シューティンググラッシュとバレットストームの修練にすごくイケてる場所

0

忍術に飽きてしまって、大忍者のままシューターにやって来まいました。

今思えば当たり前の話なんだけど、シュータートレって硫黄クモとかで

やってたんだけど、もっといい場所あるじゃんって・・・話。


シューターってのは、ダウラSEなどに代表されるデュアルガンという

銃を使って戦うスタイルで、STR+INT準拠なんだが、計算式の関係上

実用するにはそれなりのスペックが要求されるため初心者お断りスキルの一つ。

でも、強い人が使うと馬鹿みたいに強いこともある。

最近は、レベリングにウィズHDソロ周回を採用しているが、いかんせん

面白さに欠けてきた。

正直言って、火力をブーストしてクラショしてればいいんだからね。

でも面白く無いんじゃゲームは続かない。

儲かると言っても、面白く無いんじゃモチベが足りず、トレードを舐めてしまう

方がたくさんいるのと同じこと・・・。

ってことで、クラショ→→クラショ・・。といった一連のパターンの「?」の部分を

どうにかしたいと思って、色々と考えたり、一級廃人の配信動画などを見た結果。

シューターとなった。

特にシューティンググラッシュの驚異的な汎用性といか、利便性というか

コンパクトに高火力っていうところが気に入った。

CTも少なく、広範囲にダメージを配ることが出来る。

素の強さが高ければ、グランビル程度は殲滅できるのでは?

ということは、タイムの縮小にも効いてきそうだ。

今まではフレンジーのみを採用してきたが、シューティンググラッシュを

極めるということで、可能であればマスターシューターを目指したい。

おそらく、大シューターで終わると思うけどね。ここ2週間マジでマビノギに

対してモチベが無いから。

で、シューティンググラッシュはCT短くてトレーニングもさほど苦痛には感じないが、

バレットストームは苦痛だ。

CT長いし、たくさん当てればいいんだけど妙に範囲が狭いので当てづらい。

硫黄クモでは正直言って効率が微妙。攻撃すればいいんだからHDでも

いいかなぁと思ったけれど、思いの外・・敵の攻撃がウザイ(ヽ´ω`)。

攻撃すればトレーニングが進むなら、いい場所があるんじゃねって思ったんだよね。

理屈とか説明不要のアタリマエのことなんだけど、ゾンビを使えばいいみたいです。

シューターって一応、魔法攻撃っていう扱いみたいなんだよね。

まぁSTR+INT準拠だからか。そういえば、デュアルガンのバレットは「魔法弾」だったね。

ゾンビといえば、やはりあの影、「彼らのやり方」ということになる。

ランクが上がってくると5体以上同時に当てなければならないので、集めるのが一苦労。

しかも、結構シュティグラは敵をばら撒いてしまう傾向にあるから、せっかく

一箇所に集めても、散らばることもチラホラ・・。

くっそ。

ゾンビこそ聖域だと思ったのに、これじゃ意味ないじゃないか。

そしたら、BOSSルームまで行けばなんとかなるんじゃ無いかって思うよね。

さっきの場所だと、集めるのも面倒だし、建物の隙間に挟まったり、微妙に安定しない。

そこでボスルーム。

ここは周囲が囲まれていて、壁の表面は平坦。

挟まるといったことはない。

しかも、最初からそこそこの数のゾンビがいるので、寄せ集めればかなり効率

いいんじゃないか?

バレットストームもこの通り。

多数当てがどんどん埋まる。

最後の一撃を・・・というトレーニングがあるから、そのあたりが気になるくらい。

簡単に一流シューターになってしまった。

忍術と比べると、ストレスは少ない印象を受ける。

特にシューティンググラッシュは快感的だしね。あれで一発0.8Kくらい出るようになれば

相当に強そうだ。

壁へ寄せていきます。

この壁、完全な円形じゃないのが肝。

微妙に角度が付いている部分があるでしょ。

そこに嵌めこむようにすると、簡単には散らばらなくなる。

シューティンググラッシュとバレットストームを繰り返す。

すると、こんなふうに一箇所に完全に集まって、溢れることは皆無になる。

修練は怒涛の勢いで進行する。

少なくとも、今まで硫黄クモでやっていた時とは5倍、10倍速で進行する。

だいたい1回のシューティンググラッシュで、才能修練受けていると、

この画像みたいな感じで進行。

下の、複数の敵に当てるやつ。倍数でちゃんとカウントしてくれたら良かったのに。

12体で2回分進むって感じで。

ひたすら、シューティンググラッシュと、バレットストーム。

バレットストームは最後の一撃が埋めることが出来ませんが、それでも

結構なペースで埋まります。

ようやく、シューティンググラッシュが青いヒットになります。

壁に嵌めこまれた敵に対して、シューティンググラッシュをするだけなので

動作は非常に簡単。

映画でも見ながら作業できるのもいいところだね。

出来る限り速く、シューティンググラッシュはランク1にしたいと思います。

フレンジーと並んで、シューターの真髄とも言えるスキルと思っているので。

あ、あと。

バレットストームは最大限命中させると弾丸の消費量も多いので、

リロードの修練もいっしょに進んでしまうという、お得感。

多分、1匹につき4発消費するみたいです。10匹に当てて40発も消費するので。

では、楽しいシューターライフを。またねノ

< 著 : やかもち >
Sponsored Link