マビノギの鯖のIPアドレスとPING応答速度の求め方

0-2

今回はPingの代わりにあるコマンドを使ってPing応答速度を求める方法や
IPを拾うツール・方法について記事にした。

オンラインゲームによってはIPアドレスを公開していて自由に
Pingの応答速度を測ることができるらしいが、マビノギはそれが出来ない上
IPアドレスも基本的には非公開であり、公式サイトには情報がない。
今回は、公表されていないようなIPアドレスは普通に知ることが出来る方法や
Pingに応答してくれない場合の代替方法について、書いていくよ。
マビノギごときで随分とマニアックだなぁとは、自分でも思うんだけど
もしかすると交易の限定品というか入荷のタイミングにおけるヒントが
得られるかもしれないよ。
では、早速。
Process Explorer で通信を行っているアプリケーションの通信先の情報を得る。
非常に簡単なソフトで、誰でも簡単にIPアドレスを調べたりすることができる。
もちろん、フリーソフト。
このような感じで、アプリケーションごとに分かりやすくなっているのが良い点。
このソフトを起動した状態でマビノギを起動してみると。
一番下に、マビノギの「Client.exe」が出現する。
右クリックして、「properties」を選択すると。
赤枠で囲んだところに、IPアドレスらしきモノが出現する。
しかし、見たところIPアドレスなのかどうか、イマイチ分からない。
一番下の、「os1 x033.nexon.jp:11020」だが、この11020という数字については見覚えがある。
確か、某黄色いサイトがフィールドボスの出現のシグナルを受け取るために
サーバーのIPを調べていたところ、見つけられたIPアドレスらしい。
ただ、残念ながら・・・
もちろん、このような文字列ではPingコマンドを実行しても、そもそも実行できない。
やはり、Pingの応答を求めるには、IPアドレスらしいアドレスを見つけないと意味が無い。
残念ながら、このソフトでは正確なIPアドレスは得られない模様・・。
うーん、MT4鯖のIPなら上手く拾えるのに、マビノギ(ネクソン)鯖はダメなのか。
意外と手厳しいね、ネクソンは。
ちなみに、このソフトを起動しながらマビノギにINすると、かなりの高頻度で

このようなエラーが出て強制落ちしますので、注意。
どうやら、ハックシールドが反応してしまうようです。
ちなみに、マビノギを終了するときに突然通信先がドドッと増えます。
一応調べてみます。
一番上の、「72.246.189.18」というIPアドレスはWhois情報検索によると
アカマイ・テクノロジーズというアメリカの企業のモノらしいです。
何故、ここにきてアカマイなんて出てくるんだろう・・。
アカマイってのは、主にWindows Updateのデータ送信などを行っている企業です。
なのでアカマイとの通信を止めるとWindows Updateができなくなるので注意です。
まぁ、何故アカマイが出現するのか謎だけど、とりあえず有害ではない・・・。
その下の2つは特にこれといった情報は得られなかったのでスキップ。
4番目の「211.130.218.194」は、JPNICという日本のネットワーク関係の企業のようです。
関係性について色々とググってみたが、自分の知識の限界を感じる。
おそらくは、KDDI-NEXON鯖との関係、というかKDDIのIPアドレス割り振りに
多分、JPNICが関係してるんじゃないかなぁ~程度しか分からん。
5番目の「74.125.204.155」は、Googleです。
広告を表示するためのブラウザにGoogle Chromeが使われているから?
んー、まったくよくわかりませんー。
その下の2つはスキップです。アカマイ・テクノロジーズのようなので。
8番目の「122.220.195.254」はUser Local.incというWebマーケティング関係の企業。
広告配信と関係があるのかな、それとも利用者の傾向を調べるために
マーケティング系統のシステムを使っているとか。
どっちにしろ、ユーザーの情報を集めているようです。
最後の「14.0.42.23」はCDNetworksというウェブサイト系の企業。
メディア・アクセラレーションあたりがそれっぽいですが、詳細不明。
これも広告配信のためかな。よく分からん。
結論、Process Explorerではマビノギ鯖のIPアドレスを取得することは

