鰹武士でマビ、じゃなくてマインクラフトなんてやってました。

title
マインクラフトのマルチモードって面白すぎるだろ。

マビノギをやるかわりに鰹武士でマインクラフトばっかやってました。

(・ัω・ั)・・・。

最初マルチを始めた頃は普通にサバイバルモードで普通に、水流し式の農地を

作ったり、牧畜したり、夜になったらみんなでモンスターを狩りに行って死んだりと、

中々楽しくやってた。

シングルプレイの時はひらすらクリエイティブモードでワールドを巨大化させて

いってたんだけど、次第に飽きちゃうんだよね。結構疲れるし。

でもマルチはひたすらに楽しい。アイテムの供給は速いし、建築の速度も早い。

でも、2日ほどマルチをしてサバイバルモードに飽きてしまった。

やっぱりいつものパターンで、次第にやることが大きくなってくると必要になる資源が

とんでもない量になってくる。いくら3人でも手に負えず、鯖主である鍔迫に

「もう、これクリエイティブモードでよくね?」といったところ、あっさり快諾してくれたのだ。

まず、海に面した湾に建築をしていたのですが、クリエイティブモードということで

テーマを決めて作っていくことに。

地域名は「ヴァルフォーレ港」

名前の由来とかは特になくて、適当に響きだけでつけた名前。

軽さ重視で動かしているので奥がまったく見えないんだな・・・。

秘奈作の船。結構丸っこくて可愛い感じ。

時間帯を朝にして撮影。

ヴァルフォーレ港を作っているうちに、さらに規模が大きくなってきて、

「ヴァルフォーレ帝国」的な、国を作ってしまうという計画に。

もともと、やっちが一人で作っていたワールドが地下も含めてかなり大規模で

3人でやるんなら、それよりは大きいワールドを作ってしまうという感じ。

だいたい、目安としては、マインクラフトの徒歩でワールドを完全に踏破するのに

1時間は掛かるサイズ。

1時間で歩けるサイズってのは以外と短いようで、かなり大きい。

やっちのワールドも歩いて、だいたい15分くらいだから、かなりの規模になる。

まず、「港」

奥に行くにつれて、構造が坂になっていて、完成する頃には船から見て

港の街が奥まで綺麗に見えるイメージ。

で、港の先に「城下町」

城下って言うんだからもちろん、城とその周囲の敷地も作っていく。

これだけだとなんかリアリティーが無いんで、低所得な感じの人が住まうダウンタウン

つまり地下街も作っていく。

左右の広さだけじゃなくて、地下を含めた縦の構造も作りこんでいく。

いわゆる多層構造。

遠くから見た時のインパクトも大事だけど、やっぱり実際に歩いていて楽しいワールドが

大事だよね。多分。

港町。

秘奈がお気に入りのトロッコ。

ちなみに、秘奈の姿がマビ準拠じゃなくて、実はFF12のヴァンだったりする。

分かる人はもうわかってるかもしれないけど。

城下町へとつながる中央の駅のすぐ近くという中々良い立地に家を建てた秘奈。

基本的に速く建てた者勝ちだよね。

奥に行くにつれて、標高が上がっていく・・・。

まだまだ建築物の数が足りないなぁ。港には少なくとも50棟以上の建物を作るつもり。

ロブションのような高級フレンチ店を意識して作ってるうちに、なんかレストランじゃなくて

残念なホテルみたいになってしまった残念な建築。

最近、建築のアイディアが浮かばなくて苦戦してます・・・。

自分のワールドでパターン化された建築をし続けたせいだな、これは。(´・ω・`)

