【まとめ】マビノギの色々な儲かりそうな金策の基本的な概念

0-5

マビノギは結構、多様多種なお金稼ぎ(金策)のやり方、手法があるように思います。細かいやり方は書かずに、概念だけをちょっと分かりやすくまとめます。・・・キースからレクチャーを受けたというのは冗談です。

 

マビノギの金策まとめ

ある意味、マビノギにおいて金策は遊び方の一つでもある。遊ぶことが金策であり、金策は遊びとして成立している・・ような気がします。多分、それぞれのプレイスタイルにもよるけれど、金策はマビノギの遊び方のひとつ。

正直言って、そろそろマビノギなんてやめてもいいかなって思っている勢のひとりなんだけど、割りと熱心にブログも更新してるしマビノギにも毎日IN(数分ってことも多いけど)してるのは、金策が楽しいからってのが大きい。

「マビノギ 金策」で検索すると、ここのブログの記事が出てくるんだけど、内容が古いうえ、使えなくなっているのもあるので、その記事を格下げにするつもりでまとめていく。

金策の評価

それぞれの手法について、5点満点の☆で評価を入れている。難易度は以下のとおりに決めている。

  1. 実行の容易さ(難易度)
  2. 金策として成り立っているのか(金策力)

この2つで評価している。実行が容易でも、金策として成立して無さそうなら☆の数が多くなり、難しいという評価になる。逆に少ないと、簡単ということになる。

金策力は、稼ぐ金額(稼ぐことが出来る金額)をベースに評価する。潜在的、理論的に稼ぎだすことが出来る金額をも含めて評価するため、意外と☆が高い手法もあるかもしれない。そして、なによりも時間あたり利益の出しやすさも考慮するのでアルバイトは低く評価される傾向にあると思う。

基本的には、1日あたり2時間程度のマビノギのIN時間で考慮する。

 

アルバイトとか労働系

個人的には、微妙。

まず、狙い目としては「アルバイトでしか手に入らない上、取引可能なモノ」ということになるよね。供給がアルバイトしか無くて、それなりに需要があるものを狙えば金策として成立する予感がする。

今のところ、成立していそうなのは、「祝福ポーション」と「種」くらい。種って、浪漫農場の成長に必要な作物の種のことね。最近はイベントなどでよく出る気がするから、言うほど値段は高くない。コツコツと、のんびり(金額ベース)と稼ぎたい人には向いているのかもしれない。

一応、祝福ポーションを大量に売っている人は今も見かけるし、好きな人は好きだし、効率よく祝福ポーションを用意する技術みたいなものがあったりするの・・・かな。

あ。いい忘れてたけど、タラの郵便バイトは「ファリアスの欠片」が手に入ることがあり、単価はだいたい30~50万くらいで推移している中々良いモノなんだけど、バイトの内容が面倒なので、あまりオススメしないかも。

なんかね、いるのに応答しない人とか、色々と面倒な問題が・・。郵便バイト、受け取る側のメリットが、バイトをやる側と比べると無さ過ぎるんだよね。

難易度 ☆
 
金策力 ☆

 

戦闘や狩りで、ついでに儲ける系

これはとてもいい感じ

マビノギは戦闘が他のMMOとくらべて独自性が強く、面白いので飽きずに出来る可能性を秘めている。しかも、極めると稼げる金額が結構巨額なので伸びしろの大きさもいいところ。キャラのスペックや、狩場によって大きく戦略や結果が変わってくるので色々なパターンを試すのがいい。

基本的に、金策の面でも美味しい狩場は大抵、レベル上げでも美味しい場所になっている。

1. 影ミッションを攻める

タルティーンの影ミッション「制圧戦2」や「遭遇戦」、「シャドウウィザードの退治」などは非常に有名である。

制圧2はソロでも比較的簡単な上、報酬のゴールドが美味しい。遭遇戦はレベル上げには向かないが、パーティープレイによる高速周回でゴールドを大量に稼ぐ事ができる。報酬品も美味しいことがある。(カラー素材とか)