不可能のようです。
ただ、色々とググっていると、KCCS-NEXONという鯖を発見しました。
このKCCSは京セラです。
画像の通り、KCCS鯖へPingを送っても応答しないどころか、到達出来ないとまで
言われてしまいます・・。
KDDI鯖への完全移行したということでしょうか。
Ping応答してくれないなら、tcpingコマンドを使おう
既に判明しているKDDI-NEXON鯖へPingを送っても応答してくれません。
おそらくは負荷回避やセキュリティの観点からの仕様と思われます。
ということで・・。
TCPを使ったtcpingというコマンドを使います。
ただ、デフォルトのコマンド・プロンプトでは使うことが出来ないので別途
ダウンロードすることになります。
もちろん、フリーソフトです。
→ tcping
tcping.exeをDLしたら、システムドライブ(主にCドライブ)のWindowsフォルダの中へ
突っ込みます。そうすることで、コマンド・プロンプトからtcpingコマンドが
使えるようになります。
しかし・・。
やはり応答なしです。
色々と工夫をしても、変化はなし。
このままで終わるのか・・?
一応、KDDI-NEXON鯖は、IPアドレスの最後が0~255まで割り振りされるので
おそらくその中の一つだけが通信していて反応可能と考えられるが、
それって256回tcpingコマンドを実行することになるんだけど・・。
相手方に迷惑だし、あまりオススメできないんだよ。
じゃあ、やはりあのフリーソフトしか無い。
直に通信先を調べてくれるアプリケーション。
Wiresharkはやっぱり強力だ
フリーソフトのWiresharkだが、能力は非常に優秀。ただ、ちょっと使い方に
戸惑うというだけで慣れれば問題ない。
→ Wireshark
マビノギにInすると、大量のIPアドレスを拾ってくれます。
Source列を昇順(降順)に並べ替えて、最初の数字が「111」のIPアドレスを探します。
見つかったら、それがすべてマビノギ(ネクソン)鯖との通信に使われている
IPアドレスです。
さて、どうやら0~255のうち、168番が通信に使われているようです。
早速tcpingコマンドを実行。
すると、反応ありでした。
画像のコマンド・プロンプトを見ての通り、平均にして5.635msということです。
もちろん、tcpingが成功するからと言って、デフォルトのpingコマンドは無視されます。
33番も検出されていたのですが、どうやら今は通信をしていないようです・・。
ということで、マビノギを起動している時、サーバーとの通信に使われているのは
168番ということです。
もちろん、これは必ず168番というわけではなく、それぞれ個人で変わるはずです。
何度かtcpingを試した結果、5~7.5msで通信できているみたいです。
これがPing応答速度でどれくらいの速度なのか。
試しにJPNICの東京サーバー「210.253.208.29」にPingとtcpingを行ってみて
差異を調べてみる。
画像の通り、ぱっと見では、pingもtcpingも言うほどの差はないようだ。
ってことは、マビノギの鯖と、やかもちのPCは一桁台のPing速度を
実現できているってことなのかね・・。
にわかに信じがたいが。
このPingの単位の「ms」はミリ秒というやつで、1ミリ秒で0.001秒。
約20ミリ秒ってことは、0.02秒。
は、速い。
ちょっと重要な追記(今更知ってガッガリ(´・ω・`))
なんか、随分と苦労してフリーソフトなり駆使してマビノギというかネクソンの
サーバーのIPアドレスを見つけているわけだけど、もっともっと簡単な方法がありました。
というか、この方法は意外とみんな知っていたりして・・。

ビックリだよね!

ネクソンの公式サイトのHTTPアドレスに対してPingコマンドを実行すると
勝手に通信しているIPアドレスにPingを送ってくれるみたいです。
この画像の場合だと、165番のようです。
よし、公式サイトもPingには応答しない仕様のようなので・・・
tcpingコマンドを実行すると。
画像の通り、だいたい同じような数値が帰ってきました。
オンラインゲームのPingってのは50msなら十分な方で、200msを超えるようだと
かなり遅いとされていますが、やかもちPCの5~7.5msというのは相当な速度という
ことになりますね。
ちなみに、「111.87.32.165」はKDDI-NEXON2というサーバーです。
まとめ
・マビノギは色んなところと通信している。
アカマイ・テクノロジーズ、Local User Inc、Google、CDNetwork。
・京セラサーバー(KCCS)、KDDIサーバーがある。
上記の2社のデータセンターに鯖を委託しているのかな。現状真面目に動いて
いそうなのはKDDI鯖っぽいけど。要するに、ネクソンは自社でサーバーを
抱えていないことになる。
・ネクソンのサーバーはPingには応答してくれないが、tcpingなら計測可能。
セキュリティなのか、負荷軽減なのか、Ping応答してくれないけれど
tcpingで応答を得ることが出来る。ただ、注意したいのは通信中でないと
返してくれないので、Wiresharkで今この瞬間に通信しているIPアドレスを
ちゃんと掴むこと。
・交易の限定品取得との関係性
さぁ、さっぱり謎でしたね。Ping速度はミリ秒なんだけど、ミリ秒でどうしたって感じ。
7秒とか、5.5秒とかだったらまだ検討ついたけど、ミリ秒ってどうすればいいんでしょう・・。

極めて技術的で、変質な記事だけどここまで読んでくれたミレシアンには

ちょっとビックリかな。最後まで読んでくれてありがとですm(_ _)m。

では、またねノ

< 著 : やかもち >
Sponsored Link