スプリントスキルを備えた馬は、簡単に世代の差を埋めてしまう

0-93

黒い砂漠の移動手段として必須となっている馬。主に世代の違いが速度にダイレクトに影響しますが、その世代差を簡単に埋めてしまうのが「スプリント」。スプリントのレビューを。

やかもちの愛馬「ばもっちー」

黒と白のモノトーンな色調がキレイな、やかもちの愛馬「ばもっちー」。適当な名前をつけてしまったのは、最初3世代馬だと思ってたんだ。いざ、登録すると4世代だったという・・。まぁ、運良く世代を飛び越えて誕生したばもっちーなんだけど。

最近非常に厄介なスキルを覚えてしまったんです。もう黒い砂漠のバグだろ。欠陥だろ、これ。って思ってしまうほど面倒なスキルです。

レベル10時点でこんな感じで、急停止も出来て便利だな4世代って思ってた。まぁ速度の成長は多分4世代の中でも遅いほうだけど。それでも、2世代を使っていた身としては十分だった。それがね・・。

Sponsored Link

 

地雷スキルを踏んだと最初こそ思った

赤枠のところ。スプリントというスキルを覚えたんだ。覚えたての頃は、習熟度はたったの15%程度でした。

見たら分かるんですが、発動条件に「前方+シフト」ってあるんだよ。自分で馬を動かす時って、大抵シフトを押してダッシュしながら走るじゃないですか。

それと同じコマンドで、ダッシュしようとしたらスキルが発動して、そして失敗してこけるんだ。慣れてくるとコケないようになってくるけれど、ダッシュできないのは痛い。

それに速度120%程度じゃ、オートランの速度にはイマイチ不満だ。非常に不便でダッシュしようとしたらコケてしまうダメ馬になってしまったじゃないか。ってすごく悲観してた。

鞍を装備しなきゃ発動しないんだけどさ。でも何度か、ダッシュ→失敗。を繰り返しているうちに、スキルに成功する場面が出てきた。

そして驚いた。

その驚異的な速度に。

今まで乗ったことのないような別格の速度。

速度130%の馬に乗ったことはないが、おそらく130%にも十分太刀打ちできるほどのスピードが出るということに気づいんたんだ。そこから、熱心にひたすらスプリントスキルを完璧に習熟させようと、ひたすらダッシュ→失敗です。10回中1回くらいしか転けないようになりました。

順調に習熟度が上がっていきました。2時間くらい掛かったと思います。カルフェオンからアルティノまでの約5000メートルのコースをひらすら、走っては止まり、走っては止まり・・という傍から見ると意味不明な走り方を続けました。

完熟、スプリント

そうして、ようやく「スプリント」を完全に熟練させることに成功した。スキル発動時の、アフターバーナーのような圧倒的加速は結構快感です。今は5世代♀馬を使っていて速度はレベル7で126%と中々悪くない成長をするんだが未だに4世代のスプリント馬よりも速いとは感じない。

カルフェオンの狭い市場あたりを高速疾走してみたら、すぐに体感します。それくらい、スプリントという馬のスキルは、別格のモノと言えそうです。

なお、この記事では随分と面倒くさい熟練度上げをしていますが、その後圧倒的に楽にスプリントの熟練度を上げる方法を見つけたので、以下の記事にまとめておきました。

→ スプリントスキルの熟練度を超高速で上げる方法

 

スプリント習得馬はお値段も高い?

5世代を作るために交配した後、一旦売ってみようと思ったんだがその時の掲示価格にビックリした。4世代なのに、5世代やヘタすると6世代にも匹敵するような値段をつけられるってどういうことだよ。

リプライによれば、スプリントを習得していると値段が上がるとのこと。ということは、優秀なスキルを習得していると値段が上がるってことは妙に値段の高い馬に注目していくと、何が高性能スキルなのかがわかるということだね。

適当に見た感じでは、スプリントもお高いが、ドリフトというスキルも強力なようだ。6~7世代までは作る予定なので、そのあたりでドリフトやスプリントを覚えてくれることを願っておこう。

 

まとめ

スプリントは覚えたてだと、中々に苦労するが一旦覚えてしまうとダッシュ時の速度が別格になる。馬に覚えて欲しいスキルトップ3には間違いなく入るだろう。

なお、「Sprint」で辞書を引いた結果、意味が全力疾走ということを今知りました。

< 著 : やかもち >

Sponsored Link