妖精フローラ、右にしか来ねぇ、どゆこと(爆)

ff
ついに、ペットなのかよく分からない妖精フローラを購入した。
もう、発売から結構日がたってるので、他の人にレビューされちゃったような気もするけど、
一応やっちも、フローラをレビューしてみようと思う。

久々にペット作成に苦悩したフローラ
そう、フローラのメイキングは非常に頭を悩ませた。
秘奈も同じらしく、かなり苦しんだ。
まぁ・・・普段ペットをテキトウにメイキングしてきたことの裏返しなんだろうけどw。
真剣に考えれば、考えるほど、抜け出せない感じがやばい。

二匹目買うか。

とも思ったけど、やっぱやめて。
悩んで悩んだ末、秘奈に「いいんじゃない、それで。」って言われので、決めた。
ちなみに、深刻に悩んだのは、羽と目のカラーが連結してるので、
その辺りが極めて悩んだ。
3番目のやつに決まった。
やっぱ3色使ってると、鮮やかでキレイだよね。
お名前は、妖精もっちぃww。
色々考えたんだけどね。
秘奈がマジ天使天使うるさい
まぁ、分かるよ。
とにかく、今回のマビ史上初の妖精ペット、フローラはとにかく可愛い。
しかも、ナニが嬉しいのかわからないけど、とにかくニコニッコしてるので、
まぁ可愛いやつだ。
なぜ。秘奈の方を向いてるんだ、こいつ。
この気があるみたいなことされると、やっちやだなんだけどw。
表情ww。
やかもちってそんなに重量あったのか・・・。
秘奈の妖精「秘乃」と仲良く遊ぶ、もっちぃ。
秘乃のほうはお姉さんに見える。もっちぃは妹系?
え。
秘乃が秘奈の方を見て、ハート出して意味ありげな表情を・・・。
仲いいなぁ、こいつら。
可愛いけど。
秘乃 「秘奈ぁ秘奈ぁ。秘乃のご主人さまぁ~。」
もっちぃ 「誰だれ~。秘乃、ねぇその人誰なの~。もしかして、さっきのイケメンかなぁ。」
・・・秘奈 「マジ天使」
こんな感じ。知らないけどw。
秘乃 「ほら、目の前にいる・・・あの白髪のお兄さんだよ。」
もっちぃ 「ふむふむ。あぁなんだぁ、やっぱりあの人なのねぇ~。」
・・・秘奈 「マジ天使っす、だが、断じて俺は白髪ではない。」
やかもち 「(#^ω^)」
秘乃 「ご主人!、ここ飽きちゃいました。秘乃の力、ちと使ってくれませぇんかぁ。」
秘奈 「ちと・・・@@。お、おう。」(マジ天使。)
と、パタパタと持ち上げって貰った。
どうやって持ち上げてるのか、イマイチ分からないw。
可愛いw。
ケアン港まで、やってきた。
ここで、記念撮影をしようと思って、港にやってきた。
バックがうるさくなさそうな海にしようと、思って。
もっちぃ 「やだぁw。何シてんですか、ご主人。」
やかもち 「ウサギごっこだよ。ウサギごっこぉ(真顔)」
※単なるフラダンスです。
ウサギダンスなんてしてたら、秘奈もうさぎになりだしたw。
その後、秘奈が「やっぱ、記念撮影は鰹武士衣装で行こうぜ。」
と言われたので、シャマラ一式に切り替えた。
もっちぃ 「おお。なんですか、そのもじゃもじゃの衣装は、プププッ、傑作ぅ。」
やかもち 「(#^ω^)」
秘乃 「わぁ。海が見えるわよ。始めて見た気がする~。」
もっちぃ 「2つの真っ黒な綿毛。プププッ傑作ぅw。」
やかもち 「(#^ω^)」
秘奈 「お前の妖精、随分と失礼だなw」
この表情はなんなんだろう。
目が消えてるんだけど・・・。
可愛いけど。なんか。
秘奈 「マジ天使やわ~フワフワするところが。」
やかもち 「可愛いですよね(#^ω^)」
記念撮影をいよいよする
休憩をさせて思ったのが、その場かよw。ってことかな。
背中に羽ついてるから、ある程度浮力あるんだろうね。
で、あの手に持ってる花も、多分少しだけ浮力があったりするんだと、勝手に思う。
記念撮影をするべく、場所の調整を始める。
しかし・・・このフローラ。とっても調整が難しいんだ。

あと、やっちのフローラ。気のせいかもしれないけど、トロいw。

呼んでも、実際に来るのに結構時間掛かる。
やかもち 「来い!」
もっちぃ 「ん~来いってどういう意味だっけ。長い間妖精界にいたものでぇ・・・。」
みたいな感じなんだろうかw。知らないけど。
やかもち 「こっちだ!。一旦こっちへ来い!」
もっちぃ 「は、はいぃ。はひぃ。」
秘奈 「遅せぇ・・・調整くらいさっさとしやがれ。」
秘乃 「ほんとにねぇ。もっちぃ、頑張ってぇ!」
ここで、コツを掴み始めるやかもち。
フローラはキャラクターの右側に極端に寄っているようだ。
だから、左側に来てくれないんだ。
それなら・・・。
一旦、そこで休憩してもらって、その間にやっちが動けばいいんだ!
そうだ、それで行ける!
やかもち 「おい、こら(#^ω^)」

どっち向いてるのww。こっち向いてよw。

再び、調整。
細かい動きには、まったく反応しないのがフローラのようなので、
長距離の移動。
つまり一発で位置を決めなければならない。
思ったんだけど、秘奈せこいだろw。

先にフローラが右にしか来ないこと知ってただろww。

まぁいいけど。ネタになるから。
・・・。
いや、あっち向いて下さい。
その後も、ケアンビーチを右往左往して、20分ほどで。

来た来た!!

妖精に左右囲まれての撮影ぃぃぃ!!
石投げのポーズでも、撮影!!!

こらぁぁぁもっちぃwww。

秘奈がおかしくなった
なぜか、自分の妖精に告りだした・・・。
暑いのもあったのかもしれないが、おかしくなったw。
告白されて、秘乃もまんざらではないような表情をしている。
おい。
誰に告ってるのww。
それ、やかもちじゃないよ。もっちぃだよ!!
色が似てるからって、間違わないでくれる!?

もっちぃも、何喜んでるのww。

秘奈 「まったく、うるさいなぁ。」
秘奈 「ほいっ。」
やかもち 「圧倒的めでたし。( ´∀`)b」
秘乃  「!?」
もっちぃ  「!?」
みんな、秘奈の方見てるww。
妖精フローラの性能
フローラは飛べます!
てっきり、陸上だけの飛行と思ってたけど、さらに持ち上げる事ができるようだ!
速度は・・・筋斗雲くらいかと、思われるけど。
やっちらの身体が小さのもあって、体感速度はかなりのモノだった。
陸上での速度も、多分筋斗雲くらい。
でも体感速度はやっぱり速い。
身体のサイズには到底見合わない、とても大きなインベントリ
最近の限定ペットは総じてインベが広いねぇ。
まぁ、広くないと売れないんだろけどw。
フローラは可愛さだけで、十分買いだとは思うけどね。
実用性云々よりも、とにかく可愛いのが特徴。
ぜひ、右側でフワフワとしてもらっては、いかがでしょうか。

可愛ものを見ていると、アンチエイジング効果があるらしいよ。知らないけど。

右にしか寄らなすぎて、吹いたけどw。
Sponsored Link