シャドウウィザードは美味しいが、8人で行けるのに、わざわざソロで行かなければ、あまり美味しくない謎の仕様の影ミッションだ。でも、ウィズは本当に美味しいから、一部ガチ勢が8アカで周回していたりといった話はよく耳にする。遭遇4アカも、やっぱりいるんだよね。

1時間あたりのゴールドは180万を超えると言います・・。タラの影ミッションは特に美味しくないですが、一部NP稼ぎが出来る一面を持っています。(100NP程度をちまちま狙う作戦になる。)

難易度 ☆☆
金策力 ☆☆☆☆

2. すっかり廃れつつあるダンジョン

ダンジョンは特にオススメできるところがない。

そもそも、暇な上、報酬や経験値が影ミッションと比較すると、どうしても見劣りしてしまうため・・。金策として使うなら、必然的に「レア狙い」ということになるが、レアと言うだけあってそんなに簡単に出ないので、諦めたら投入した時間がすべて無駄になるし非常に微妙なところ。

それに、頑張ってレア品を出したところで、報われるほどの利益が出るかと言われれば・・。そうでもないし。イメンマハのルンダハードモードダンジョンの、ペイトラン系や手裏剣ESはそれなりに需要があるんですが、言うほど出ません。

同じく、イメンマハのコイル上級ダンジョンなんて、出れば一気に億万長者になれる「義侠的な」ESが出るんだけど、都市伝説クラスなので、狙わないほうがいいです。あと、コイ上といえば、セフィロトのクロスボウも結構な値がつきますが簡単に出ません。

「レア狙い」の欠点は、時間に見合った利益が出せるか?という点があまりにも不確定すぎることです。不確定なリスクは取らないほうが幸ですので、ダンジョンでの金策は人にオススメできないね。

あ・・・、ちょっと忘れてたけど、ダンジョンの報酬で割りと簡単に出る「素材」を狙うという方法もあるけれど、地味すぎるのでやらなくていいと思います…orz

難易度 ☆☆☆☆
 
金策力 ☆☆

3. レイドなどで一攫千金系

レイドで有名なのは、やはりブラックドラゴンやホワイトドラゴンでしょうか。特にブラックドラゴンが低確率で落とすという「ブラックドラゴンの心臓」はバーフェルセパルハントレスの生成に必要なため、1億といったとんでもない価格がつくので、一度出ればしばらくは億万長者です。

あまりオススメはしないよ。最近のレイド参加者は非常に強くなっており、終わる時間がとても速い。そのため、参加するときはそれなりに強くないと、貢献度を稼げません。

貢献度とレア品の出やすさの相関性ですが、心臓以外は貢献度が大きいほど出やすいという話が出回っている。心臓の出る確率は0.1%も無いので、狙うのはやめておきましょう。

ということで、金策として運用するには、戦略とは言えない方法なので、オススメしない。高い貢献度を出すための武器の運用コストもかさむので、というかレイドで高い貢献度を出せる場合、相当に強い部類なので、普通に影ミッション行ったほうが儲かると思います。

難易度 ☆☆☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆☆☆(※心臓が出ればね)

4. フィールドなどにいる、普通のモンスターを狩る系?

秘奈さん寄りの方法なんだけど、「千年物の」がついたモンスターを狙って狩る方法です。

主に、赤い・青い改造石、ダイヤモンド、電気と電圧の増幅についての研究ページ、ファイアーボールの本ページ、古代の魔法の粉・・・あたりが美味しいと思う。

改造石はここ最近、旨味が薄れ気味ですが、古代の魔法の粉はまだまだかなりの価格を維持しているので、出たら嬉しいレベル。ただ、狙うモンスターによってはそれなりに強いのでキャラスペックはもちろん要求されます。

