迫も、ちょくちょくと記事を入れていた。

本当に面白いと思っているゲームなら、記事を書くのは造作も無いこと。

ちもろぐ自称・編集長のやかもちは、割りと難しい判断をすることになった。

このままマビノギで無理に更新を続けようとしても、マビノギ自体が短命であることは

わかるし、ユーザーは減り続けているし、何よりも面白くない。

下手をすれば、ブログ「ちもろぐ」自体が更新されなくなったブログに堕ちてしまう

可能性すらある・・。

だったら、ここがひとつの大きな機転として、思い切って取り扱うジャンルを

転換するべきなんじゃ。

一応、ブロガー関係の書籍にも久々に目を通してみたが、飽きたらジャンルを

変えるというのも一種の方法らしく、ここは思い切り良く、舵をマビノギから


黒い砂漠へと本格的に切ることとなった。

ちもろぐの方向転換

ここ最近のちもろぐ。

マビノギと黒い砂漠、そしてマイクラはおまけ。と、どれが本命なのか

分かりづらい。何よりも、こういう感じだと中途半端な気持ちでブログに

挑んでいるような気分になる。

それが・・

こういうふうになった。

本命は「くろさば」のブログです。

今後の運営方針まとめ

・マビノギは記事の更新が困難に。それは、マビノギ1本のちもろぐにとって

存続の危機にすらなりうる。

・このまま、マビノギの終わりと共に、ちもろぐが終わってしまうのは勿体ない。

・黒い砂漠を次のメインジャンルに据えて、今後もちもろぐは続く。

ということです。

ブログは読んでくれる人も大事ですが、書く側があまり楽しめてなかったら

失敗なんじゃないかって考えてます。

マビノギから黒い砂漠へとメインジャンルを変えたからといって、完全に

マビノギの記事の更新が終わることを意味しないし、今まで書いてきた

ストックがあるので、「マビノギのブログ」という色が完全に脱色されることはない。

やれそうなことがあるなら、やっておくべきだろう。というスタンスで。

以上、今後の運営方針でした。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link