よくわからないけど、こういう感じが好き。

FPSをやってた影響だと思う。

港に面したフードコート的なやつ。

白いのは布というか、帆をイメージ。

秘奈と鍔迫が作った、ホームレスに近い人達が住んでいるという設定の廃れた部分。

こういうリアリティーが大事だと思う。

マインクラフトのすごい作品って、ちょっと完璧すぎるところがあるよね。

特に外国産は、見た目はすごくてびっくりするけど、いざダウンロードして見ると、

内部の構造が手抜きでダメなんだよね。

歩いてつまらないワールドはダメだと思うの。主観。

これはやっちのマイホーム、定住。

の、つもりだったんだけど、個人的に満足してないので、また別のところに立て直すかもな。

建物と建物の間の狭い通路っていいよね。

奥の建物が海側から見てもすべて見えるように、このように柱で家を支えているという設定。

建築って、結構引力を無視するとものすごく不自然で気持ち悪い。

だから、こうしてなにかで支えている感じにしておかないとダメなんだな。

鍔迫の定住で、秘奈と鍔迫を発見。

秘奈がヴァンなら、鍔迫はバッシュで行くぜ。とのことで、秘奈がさっとスキンを作ってました。

やっちはドット絵はめっきり無理だからなぁ・・。すげぇや。

かなり再現度が高いと思う。

正直言って、ノヴァスキンに置いてあるやつよりも、ずっと完成度いい感じ。

そのうち、やかもちのスキンもリメイクしてくれるらしい。世界観に合わせて。

港はまだまだ完成してないけど、ダウンタウンも作り始めてます。

主に、城下町の地下部分はほとんどダウンタウンになる予定。

そして、ダウンタウンを交差するように下水道も整備する。

ちなみにこの画像の部分は秘奈と鍔迫が作った部分。

みんな好き勝手作ってるうちに、それぞれ個人個人の個性が出てきて面白い。

光加減とか、スペースの取り方、パーツの使い分け、全部違うんだよね。

本当はワールドを作ってるんだから、統一性があったほうがいいかなぁとも思ったけど、

誰が指示出したり、やっちが出したりするのも嫌だし、それだと効率が悪いので、

とにかく建築しまくるぞ。という方針でガンガン作ってる。

最終段階で、細かいつじつま合わせや、バランス調整、光加減の調整をしていけば

いいと思う。

基本的にダウンタウンにおいて、こーいうふうに「磨かれた安山岩」を使っているのは

やかもち。

地下空間へとつながる通路のひとつ。

この雰囲気作りが好きなんだな。

おもいっきり、DOOMとか、そのあたりの影響を受けてる感じ・・・。

高さが上の部分が暗くなっているのは、やっちの建築。

ダウンタウンなんだもの。電気もフル完備されているとは思えないしね。

Fillコマンドという、指定した座標の空間を切り抜くコマンドを使って、概ねの形を

掘り出して、そして細かく作りこんでいく。ということを繰り返す。

基本的に、地下のほうが向いているかもしれない。

陸上よりは、地下のほうが建築の自由度が高いようにも感じるし・・。

んー、そこは人によって変わるところだよね。

やっちは、自分が歩いて楽しいかどうかが最重要基準だけど、秘奈とかは、

結構、外観が大事派だから。

あと、ダウンタウンはかなりコンクリート(石)をメインに使う。

これは鰹武士の共通事項。

Fillコマンドで大きな吹き抜けを作った。

この吹き抜けを囲むようにダウンタウンを作っていき、最下層は広場になる予定。

ほとんど秘奈が作った、港の中央駅。

細かい外観の作りこみに目が行く。こーいう細かさが中々出来なくて苦戦してる。

やっちも、自分なりに、細かく作りこもうとするけれど、ちょっとこれは方向性が違うよね。

これは。なんかしつこい部類に入っちゃってるよね。建築むずい。

スランプなのかもしれない。これ作るのにかなり時間掛けたのに。

いい作品が出来ない。

港にある市場。

まだ何もない状態。

最後の仕上げあたりで、細かく商店を作ったりしていくと思う。

鍔迫の建築も紹介したかったけど、ちょっとボリュームが大きくなってきた上、

画像の編集が大変なので(ペイントでサイズ縮小するだけだけど、単純作業無理。)、

このあたりで。

ちなみに、地図を作ったのが鍔迫です。

やっちは建築と、大きなイメージを作るくらいしかできることはないけど、秘奈は

小物や、インテリア、外観の細かい建築に強くて、鍔迫はレッドストーンなどのシステムや、

地図といったモノの使い方、割りとシステマティックなところに強いんだよな。

・・・。しかも昨日くらいから建築もやってとお願いしたところ、一軒家を建て始めたんだけど

正直言って思ってたより上手くてビビった。

こーして見ると、建築しか出来ないやかもちって・・・。

いや、世界観作ったり、多層構造のラフを作ったりするのはイケてるから問題なしっと。

そんな感じで、マイクラばっかやってます。

マビノギにもちゃんとINせネバー・・・。

|д゚)

AP4倍イベントとか、来たらいいんだけどなぁ。

またねノ

Sponsored Link