楽に最大ダメを伸ばすのに向いたオススメエンチャント10個

0-7

マビノギには約650種もの大量のエンチャントが存在し、その中でも楽に、かつ

簡単に最大ダメを伸ばせるイケてるエンチャントをまとめてみた。

マビノギには約650種もエンチャントがある

自分でも調べてビックリしたが、マビノギには約650種もエンチャントが存在する。

初めてエンチャントという概念に出会ったMMOがマビノギだったが、その種類の

豊富さはおそらく全てのMMOの中で郡を抜いているのではないか?

マインクラフトにもエンチャントは存在するが、残念ながら50種も無い。

マビノギの650種というのは、中々に驚異的な量。

実際には未実装が約50種なので、現実に使うことが出来るのは600種だが、

正直言って選択肢としては十分すぎるほど用意されているといえる。

それゆえに、多くのマビノギにやって来て、ミレシアンとして転生した者たちを

悩ませた・・・かもしれない。

ということで、最大ダメが伸び、キャラクタを強化に大きく貢献する。

かつ、入手や貼付けに大きな手間が掛からない、楽に強化できる

エンチャントをまとめてみる。

楽に最大ダメを伸ばせるお手軽エンチャント10

1. 破壊の・ディストラクション

最大ダメ +15~+26

入手難度 ☆

貼り付け難度 ☆☆

レベル32以上の場合、最小ダメージ9増加
アタック9以上の場合、最大ダメージ15~26増加
Dex 20減少
最大生命力40減少

両手武器に使用可能で、最大が20ほど伸びる優秀なES。

入手方法は主に、セイレーンハードダンジョン、挑発・タルティーン防衛戦の

ハード・エリートモードなど。

一見、入手方法が面倒そうに感じるが、今はそれほどでもない。

ランダム箱などからよく出ることもあり、現在は少なくとも10万ゴールドで素材を

入手できる。よく探せばエンチャントスクロールの形態で売っていることもある。

貼り付けはランク9だけあって、下地にランクAがひとつ必要だが、

ランクAの接尾には「水玉」があるため、正直言って簡単。

最大で26も伸びるが、運が悪いと15というブレ幅が欠点だが、

非常に優秀でコスパがいいといえる。

あと、接尾ESである。

2. 乱暴な

最大ダメ +20

入手難度 ☆☆

貼り付け難度 ☆

修理費3%減少
クリティカル5%増加
ウィンドミル6以上の場合、最大ダメージ20増加
Luck 20減少

両手武器に貼れるES。

安定的に最大が20伸びるのが良い。

エンチャントのランクはAなので、貼り付けは非常に簡単。

ただ、入手に若干の難がある。

買うにしては少し値が張る。

そこでベルファストのスケッチクエ(黒い鳥)を使うのが一番現実的だろう。

手に入るがどうかはランダムだが、普通に入手しようとするよりはずっといい。

レッドラ、サンドワームを倒せば手に入るらしいが、フィールドボスを相手に

するのは面倒だよな・・。

接尾ESである。

3. 野生の・アンテイムド

最大ダメ +16

入手難度 ☆

貼り付け難度 ☆

スマッシュ8以上の場合、最大ダメージ16増加
最大生命力30減少
保護4%減少
修理費5%増加

両手武器に貼れるES。

最大の伸びは16と、少し地味だが接頭ESなので、他の強力な接尾と

組み合わせれば、そこまで問題にはならないだろう。

それに、ランクAのESだから貼り付けも簡単なこと、この上ない。

入手はキアダンジョン一般をクリアすることで素材が出るらしいが、

素材なら露店などでも約5万ゴールド程度で売っていることがあるので、

買ったほうが早いだろう。

入手の容易さ、貼り付けの容易さ。

最大ダメは16だが、コスパはいいと言える。

4. 野蛮人・バーバリアン

最大ダメ +13

入手難度 ☆☆

貼り付け難度 ☆

ウインドミル7以上の場合 最大ダメージ13増加
クリティカルヒット9以上の場合、クリティカル6%増加
修理費8%増加 
防御5減少

ルンダ下級ダンジョンしか入手先が無いのが欠点。

しかし、相変わらずランダム箱などからよく素材が出ているので

それらを購入するのが賢明だろう。

価格は20~30万がいいところ。スクロールの形態で時折10万なんかで

売っている時もあるが、言うほど見かけない・・。

ランクはAなので、貼り付けは楽。接尾ESだが、接尾となると

先述したように「乱暴な」「破壊の」などがあるため、特に理由がなければ

野蛮人は選ばないのが賢いかもしれない。

5. パワフル

最大ダメ +12

入手難度 ☆

貼り付け難度 ☆

年齢25以上の場合、Str 30減少
年齢22以上の場合、Str 20減少
年齢19以上の場合、Str 10減少
カウンターアタック9以上の場合、最大ダメージ5増加
スマッシュB以上の場合、最大ダメージ4増加
ディフェンスD以上の場合、最大ダメージ3増加
最大スタミナ20増加