千年物がいるかどうかも、基本的にはランダムだし、目的のものを落とすかどうかもランダム。投入する時間に対して、利益がどの程度なのか分からないため、金策として運用するには、正直微妙。

千年物のモンスターを狩るのは、割りと楽しいけれど、いうほど美味しくないね。あとは、過去にはフィールドモンスターが落とす、魔符を集めるという方法もあるけれど、正直言ってすごく微妙なので特に書かない。

難易度 ☆☆
 
金策力 ☆☆

 

5. 使徒レイドミッションを極める

パーティーを組んで、ギルガシを退治するという方法です。

影ミッションや他のレイド(ブラックドラゴンなど)と区別したのは、単純な理由。それは、別格の金策だから。戦闘系の金策の中では屈指の手法ですが、難易度もずば抜けて高い。

最高難易度の使徒レイドミッションを、超高速で周回するというもの。クリア時の報酬は50万経験値と、5万ゴールドと、中々美味しい。さて、どれくらいの速度で周回するかだが、どうやら30秒を割ることも多く、20秒台という数字も一級廃人たちは実現している。

ものの30秒で、50万経験値と5万ゴールドをかっさらっていく。明らかに、戦闘系の中だけでなく、すべての金策の中でも最強クラスと言える。おそらく、匹敵するのは交易で聖杯モデルを運用している超一級交易人か、運用額10億クラスの超一級金融資本家でしょう。

実際のところ、常に30秒でクリアできるのか、と言うとそうでもないが仮にクリア時間を30秒、次のミッションまでの準備時間を30秒として、1分1周で計算すると、1時間あたり3000万経験値と、300万ゴールドです。

一日1時間、行うだけで月間9000万ゴールドに達する計算。まぁ、一級廃人たちが1日1時間だけで終わるとも思えないので、多分このレイドミッション高速周回を行っている人たちは月間1億がゴロゴロといるはずです。

難易度 ☆☆☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆☆☆

 

 

最も平等に門扉が開かれている交易でコツコツ稼ぐ系

交易の最大のメリットは、やはり初心者でも出来るという点です。そしてコツコツとちゃんとやれば、使った時間がちゃんとお金に変わってくれるので無駄がないのもいいところです。

間違いなく、金策として運用できる方法。極めれば、とても大きく稼げるし、レベル上げにも使えます。やることも、街から街へとモノを運ぶだけなので簡単です。ただ、この簡単さがデメリットでもある。そう、暇なんだよ。やっている間が非常に暇である。

かと言って、手抜きでやると「略奪団」に引っかかり、戦闘になるし。初心者でもできるが、この略奪団が厄介なところで、強い略奪団は本当に強いので怖い。コツコツとこなせる人には、間違いなく交易が向いている。

ドゥカートからゴールドに換金するときも、工夫をすれば換金率を高くできるので、非常に金策として優秀。時間効率の向上に必要な、「交易速度服」も今は非常に安くなっているため本当の意味で交易はとても平等になったといえるだろう。「ウィングシューズ」も忘れてはいけない。

あと、交易はどうすればもっと効率よく稼げるか?ということに対する研究が非常に奥深くできるので、面白いよ。自分はだいたい研究を終えたのだが、運ぶのが面倒で暇なので、リタイア気味。

難易度 ☆☆
 
金策力 ☆☆☆☆

交易に関する記事

→ 超久しぶりに現状のマビノギの交易相場に関する考察でも書いてみる

研究成果の集大成みたいな記事。交易ガチ勢たちの理論みたいなものがまとまっています。中級者・上級者なら誰でも知ってる内容なので、初心者なら読んだほうが良いです。

 

ネクソンによってフルボッコにされた生産で稼ぐ系?

