1ヶ月半掛けてランク1にした防御壁でやりたかったこと。

0-2

防御壁ってこんなにしんどかったのか知らなかった。ランク1になるのに90日。

さて、それで何をしたかったのか。

錬金嫌いのやかもちが防御壁を始める

正直言って、意外な展開といえる「防御壁」。

もう今となってはかなりの古典的錬金術で、そろそろ何らかの上位種か改良を

して欲しいスキル。今どき一枚一枚ちんたらと防御壁建てるってやってられんよ。

で、その防御壁をある用途があって急遽ランク1にすることにした。

のが確か8月だっけな、過去記事を見ていくとどうやら7月中旬くらい。

7月中旬で、現在はもう8月の終わり。

防御壁をトレーニングを開始して1ヶ月以上が経過していることになる。

なめていた。防御壁なんて錬金術の中では簡単な方だろうと勝手に思い込んでいたのに

いざトレーニングを始めると「なんだこれは。」と想像以上のきつさに辟易して、

マビノギへの活力どころか、急速な倦怠期への導きになってしまった。

進まないことをするのはもう飽きてしまった。というよりは、モチベがない。

ランク5くらいまでは、案外2日くらいで進んだが、そこからがだるくて

進まなくなった。

敵に潰されるという項目を埋めたほうが効率が良いという構成になってきたんだが

この敵に潰されるというのがまた面倒で・・。

ランク5までは建てるだけとか、ゾンビに壊してもらうとか、反発ダメージを

与えまくるとか、そんな感じだったんだが。

流石にやっていてゾンビでは遅いと感じた。

あいつら、攻撃を始めるとテンポがいいんだが、一旦壊すと止まってカウンターを

全力で準備し始めて、呼ぶのにシューターで攻撃してる時間が極めて無駄だった。

どうにかならないかと思って、ゾンビのボス部屋も活用してみたが、結果は

そこまで変わらなかった。

マスター錬金術士、および錬成術師の秘奈に

で、既に防御壁ランク1に達していて、それなりに頑丈な壁を作れる秘奈さんに

聞いてみたところ、王城影の幽霊HDのボスがいいとか。

そう・・デュラハン。

あの忌々しい破壊力を備えた「斧投げ」を使ってもらうと、一撃で壁が沈黙するという。

ペースを上げるために接近しながら。

ひたすら防御壁を建てて、斧を防御し続けるやかもちに対して、なんの疑問も

抱かずに斧を投げ続けるデュラハン。

ヴィヴァーチェで壁の準備時間を縮める。

ちょっとギリギリなタイミングだったりする。うっかり当たると結構痛い。

ひたすらコレ。

もう。素直に錬金術才能にすればよかったかも。(何故才能を錬金にしてないのか・・)

1000回単位でコレを繰り返すわけだからなぁ。黒い砂漠の調査クエの方が

圧倒的に人道的だな、これ。

デュラハンを囲んで遊ぶ。アイドラで凍結させないと、このように囲むのは

難しい。

ランク2のトレーニングが終了した時点で、これだけのシリンダーを破損しました。

間違って精霊のシリンダーも使ってしまって、耐久が逝ってしまいました。

こうして、7月の中旬から始まった防御壁トレーニングは8月の終わりになってようやく終了。

いやー長かった。

なんてことはなく、実際ほとんどINしてなかっただけという・・。

実質3日くらい(´_`。)

で、錬金嫌いのやかもちが苦労して防御壁をランク1にして何がしたかったのかと言うと。

ライトニングロードのトレーニングに、防御壁を使ったほうがそろそろ合理的かなぁ。

と思い始めたため。

再使用時間も20秒だし、その時間なら防御壁4枚を建てた方が確実ではないか。

しかも、シルバ森の蜂を使ったやり方だとデッドリー生存にそなえて5匹集めなければ

ならないこともある上、チャンネルによってはフレイマーで凍結できない状況に

陥っていることもあったりして、20秒毎に確実にトレーニングを遂行できるかと

問われると・・。

ダメだったんだよね。

回数もアホみたいに多くなってきたし、あまり時間を無駄にマビノギに割きたく

ないので、防御壁で確実に4枚を仕留めるという方針に切り替え。

経験値も、ドロップもありませんが、時間を節約できることは大きい。

ただ。最大の欠点は防御壁をランク1にする手間と、ライトニングロードを

普通にトレーニングしてランク3からランク1にしてしまう手間。

どっちが時間的に優るのかを考えると・・やっぱり微妙という。

既に防御壁ランク1の人はいいんだけどね。

ではでは。

PS.

デュラハンを相手にしているときはマナシ推奨。

食らうダメージが全然違います。やかもちのマナシはランク6。

事故死防止に。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link