分速狙いのマビ交易

c155

マビノギでの交易はちょくちょくやってます。

信用レベルはなかなか上がらないですね。

象や馬車を切り替えて、時間辺り利益を重視して、高速で回してます。

単価が安くて大量に運べる商品は一度の交易では、そんなに価格も
落ちることはないので、継続的に速いペースで信用度を稼げると思います。

アルパカ欲しいぃぃぃぃぃぃぃ。

イメンマハとカブを相互に交易したり、

タルティーンとティルコネイルを相互にやったり、

タラの相場が結構上がっているときは、そっちを優先したりと

色々やってます。

これは象で熱気の結晶を運んだんですが、結構美味しいです。

だいたいタルティーンからティルコネイルは3分ほどなので、
時間辺り利益は2000を越えてます。

単純に言ってしまえば、一時間で18万ドゥカートですね。
(これは美味しい水準なのかな・・・?)



これも象でティルコネイルからタルティーン。

いびき防止ポットは象で運んだ時、時間辺り利益が馬車よりもいいです。

3分で約9000ドゥカート・・・、時間辺り利益で3000ほどです。

相場が下がってきたら、パララの結晶も運びます。

そして、またいびき防止ポット・・。

カブは相変わらず、イメンマハとカブを相互にやってます。

運んだら、すぐに最寄りのムーンゲートに行って、カブに戻って、また運ぶ、
ということもやってました。

でも、いちいち戻ったりしている時間を含めて計算すると、タルティーンに行ったほうが
美味しいのかもしれない。

やってるうちにカブが上がりそうになったので、

タラに運んで仕留めました。

ようやくネイドの鱗、運べるじゃん。

しかし、結構な割合で在庫がないですねww。

ワインラックは結構余ってるくせに・・。

タルティーンも上がって、限定品が扱えます!

タラからダンバは結構美味しいことが多い。

微妙に5分で売り抜けれるか・・無理っぽいので、少しリスクがありますね。

まぁ、この相場を見て・・・

「ダンバは最高値だから、誰かが運ぶだろう、ということで2番のティルコを狙おう」

という人がいるかもしれないが、

その人が交易速度20でなければ、やかもちが先に売れるので、儲かります。

それに、最高値(1番)を潰すと、全体的に価格が下がるので、2番手狙いってどうなんだろう。

トップスピードなら勝てるんじゃ・・?

あれれ・・、でも2番手に売ると、最高値(1番)はもっと上がると思うので、5分以内に2番手に
誰かが行っていても、5分以内なら変動しないので、その間に売って、そしてまた
タラに戻って、ダンバに売りに行く・・・ということができたら、すごく美味しいのかな?

やばそうなら、加速ポーションを飲めば、まぁ行けそうな気もする。

ん~交易は謎だらけ。

まだまだイメージが抽象的で、漠然としているのです。

完全に公式化された法則もまったくわからないし、実験もそこまでしてないので。

とりあえず、わかることは速力があれば圧倒的に有利な立場に立てるということ。

5分周期であらゆるところに行ければ、基本的には無敵ですから。

5分以内に運ぶことができれば、利益は約束されたもんですから。

まずは信用レベルを9に揃えてます。
利益は信用レベルを上げるだけで美味しくなるので。

ギルメン全員の信用を9まで上げて、限定品を扱えるようにして、利益を大きくして、
そして某交易人がある記事に「個人では組織に勝てない・・・」というのが、どういうことなのか。

ってのを検証したい。

すでに交易服は全員揃えてるしね。

ではでは~。

ライター・やかもち

Sponsored Link