謎めいているのが、生産で稼ぐということだけど・・・。

昔(5、6年前以降)は、主要3生産スキルは、結構稼げた疑惑がある。鍛冶・裁縫・・・木工かハンクラだけど、当時は大きなリボンとか200万で売れたから型紙を手に入れたら一級裁縫師はそれなりに儲けられたと思う。

それと同じで、一級クラスの生産師だからこそ、儲ける事ができるエッジが色濃くあったし、それがマビノギの人気の要因でもあった。だけど、それも過去の話で、今は箱(課金で買えるランダムボックスね)から一級生産師たちが作ることが出来るモノ以上のモノがポンポン出るようになってしまった・・。

結果的に、エッジを失った生産は儲けるには向いていないという地位に。ネクソンはもうちょっと頭を使って、「型紙」や「図面」の状態で箱に入れるべきだったと思う。で、生産で稼ぐ系は終わったかと言うと、それがそうでもない。

最近の原罪のスタッフ、巡礼者の剣など、マジッククラフトでしか生産できない上まだ箱から大量バラマキがされていない装備類がある。それらを作ることで、稼げる可能性がある。

材料費や、ランダム要素の強い性能から、採算がとれているのかは知らないけれど鍛冶などの古典生産スキルよりは儲かるとは思う。最高に近い補正が付けば、結構な値段が付けられるし。

ちなみに自分は、タウネスMKの高補正品を300万で買った。バーフェルシリーズは非常に高価だし、デモニックシリーズもそれなりの高価を保っている。生産は一概に終わったわけでは無さそうだ。

もうひとつ、生産でコツコツ稼ぐ方法は、原材料を生産して売るというもの。紡織では、生地や糸。精錬では、インゴットなど。シリエンや、ヒルウェンでドリルで採掘なんかも、儲かると思う。作業的に楽そうなのは、シリエンとドリル採掘ですね。

難易度 ☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆

 

釣り放置でのんびり稼ぐ

割りと高価な、コール式瞑想法研究の本、事例から学ぶ休憩の本、楽器の心臓・共鳴胴、ある孝行者の本・・。これらの本は、それなりに高価(100万~300万ほど)で流通している。

それぞれ釣れる場所も違い、釣れる確率はとてもとても非常に低いが、放置なんだから苦痛を感じることはない。釣りマスターを目指していたら、たまたま本が釣れた。そんな感覚でやることをオススメする。

釣れたらとてもラッキーだが、そんなにぽいぽい出るものでも無いので金策としては微妙と言わざるをえない。それに、放置しすぎてレア本が床に落ちたまま消えるなんてことも・・。無いとは言い切れないので。(それは悲しい。)

難易度 ☆☆☆
 
金策力 ☆☆

 

サルに貢ぐ

世の中、意外なこともあるもんです。サルというのは、イリア大陸の北部にある温泉地帯に住んでいる「大食いザル」のこと。彼らに美味しい料理を渡すと、色々と貰えます。「各種ダンジョンボックス」「雪花の結晶」「作者未詳の歌、下巻」

この3つは、それなりの価格で売れるのでオススメ。ただね。美味しい料理(☆4つ以上)じゃないと、あまり良いものをくれない。決して、良い物が手に入るとは限らない。というのが欠点で、苦労してたくさん料理作って、食わせてやったのに何もくれないじゃないないかコノヤローなんてことは割とある。

作者未詳の歌なんて、200万で売れることもある高級な本だが、めったにくれません・・。ただ、在庫論というのがあって、メンテ直後に渡すと、とても本が出やすい気がするのでその辺りを狙ってみたらどうかな。(在庫論だと、ひとりで大量に作者未詳の歌下巻を売っている人の存在が現実的に説明できるんだよ。)

ちなみに、メンテ直後ってのが肝です。どうやら、すでにこの事実を知っていてメンテ直後を狙っているプロなミレシアンがいる予感がするので、割りと競争することになると思います。一人で4冊くらい独占できたら良いけど、最近は2冊取れたら良いほうかな。

難易度 ☆
 
金策力 ☆☆☆

→ 作者未詳の歌-下-を入手するために~えびチャーハン道~

この金策の基本的な手順はこちらの記事にまとまってます。やり方が分かったら、後は「メンテ直後」を狙うだけです。

 

