ドゥカートをゴールドに変換するときの効率について

Ducats-1
ドゥカートをゴールドに変換。

多分よく使われているドゥカートの使い道かも。

数千万単位のドゥカートがあれば、欲しいものが出てきた時、改造石などを

購入してそれを露店に出すことでゴールドを手に入れる。

でもさ、最近改造石って妙に安くない?

忍者が実装された後も想像以上に改造石の値段が上がらなかった。

それどころか、むしろ下がった感じすらする。

まぁ忍者が思ったより雑魚かったってことと、初心者向けを謳いながら

結局は廃人のほうが向いている仕様だったことで、がっかりしたんだろうね。

そのせいで、ガツガツと手裏剣に改造石を突っ込む人が、いつもより少なかった。

半年以上前は、赤い改造石は70万~80万くらい。

青い改造石もまぁ40万~50万くらいで推移していた。

今は・・・

値段が下がりに下がって、20万ゴールドがたくさんという状態。

青い改造石でドゥカートからゴールドに変換するのは非効率だね。

交易の商人から購入するときは40万ドゥカート。

20万 /  40万 = 50%

赤い改造石もそこまで高額な値段では無くなってしまった。

でも、なぜかドゥカートの購入が青い改造石よりも15万安い25万ドゥカートなので、

まだまだ効率は悪くないね。

50万 / 25万 = 200%

こんな感じで、右側がゴールドでの価格。左側がドゥカートでの購入費。

それらを割って出てくるのが、ドゥカートからゴールドへの変換効率みたいなもの。

この数値が高いものほど、ゴールドへ変換するさいに得をすることになる。

で、これらの改造石以外のドゥカートで買えるものの効率について調べてみた。

音楽本関係

吟遊詩人マスターを取ろうと思って、作曲を真面目に上げていくと

イヴォナから貴重書籍を購入しないといけなくなる。

その際ドゥカートでの購入になるんだ。

そういった音楽本のゴールドでの価格は以下の通り。

まずは「作曲の落とし穴」

今売っているのはこの1点のみ。

価格は見ての通り、80万ゴールド。

これ、ドゥカートでの購入価格はわずか15万ドゥカートだったりするんだ。

80万 / 15万 = 533%

エリントレーダーによれば、ここ3ヶ月の平均価格は約83万ゴールドで推移。

割りと80万という価格で売れているのかもしれないね。

次は「ある作曲家の人生」

見ての通り、そこそこ流通していて、130万ゴールドとなっている。

これも結構安くて、ドゥカートでは25万

130万 / 25万 = 520%

こちらも効率は5倍と、赤い改造石などと比較すると圧倒的に効率がいい。

エリントレーダーでは、3ヶ月で平均価格は140万程度。

最安値は95万ゴールドとなっている。

そして、「作者未詳の歌ー上ー」

驚くことに、260万ゴールド!

ドゥカートでの購入価格は、たったの50万

エリントレーダーによる、ここ3ヶ月の平均価格は約220万ゴールド。

最安値は170万~190万ゴールドとなっている。

ちょっと、この260万ってのは周りに誰もいないから調子に乗ってつけた値段なのかも。

まぁ確かに在庫がそれしか無い、それでも欲しいっていう人が出たら売れちゃうんだけどね。

それが取引っていうものだからね。

平均価格の220万ゴールドを使って計算。

220万 / 50万 = 440%

5倍は割ってしまったが、それでもかなり良い効率。

じゃあ、次は音楽本以外の交易商人が売っているものを見ていく。

交易商人の品

各交易所で一番背の低い奴が、ドゥカートで色々なモノを売っているよね。

ワインの原料のぶどうだけは、ゴールドでの取引なんだけどね。

その商人がドゥカートで売っているものを色々と見て行きたいと思う。

ファリアス系

宝物スロットの開放に必要になるファリアスの遺物的なやつ。

見ての通り、「雨粒」は25万ゴールドで出回っている。

ドゥカートでの価格は、なんと63万!!

25万 / 63万 = 39%

たったの40%程度の効率しかない。

完全に大損である。

というか、だれもこれで換金しようとは思わないね。

じゃあ、他のファリアスはどうなんだろう。

「暴風」

出回っているのは、たったの一つ。

つまり、調子に乗って妙な価格をつけているに違いない。

エリントレーダーでの価格は・・・

あれれ、まったく情報がない。

2ヶ月前に80万ゴールドでひとつあったみたいだけど。

これは、微妙だね。

まぁ、その80万を使うとするか、どう考えても300万の価値はないだろ。

80万 / 100万 = 80%

あらら・・・。

ファリアス系統は揃いにも揃って、ゴミ揃いだったね。

まったくもって使えない。

あ、ファリアスの露も同様にゴミだったよ。

63万ドゥカートに対して、だいたい50万~60万ゴールド。やる価値なし。

雑貨類

じゃあ、次は雑貨類。

結構色々要らなさそうなモノをよく売っているよねぇ、あの商人は。

さて、この細工を消し飛ばす効果がある「細工復旧道具」

ちなみにやっちは使ったことはない。

が、価格は決して安いものではないね。

復旧するくらいなら、もう一個細工道具買って、他の装備に細工した方がいいだろう。

価格は見ての通り、25万ゴールドの他。

まとめ売りで単価28万もある。

エリントレーダーでの平均価格は約28万ゴールド。(3ヶ月)