両手武器・・・ではなく、ナックルのESだが、格闘を始めたてのミレシアンに

とっては非常にコスパの高いES。

ランクはAで位置は接尾。

貼り付けは非常に簡単である上、入手も影ミッションなどが中心だが

それゆえに相当の量が余っている状況である。

だから、露店などで素材を買えばすぐに入手できる。価格は1万ゴールドもあれば

余裕で足りる。

さて、このパワフルES。ひとつ言っておくことが。

ナックルに簡単に貼り付けできて、最大が12も伸びるのは優秀だが。

ナックルって分類では両手武器なので、先に挙げた両手武器の接尾ESを

貼り付けたほうが最大ダメを取れるから、あえてパワフルを選ぶ理由がねぇ。

ただ、圧倒的に安価という点が強み。

6. 広闊な

最大ダメ +10

入手難度 ☆ (☆☆☆)

貼り付け難度 ☆☆

最大ダメージ 10 増加
クリティカル 5% 増加
Will 10 増加

ガントレットに使用可能なES。

接頭ES。ランクは9なので下地が必要。

最大ダメは、武器だけで伸ばす必要はない。

他の部位でもある程度は簡単に伸ばすことが出来る。

このエンチャント、「広闊な」は本来であれば、彼らのやり方エリートモード

などでしか入手できない面倒なエンチャントなのだが。

現在、ランダム箱から「ガントレットに貼付け済みのモノ」がかなり

出回っていて、安いと10万程度で入手できることもある。

10万程度で簡単に最大ダメを10も伸ばせる手装備は非常に優秀だ。

ただ、いつまでも安い状況が続くわけではないので、現状では入手難度を

☆1個としたが、将来的には☆3個は覚悟しなければならない。

7. 速い・フリート

最大ダメ +6~+9

入手難度 ☆ (☆☆☆)

貼り付け難度 ☆☆

突進B以上の時、最大ダメージ5増加
突進8以上の時、最大ダメージ1~4増加
突進6以上の時、クリティカル2増加
Dex 15減少

先の「広闊」と同じ境遇で、現在は安く入手可能な優秀なやつ。

貼り付け位置は「金属製のブーツ」。

エリンにやってきて日の浅いミレシアンにとっては非常にコスパが

いいとしか言えない靴ES。

靴といえば「蝶」なんかも優秀だが、若干高価だし・・。入手も面倒。

いつまでも安価が続くわけではないので、将来的には入手難度☆3つ。

8. レイヴン

最大ダメ +5~+8

入手難度 ☆

貼り付け難度 ☆☆

アタックA以上の場合、防御3減少
スマッシュ9以上の場合、最小ダメージ2~4増加
スマッシュ9以上の場合、最大ダメージ5~8増加

武器に使用可能なES。

ランクが9なのが面倒なところ。だが、入手は非常に楽。

スクロールだと、だいたい少なくとも1万ゴールドあれば買えるし、

素材も安く買える。

武器の接尾に使用するのにコスパが良い。両手武器なら別だが。

9. ライオンハンター

最大ダメ +8~+10

入手難度 ☆☆ (☆☆☆)

貼り付け難度 ☆

レベル40以上の場合、最大ダメージ8~10増加

武器に使用可能なESで、ランクはA。場所は接頭。

キア上級ハードダンジョンで入手可能という、レア物だが、ランダム箱から

貼付け済みのモノが、平均50万ゴールドで出回っているので、余裕があれば

狙うのも良い。

最初の両手武器に貼り付け可能な最大20台のESを見てからだと、若干

しょぼく感じるが、こちらは全ての「武器」に貼り付け可能という点がまったく違う。

ライオンハンターは、近接武器に貼り付けるより、弓などに使うのが定番。

10. ウルフハンター

最大ダメ +4~+6

入手難度 ☆

貼り付け難度 ☆

レベルが10以上の場合、最大ダメージ4~6増加

接頭・武器に使用可能。

ランクはCなので、初心者にも非常に優しい。価格も安い安い。

現在はかなり雑魚い部類の扱いだが、それでも大昔は中々に

優秀なESだった・・・。

「ウルフハンター レイヴン」などの組み合わせが有名。

安価で、それなりに強い。

以上。

楽に貼れて・・楽に入手できて・・それなりに最大ダメの伸びが良いESを10点でした。

650種も存在して、今回の楽に最大ダメが伸びるESは10種がいいところ。

もう少し選べた気もするが、この10個が最も今回の条件に適していると思う。

650種のうちの、たったの10種。たったの1.6%・・・。

序盤のミレシアンが挑戦するエンチャントは、ここに挙げた10個を

メインにすると、失敗が少なくて済むと思う。

安定的な性能で、コストも概ね安い域。

というか、書いてて思ったけど「ランダム箱」って怖いね。

コスパに貢献しまくってる。

では、またね。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link