実は需要があるのに、存在に気づかれていない装備を作って売る

ちょっと難しいですが・・。

意外と成立している局面は多い。需要はあるのに、多くの人が気づいていない。そして、気づいていても作るのが難しいと思い込まれている。この2つが揃っていると、儲かる可能性がある。

この分野は、おそらくはエンチャント師が一番力を発揮できると思う。って書いたら、ほとんど答えを書いたようなものだけどさ。箱のせいでずいぶんと安価になった高性能ESを、装備に貼り付けるだけで結構売れたりする。

弱体化装備も最近、箱からバラマキがされたりして価格が結構下がったが理論上は強い人の人数が増え続けるので、需要が消えることはない。今はエンチャントのトレーニングも初心者エンチャントスクロールの実装で楽になったので、敷居は言うほど高くない金策かと思われる。

ちょっとした発想力は必要になると思うけどね。

難易度 ☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆

 

 

目的(金策)を達成するためなら手段を厭わない、リアルマネー投入派(公式RMT)

どこかしら、よく見かける、公式RMTという手。

この方法はとにかくリアルマネーがモノを言うので、リアルでの金策力が強ければ強いほど、普通の金策を行っているミレシアンには到底届かない金額を短時間で稼ぎだすことが出来ます。

1. 定番公式RMT「高級細工道具」の大人買い

リアルでの金策力があるミレシアンは、基本的には細工道具を買って、露店などで売る方法が主流です。だいたい1個65万で売れている様子。(襟鯖)

4500NPで35セットが買えるので、4500NPで約23M稼げる計算になる。100NPあたり、51万ゴールド。缶ジュース1本購入するということは、60万ゴールドの消費に値する。(なんて考え出したら末期です)

金策というよりは、本当に「公式RMT」というやつです。手っ取り早く、時間を掛けずに、数千万単位のゴールドを稼ぎたいなら、この方法は最も良いと思う。

難易度 ☆
 
金策力 ☆☆☆☆☆

2. 金策のはずなのに、ランダムボックス?

目的のものが、箱のなかに!

という理由でランダムボックスを開けるなら分かるんですが、金策が目的でランダムボックスを開けるとか、マジで謎めいててやばいよね。例えばさ、2%で出る、とても可愛い衣装が2500万で売れるとしようか。

2%ということは、50個中1個だ。3000NPで35個セットが買える。単価は86NP。単価で計算すると、50個は約4300NP。もし、狙いの2%がヒットしなければ、投入した4300NPはすべて水の泡だ。ヒットすれば、4300NPで2500万の収益。

100NPあたり、58万ゴールドを実現しているので、高級細工道具を大人買いするよりは儲かるようだ・・。

まぁ、ヒットしなかったらすべて水の泡だし、代わりにミドルクラスのモノがヒットしたとしても、高級細工道具に負けることになるでしょう。金策でランダムボックスを開けるのは、とてつもなく合理性に欠くのでオススメしない。それとも、確率操作の鬼で、2%くらいなら当てられるって人は別にいいんですけどね。(確率操作ってなんじゃそりゃ)

難易度 ☆☆☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆

3. 最近は細工ランク1の装備がとても安いから、良い細工オプション狙う系

いやー。謎だね。

金策のために良いオプションを狙うとか、謎すぎる。もしかすると、さっきのランダムボックスよりも合理性が無い。でも、属性4はつきやすいと聞くので、細工ランク2のハイロンを安く買って、それらに細工をするのはアリかもしれないね。

目安としては、ハイロンに属性4をつけるために、1500NP以上掛かったら負けです。理想としては、高級細工道具3個くらいで決着を付けられたら採算は取れると思う。でも、高級細工道具3つで、属性4をつけ続けるって、現実的に考えて厳しいということは誰にでも分かると思うので、金策としては非常に愚策と言わざるをえない。

難易度 ☆☆☆☆☆
 
金策力 ☆☆

 

マビノギで取引を行って儲ける系

取引を金策に?

