ソードマスターやかもち 【誤植編】

Sword-Yacamohi
ソードマスターやかもち。

ソードマスターの「ちもろぐ」バージョンです。


思いついたので、やるしかないと思い、即作っちゃった。

面白かったら、いいんだけどねぇ~・・・。


では、本編へどうぞ!

登場人物

赤字 → 秘奈
青字 → やかもち
音声

必ず、音声をお掛けください。

音声ないと、面白く無いです。

では、以下本編です。

ソードマスターやかもち

も~、なんだよこれぇ。担当に文句言ってやる!
やかもちぃ、酷いじゃないですか。 読みましたよ、今月号の俺の漫画~。
えっ? 酷いって、ストーリーが?

ぐへぇぇぇぇ。違いますよ。

誤植ですよ、誤植!

セリフの文字が間違ってんすよ!

えぇ~ほんとにぃ? どこどこ、何ページ目?
ほら、鍔迫が、四天王の一人サイアークに挑む前の会話で。
「あいつだけは許さない!!」って最高にかっこいいセリフが。

『パンツだけは、許さない・・・!』

酷いっすよこれ!

あ、ほんとだ。やっちゃった☆

いや、『やっちゃった』じゃないですよもぅ。酷いっすよこれ!
主人公がいきなりノーパン主義に目覚めちゃったみたいじゃないですか!
はっはっはwwwwww。
H A H A H A ~~!?
何でご機嫌なんですか! 誤植はここだけじゃないんですよ!
えぇぇ~ホントぉ、どこどこ?
主人公が暗い過去を語って、『俺の憎しみは消えないんだ』って決意を
新たにするチョ~渋いシーンで・・・

『俺の肉しみは、消えないんだ!!』

あ、ホントだ。漢字間違ってる。 やっちゃった☆
いやだからやっちゃったじゃないですよ!ちょっとおお!!
はっはっはwwwwww肉しみって、ちょっと、ナニwww脂汗?
はっはっはwwwwww

はっはっは~~じゃないですよ。なんでそんなに上機嫌なんスカ!?

いやぁ。実は先日彼女ができちゃって

え、よかったですね。でもこちらとら全然良くないんですよ。まだ誤植あるんですよ。

えぇぇぇ~。

ほら、ついに現れた四天王のサイアークが『お前が鍔迫か・・・』っていうチョ~緊迫した
場面で・・・

『お前は――――――トマトか』

あ、ホントだ。

お前はトマトか!ってなんですか!?
どんなボケをしたらそういうツッコミが帰ってくるんですか、もう!
またやっちゃった、とか言わないでくださいよ!!

やっちゃったZE☆ (キャピーん)

いや、『やっちゃったZE☆』じゃないですよ。
ナニちょっとかっこいい言い方してんですか!
誤植はまだあるんすよ!

えぇ~どこ~、彼女いない暦0年のやっちがいったいどんな間違いを?

その次のコマですよ! 鍔迫が『俺は鍔迫だ』っていうチョ~クールなシーンが・・・

『俺はポテトだ!』

なんで主人公いきなりお芋宣言してんですか!!

あぁ、ホントだ間違ってる。

間違いすぎです!!!

H A H A H A 、 やっちゃったZE☆

かっこよく言わないで下さい! 気に入ったんですかその言い方!

気に入ったんだZE☆ 取っちゃやだZE☆

取りませんよ、そんな喋り方ァ!! それよりもっとあるんですよ誤植!

えぇぇぇ、まだあるのぉ? どの辺なんだZE☆

どの辺なんだZE!? そんな無理に言わなくても・・・!

最後ですよ、最後のページ。
鍔迫が、『俺の新しい技を見せてやる!』っていうチョ~ドキドキのシーンですよ!

どれどれ

『俺の新しい脇を、見せてやる!!』

あっ、ホントだ。やっちゃったZE☆

なんですか、新しい脇って!!??

ごめん、彼女のことで頭がいっぱいでつい~うっかり~~

しかも、もっと酷い誤植が最後のコマにあるんですよ!
鍔迫が炎の剣を構えて『うぉぉぉぉぉ』って突っ込むところですよ!
えぇぇぇ、そんなセリフ間違えないと思うけどぉ

間 違 っ て ん ス よ ! ! !

『まそっぷ!』

なんすか『まそっぷ!』って!?!? もう意味分かんないし!!
しかも、このコマについてる煽り文句! なんすかこれ!!

『彼女ができました~!』

ナニ自慢してんですか!!

やっちゃたZE☆

やっちゃったZEじゃないでしょ! 
煽り分はこれ自慢したくてつい言っちゃっただけでしょ!!

言っちゃったZE☆(キャピーん)

だから『言っちゃったZE☆』じゃ・・・あぁ~~~~何かもぅ、

や っ て ら れ な い ん だ Z E !!

ごめんねだZE☆

るぁ~るぁるぁ、るぁるぁるぁるぁ~ 

疲れた。

いやぁ、最近暑くて、頭がおかしくなってて・・・。

鰹武士の感想。↓

マビノギ・攻略ブログ
「彼女いない暦0年wwwww。どゆことwww。」

マビノギ・攻略ブログ
「やっちゃったZE☆キャピーん」

マビノギ・攻略ブログ
「勝手に僕に変なことを言わせないで下さい。」

Sponsored Link