エンチャント保護ポーションを使いたくない人へ、確率操作の術

エンチャント保護ポーションってあるじゃないですか。

アイテムショップで売られている800NPと、かなり高価なポーション。

エンチャントの貼り付けに失敗しても、装備が無傷のままで済むという便利なやつ。

で、ランク制限がないような高価なエンチャントを細工済みのいい装備に貼るときは

素直に保護を使うんだけど、使うほどでもないな。っていうパターンもある。

そういう時に使える、エンチャントの確率を自分に有利になるように操作する方法

について書きたいと思います。

勇気のある人はランク6といったかなり高ランクのESでも試してみてもいいかも。

今回貼るのはランク8の鋼鉄針

ランク8を貼るためには、ランクAと9を貼っていかないとダメなんだな。

期限解除された鋼鉄針が割りと安く売っていたので、自分の小手に貼ろうと思って

たんだが、よくよく考えるとそのガントレットには接頭に鋼鉄針じゃなくて、ソリストを

貼ろうと思ってたんだった・・。

時間が経つと忘れちゃうんだよね。

それで急遽、細工ランクの入った猫手を購入してそいつに貼ることなった。

でも、その程度の装備に保護ポーションなんて使いたくないので、確率を

ちょいと動かして、少しでも貼りたいESが成功するように仕向けることに。

やること自体はとてもシンプルで、わざとエンチャント貼り付けを失敗させて

次に成功する確率を上げるというもの。

まーマビノギの確率って偏ることが多いので微妙かもしれないけど、成功しやすさは

一応上がるように感じる。

貼り付けを失敗させるには、なるべく確率の低いESがいい。

ってことで、お手軽に集められるのがイカダで手に入るランク9の接頭ES「虹の」

を集める。

最近覚えたサンダーも使う。

こんな感じ。多分、一周では2個くらいが限界かな。

エンチャントランクが高い人は、適当に素材買って燃やせば済むんだろうけど・・。

ランクFしかない、やっちはこのようにして手に入れるしか無いんだよな。

虹ESをいくつか集めたら、次は貼り付けるモノを集めます。

露店でちょうどいいランクの装備が売っていればいいのだけれど、売っていない場合は

ポコマ2に出てくる茶色のグランビルを倒して、「騎士の」がはられた木刀を狙う。

騎士のESは、ランクが6(接尾)なので、ほとんどのESを貼り付けることが出来ます。

貼り付ける時は、魔法の粉を使わずにやります。

成功率は32%しかないので、かなりの確率で失敗します。

こんなかんじで。

大失敗が出ると、なおいい感じ。

まずは下地のハムスターを貼ります。

ちなみに、これは失敗せずにいきなり貼ってます。

2度失敗を連続させてからの、ランク9貼り付けに挑戦。

虹のESがなくなってしまったので、補填しに行きます。

今更気づいたけど、サンダーって時間待ちの間は装備切り替えが出来ないんだね。

サンダー打って弓に切り替えっていうスタイルならかなり効率よく行けそうと思ったんだけど。

何度か失敗を重ねて、古代の魔法の粉を使っての鋼鉄針に挑戦。

32%で失敗を2回。

失敗する確率が68%で、それを2回くぐり抜けるというのは、46%。

で、古代の粉を使っての鋼鉄針の成功率は51%。

失敗する確率は49%ということ。

3度めの失敗をする確率は23%くらいにまで下がっているはず。

(多分・・・。0.68*0.68*0.49 = 約0.23)

┗(`・∀・´)ヨッシャ!

確率の計算は超テキトーですが、失敗させればさせるほど、次に成功する確率は

上がると思います。

ランク6くらいまでなら、この方法でもありかな~とは思ってます。

さすがにそれ以上は中々ねぇ。失敗すると装備消えるかもしれないし。

まとめ

・成功率の低いESを貼って何度か失敗する(魔法の粉は装備せずに)

やっち的オススメは、騎士の木刀に虹をはりつける方法

・失敗したくなければ、3連続くらい失敗してからやれば、相当の率で成功するかと

(ただ、3回連続で失敗するのは割りと難しいかも。)

・「虹の」はイカダで、「騎士の」はポウォールコマンダー2退治に出てくる茶色グランビルで。

では、安価なエンチャントライフを~。ノ

Sponsored Link

2 件のコメント

  • >古代の粉を使っての鋼鉄針の成功率は51%。
    失敗する確率は49%ということ。3度めの失敗をする確率は23%くらいにまで下がっているはず。
    (多分・・・。0.68*0.68*0.49 = 約0.23)

    では失敗*失敗*成功と連続する確率はいくつですか?

    • コメントありがとうございます。

      実は、この記事の後も、何度もこの方法を使っているのですが、多分気休め程度に使うのがいいと思っています。
      この作戦は、連続で失敗してるのだから次に成功する確率は上がるはず。といった、ほとんど感情論のようなやり方なんです。

      例えば、50%の確率で勝つことが出来るゲームが有るとして、10回連続で負けます。
      普通の人なら、11回はさすがに勝てるだろと、自然と思ってしまう。
      10回連続で負ける確率は0.097%・・・。11回目に勝てるのは当然だろ。。

      これがかの有名なギャンブラーの誤謬というやつで、実際には11回めに勝つ可能性は
      その前でどれだけ負けていようが、50%です。
      100回連続で負ける確率は天文学的確率ですが、本当に100回連続で負けてしまったら
      そのゲームの勝率は本当に公称通り勝率50%なのかを疑う必要があります・・・。

      マビノギのエンチャント貼り付けも同じで、2回連続失敗したからといって、3度目の
      成功率は決して変動しない。(ギャンブラーの誤謬)
      確率というのは、ほんの2、3回の試行回数では標準偏差しないもの。

      > では失敗*失敗*成功と連続する確率はいくつですか?

      0.68*0.68*0.51 = 約23.5%

      となり、最後の確率に成功率51%を使おうが、失敗率49%を使おうが、
      その差は微々たるものであり、過剰な期待をするべきではないという結果に・・・orz。

      それでも、人間というのはこういったやり方に期待してしまう(自分も含め)
      この記事のように、成功することも結構あるので。

      的はずれな回答でしたら、ご指摘ください。
      なにぶん、数学の知識は非常に疎いもので。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。