例えば、ワゴン、露店、ハウジングを使って稼ぐということです。現在は、ワゴン、露店、ハウジングは有料サービスを受けていなくても利用できるため、非常に平等な金策といえるでしょう。

1. 要らなくなったモノを他の人に売る

武器の買い替え、飽きた服や、細工を更新して古くなった防具。マビノギを長くやっていれば、必ず起きることです。不要になったものはできるだけ、持ったままにせず、他の人に譲るなり売るなりするのが賢いです。

露店やワゴンで売るのもいいし、設定金額に限界がある場合は、取引掲示板に書き込んで、買い手と直接取引する方法もある。マビノギにおいて気をつけておきたいことは、「服」です。

優秀な細工や、エンチャントの付いた、戦闘のために使う装備は特に気を使わなくていいのですが、ファッションのための服には気をつけておきたい。理由は単純で、定期的に箱でバラマキが来るからです。

エレガントゴシックドレス。大昔は200万以上もする高級品でした。バナレンオリエンタルドレス。昔は1500万もする合成でのみ生成可能なレア服でした。他にもたくさん例はありますが、必ずと言っていいほど、箱でバラマキがやってきて、購入したときの価格が喪失します。

4年前に1500万で買って、現在は30万でも売れないなんて悲しすぎる。売りどきを自分を見極めて資産防衛するのも金策だ。

そういった理由から、やかもちはファッションをしても、すぐに売っぱらって虎兎に戻るようにしているのだ。要らなくなった服、要らなくなりそうな服、そろそろバラマキが来る服、そういったものは手早く他の人に売ってしまおう。

注意点としては、取引掲示板の使い方ですが。相場不明品とか、相場が分かりませんか、希望価格でとか、こういった文面はやめたほうがいいと思う。

相場が分からんなら、調べてこいって思うし、買い手に対して価格を調べさせる手間を取らせることになります。希望価格でー。というのは別にいいんだ、実は(笑)

これにはちょっとした経験則があって、実は希望価格で売っている人は結構な確率で実際の相場から推測される適正価格よりも、安く買えることが非常に多い。

「あれれ?思ったよりも安く買えたぞ?」

こういったパターンが結構あるので、欲しいものが希望価格で売りますーなんて時は、ちょっと勇気を出してメモを送ってみよう。

難易度 ☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆

2. 金融的なアプローチでマビノギの相場に挑む

前提として、実際のマーケットでは「売り買い」ができます。値上がりを予想して株を買う、値下がりを予想して株を売る。当たり前ですが、マビノギにおいては「買い」しか出来ません。

なぜなら、手元にないものを売るという仕組みが存在しないためです。「空売り」は手元にない株を誰かに売って、決済するときに買い戻す行為です。マビノギではそのようなことは出来ない(残念・・・。)

ということで、マビノギに金融的なアプローチを持ち込むなら適正価格を計算してそれを下回る価格を買うか、今は安くても将来値上がりが期待できるモノを買うということになる。

秘奈さんみたいに、9割裁量(ブラックボックスの手法)で需給と将来価格を推定が出来るのもマビノギの市場規模が小さいことに起因しているんだと思う。わざわざ金融的なアプローチを持ち込んだのは時間効率をすべての金策の中で最高にするため。

最近はマビノギをそんなに真面目にやっていないので、数分しかINしない。それでも、5月度の金策の成果は7000万。秘奈さんは9500万と月間億を達成しそうな勢いだった。

もちろん、値頃感で似たことをやっているミレシアンは他にいると思っている。だが、それは「運」で儲かっているのに近く、金策という手法として成立しているのかは微妙。

鰹武士の手法は、未来を織り込んで買うという点が大きく違う。運良く、とても安い株(適正価格よりも安いという意味)を見かけることはあっても、たまたま持っていた株が気づいたら値上がりしていたなんて事例は非常に稀だ。