ほぉ。

これ、ドゥカートでの価格は実は8万だったりするんだよね。

売れるかどうかは分からないが、売れれば結構効率はいいね。

28万 / 8万 = 350%

決して悪い数値ではない。

音楽本もそれはとてもとても、優秀だけどいつも手に入るというわけじゃないからね。

しかも、チャンネル共通なので入手は甘くないし、一部の人がいつも張っている。

ただ、この細工復旧道具だが、売れるのかイマイチわかんないね。

あれかなぁ。

細工したけど、オプションの数がイマイチだったので消してもう一回付け直す的な

用途があるのかなぁ。

細工はする派ではなく、細工済みを買う派だから、イマイチわかんないや。

次は、「古代の魔法の粉」

おそらく強力な装備を求める人は誰もがお世話になったことだろう。

やっちも800円のエンチャント保護Pといっしょによく使った。

アレゴリーを貼ったり、征服者を貼ったりだよね。

価格は70万ゴールド。

エリントレーダーでの平均価格は63万。

1ヶ月での価格は、約70万。

3ヶ月前って、なんか古代の魔法の粉のバラマキでもあったの?

妙に安いのが出回っているね。25万とか。

ここ最近はまた高騰気味だけど。

ドゥカートでの価格は40万

70万 / 40万 = 175%

はぁ・・・。

赤い改造石に負けるという結果に。残念だね。

じゃあ次は装備類で。

ドゥカート限定装備

多くの人が欲しいと思っている楽器のひとつ。

「ピアノ」

あの秘奈も「ピアノほしいわぁ。俺交易する!」って言いながら結局交易はしていないけど。

このピアノ、取引板を眺めた感じ、だいたい1000万ゴールドで取引成立となっている。

ドゥカートでの価格が500万なので、割りとイマイチな感じだね。

まぁ、実際の所、ドゥカートの価格が大きいほど価格のブレが少なくなるんだけどね。

計算するまでもなく、ピアノの効率は200%で、2倍になる。

やっちも余裕があれば、ピアノ買ってみたいなぁ。

でも正直な話をすると、500万ドゥカート稼ぐよりも、1000万ゴールドのほうが

難易度は低そうだね。

全然交易やってなくて、信用度上がってないし。

交易やってない理由はモチベーションもあるんだけど、ハードディスクの調子が

悪いのかフリーズを繰り返すんだな。万全の状態で交易には挑みたいからさ。

フリーズされてると、気持ち悪いんだよね。

まぁ交易の話はいいとして。

次ぎ。

そう、かのポーシャが装備していた「マスターピースボウ」

実装当時はものすごい人気を誇り、ピアシングが入っていることでも注目された。

しかし・・・改造はできなかった。

後々に実装されるさらに強力な弓たちによって淘汰され、今では正直

いらない弓というのが本音かな。

バーフェルセパルは改造可能な上、矢を使えば更にダメージが伸び、しかも

ピアシングがレベル2となっている。

他にも黒き竜騎士の弓などが実装され、マスターピースボウっていらない感じ。

実装当時は4000万ゴールドと、圧倒的な効率を誇っていたが、

現在は交易服のバラマキも相まって、見ての通り一番新しい価格が1500万程度。

しかも、エリントレーダーによればワゴンで売られていることもあり、

その時の価格は900万~1000万程度となっている。

没落したものだなぁ。

ドゥカートでの購入価格は600万

計算すると・・・166%程度。 (600万 / 1000万)

ドゥカートでお買い物出来るものはこんなところだ。

まとめ

とりあえず、わかりやすいように、効率順に並べてみる。

・ 作曲の落とし穴

15万ドゥカートに対して80万ゴールド。

効率は、533%

・ ある作曲家の人生

25万ドゥカートに対して130万ゴールド。

効率は、520%

・ 作者未詳の歌ー上ー

50万ドゥカートに対して220万ゴールド。

効率は、440%

・ 細工復旧道具

8万ドゥカートに対して28万ゴールド。

効率は、350%

・ 赤い改造石

25万ドゥカートに対して50万ゴールド。

効率は、200%

・ ピアノ

500万ドゥカートに対して1000万ゴールド。

効率は、200%

・ 古代の魔法の粉

40万ドゥカートに対して70万ゴールド。

効率は、175%

・ マスターピースボウ

600万ドゥカートに対して1000万ゴールド。

効率は、166%

・ ファリアスの暴風

100万ドゥカートに対して80万ゴールド。

効率は、80%

・ 青い改造石

40万ドゥカートに対して20万ゴールド。

効率は、50%

・ ファリアスの雨粒

63万ドゥカートに対して25万ゴールド。

効率は、39%

ということで、トップクラスに換金率が良いのは「音楽本関連」となった。

ただ、欠点はやはり入手難度。

3冊の中からランダムで1冊選ばれ、ET0時に販売されている。

36分に1冊という供給量だ。一日に・・・あれ一日って1440分か。

ってことは単純計算で一日あたり40冊の供給が限界となる。

意外と多いね。その割には市場には出回っていない感じ。

あぁ。ドゥカートで買う人もいるだろうしね。

そして以外だったのは「細工復旧道具」

需要はイマイチわからないが、効率は350%

一個あたり8万ドゥカートと、決して高い金額でもないので

試しにやってみたらいいかもしれない。

あとは、極普通の商品と価格がずらずらと。続く。

少額のドゥカートの換金を考えているなら、「音楽本」を狙ってみよう。

多額のドゥカートとなると・・・ちょっと音楽本を貯めるのは大変だしね。

以上、ドゥカートからゴールドへの変換効率についてでした。

またねノ

Sponsored Link