未来におけるリターンが期待できるなら、現時点で高く感じても普通に買う。あと、この手法は金融的なアプローチを持ち込んでいるだけあって、「リスク」が存在するから注意ね。

5000万ゴールド分の株を買って、4500万ゴールドしか稼げなかったら、それは500万の損だもの・・。時間を使わず、半自動的に、リアルマネーも使わずに、最大限の時間効率を追求するなら、金融的なアプローチを持ち込んでみてはどうでしょうか。万人向けじゃないけど。(儲からなくてもなんとも思わない忍耐が要ります)

※一級廃人による、ギルガシ高速周回には、ちょっと敵わないかも・・・。

難易度 ☆☆☆☆
 
金策力 ☆☆☆☆☆

 

まとめ

 

これで、マビノギに存在している儲かると思われる金策をだいたい網羅出来たと思う。ここに書かれていない方法もあるかもしれないが、大抵ここに書いた概念のどれかに一致する方法になると思うので、細かいことは書いていない。

この記事に書いた金策は、儲かりそうなモノから、大したことのない方法まで色々と書いた。金策に悩む、迷えるミレシアンはこの記事のどれかを行えばいい。

ランダム性の強い、箱やレア狙いと言った概念を含む手法はあまりオススメしない。やった分だけ利益の出る方法が、やはりオススメだ。金策は、「策」と付いているんだ。堅実(ロバストでもいいかも)に稼ぐことが出来ない方法は、金「策」とはいえない・・。

マビノギを初めて間もない、純粋な初心者は、まずは交易・戦闘がいいと思う。コツコツと積み重ねることが性に合っているという人は、アルバイトや交易。まぁ、人それぞれ個人で、どれが気に入るのか、それは星の数ほどある言ってもいいかもしれないね。(金策を仕事と割りきってできる人は少ない・・。)

やっちは、秘奈が手法として成立させた「金融」が非常に性に合っている。現に、このブログを運営する「鰹武士」は、プロップファーム、金融系ギルドとして活動している。おそらく、マビノギに3万ほどあるギルドの中でも、非常に珍しいタイプだと思う。

戦略を建てて、資金を適切に配分する。エクセルで資金管理したり、別シートで口座別に運用状況をチェックしたり、そういったことが非常に面白い。他に好きなのは戦闘だが、結構飽きた感はある。交易は、非常に飽きた。研究もだいたいやってしまったし・・。

ということで、このくらいで。またねノ

「お金が無い~。」という声が無くなることを祈って・・(笑)

 

関連記事

→ マビノギ交易で儲けるためにおさえたい6つのコト(初心者向け)

交易で重要で、かつ基本的なことを6つにまとめた記事。基本概念だけど、知っているのと知らないのでは、交易の質がまったく別の次元になるので、交易をやるなら読むべき。

→ 定番の儲かる、レベリングに向いている影ミッション

戦闘系で稼ぐ。定番の影ミッションの、実力をまとめた記事。もう一年ほど前の記事だけど、まだまだ影ミッションで稼ぐ方法としては今も変わっていない(影ミッションがアプデで追加されないため)。

→ ドゥカートをゴールドに変換するときの効率について

交易ではドゥカートという通貨が儲かる。しかし、これらをゴールドに換金するためには、ドゥカートでしか購入できない物品を買って、それらを売るということになる。注意したいのは、その換金率だ。換金率が高ければ高いほど、ゴールドはたくさん手に入る。

→ 最高の金策・レベリング「とても難しいギルガシ」を超高速で周回する

難易度☆5級の金策。ギルガシ高速周回。やかもちも無理です。

→ マビノギの相場をテクニカル分析する

マビノギに金融のアプローチを持ち込んだ際に、思いついた方法。ちなみに、現在は言うほど役に立っていないので、妄想・・程度に受け止めた方がいい。

< 著 : やかもち >
Sponsored Link